endstream endobj startxref よくわかります。, こちらのCMがなんとも、お腹の空くCMで… ");b!=Array.prototype&&b!=Object.prototype&&(b[c]=a.value)},h="undefined"!=typeof window&&window===this?this:"undefined"!=typeof global&&null!=global?global:this,k=["String","prototype","repeat"],l=0;lb||1342177279>>=1)c+=c;return a};q!=p&&null!=q&&g(h,n,{configurable:!0,writable:!0,value:q});var t=this;function u(b,c){var a=b.split(". Copyright © 2016 Sanagochi Vill, All Rights Reserved. 柑橘類にアレルギーのせいで、ミカンもオレンジもグレープフルーツも日向夏も何も食べられないのに、なぜか、すだちならアレルギーがでない。徳島に暮らす者として、これだけは本当によかったと思う。, 5月になってから、スーパーの野菜売り場に、1キロ入りのすだちの箱が平積みされるようになった。この街に夏が来た。, 徳島県はすだちの生産日本一。シェアは、ほぼ100パーセント。柑橘類といえば、みかんもゆずも、はっさくもレモンも黄色。でもすだちは緑色。もちろん、すだちだって、熟したら黄色くなる。子供のころからその事実を理解していたのに、すだちは、まだ実が青いうちに収穫しているのだと知ったのは、恥ずかしながら最近のこと。, すだちの香りが好きだ。甘みの少ない、キリっとした酸味とすがすがしい香り。かといって、主役の味を邪魔しない。主役の風味を際立たせるのに、自分の存在もちゃんと表現している名脇役。, 好きが高じて(マリナ油森さんの絶妙なパスのおかげで)先日は、すだちを使って、小説を書いてみました。, お店の青果売り場で、すだちを見つけたらゲットしましょう。5月から8月のお盆過ぎまでは、ハウスすだちが出回っています。ちょっと割高かな。露地ものすだちが出回るのが、お盆過ぎから10月くらいまで。だんだんお値段も下がってくると思います。, 私の経験から、すだちを買うときは、緑色が濃くて、表面にハリがあってずっしり重みのあるものがおすすめ。黄色くなっているのは、収穫してから日がたって、熟れ始めているということ。次第に表面から水分が抜けてハリがなくなって、しわっとしてきます。この状態では中の水分も少なくなって、しぼっても果汁が出てこないことも。(人間の加齢と同じと思ったりして……), 切り方は、「切腹」です。(物騒だけど、忘れちゃダメです)下の写真のように、実の真ん中を真横にスパッと切ってください。だから「切腹」です。この呼び名、多分、私の母の造語かも。ほかの人が言っているのを聞いたことがないので……, 間違って縦に切ると、絞っても果汁がでないので、ご注意。間違って切ってしまったら、改めて横に切るといいですよ。上品な料亭風の上品なカットになります。, 使い方はいろいろです。・オーソドックスな使い方 冷ややっこ(鰹節とすりおろしたしょうがに醤油とすだちをかけて) 焼き魚(熱々の焼き魚にすだちを絞ると、じゅうっといい音がします) 唐揚げ(レモンの代わりに。レモンより酸味が柔らか) お刺身(刺身醤油のスダチを絞って。さっぱりして美味です) みそ汁の薬味(スライスして、数枚浮かべるといい香り) そうめんやそばの薬味(皮をすりおろして入れたり、絞って入れたり) ポン酢の代わりに(豚しゃぶ、水炊き、チヂミ、あと何でも), このnoteで教わってから、うちでもフレンチドレッシングのお酢はすだちに変更。酸っぱすぎず、お酢特有のつんとした香りもなくて、本当においしい。, ・お酒に入れる 夏ならジンや焼酎の炭酸割りにすだちを入れてカクテルに。 冬場は、焼酎の湯割りにすだち。湯気がすだちの香り。 ビールや日本酒に入れて(あまりやりませんが、いけそうです), ・シロップを作るすだちがたくさんあれば、スライスして氷砂糖と一緒に漬け込みます。氷砂糖が溶ければ出来上がり。夏の暑い日に炭酸で割って。ジンや焼酎に入れてもおいしい。, ・お菓子に先ほど紹介した小説には、すだちのシャーベットを登場させました。これは、自分の結婚式のメニューにあった「すだちのグラニテ(シャーベット)」をまねています。確か、魚料理と肉料理の間にお口直しに出てきました。さっぱりとして、おいしかったのをよく覚えています。レシピサイトにたくさんレシピが出ているので、試してみてください。, さっきも言いましたが、すだちは熟す前の実なので、日がたつとだんだん黄色くなってきます。黄色くなったのをあえて「ゴールデンすだち」と言って売り出したりもしていますが、やはりだんだんと水分が抜けてきます。少なく買って、使い切ったらまた買うのが一番おススメですが、余るようなら、冷凍することもできます。自然解凍か電子レンジで1分チンして使ってください。皮が柔らかくなって絞りやすいくなります。ただ、チンすると果汁がほんのり温かくなるという難点があります。, 醤油ラーメンの上にすだちがこれでもかと乗っています。夏にぴったりのラーメンでした。外食がままならないこのご時世、なかなか2度目がやってきませんが、この夏の間にもう一度食べに行きたいものです。体験記はこちら ↓ ↓ ↓, 今まで、スーパーで気にもしていなかった柑橘、すだち。きっと明日からはお店で目に付くと思います。見つけたら、ぜひお試しください。香りがよくて、癒されますよ。, 追伸写真に使ったすだちは、スタッフ(私)がおいしくいただきました。ジンの炭酸割りです。, なつさんより、日本酒を氷とすだちで割る「サムライロック」というカクテルを教わりました!ありがとうございます!, ”甘みの少ない、キリっとした酸味とすがすがしい香り。かといって、主役の味を邪魔しない。”名脇役「すだち」を楽しむ方法|ルミ @Rubby90330934 #note https://t.co/sDdz2y2YjR日本酒を氷とすだちで割るサムライロック、飲みやすくておいしくてオススメです。, サラリーマンの日曜物書き。四国徳島のどこかに住んでます。読めばちょっと元気になるような文章を目指しています。非公認すだち大使。. %%EOF 徳島産すだち輸出倍増計画 てんまつ記 ~地方創生の「ガチな」現場から~ 徳島県庁 経営戦略部長 久山 淳爾 (写真1)すだち (写真3)すだちサイダー (写真2)すだちくん 36 2019ファイナンス Dec. SPOT 10_P36-40_SPOT_07.indd 36 2019/12/06 13:21:40 スダチはその中でも、果汁に甘さがなく、 時期がすだちの栽培に、ぴったりなのです。, 枝と葉を伸ばす夏に、たっぷり雨水を吸い上げ、 (e in b)&&0=b[e].o&&a.height>=b[e].m)&&(b[e]={rw:a.width,rh:a.height,ow:a.naturalWidth,oh:a.naturalHeight})}return b}var C="";u("pagespeed.CriticalImages.getBeaconData",function(){return C});u("pagespeed.CriticalImages.Run",function(b,c,a,d,e,f){var r=new y(b,c,a,e,f);x=r;d&&w(function(){window.setTimeout(function(){A(r)},0)})});})();pagespeed.CriticalImages.Run('/mod_pagespeed_beacon','http://low-news.net/archives/91','bfgHp_XldL',true,false,'OR-YMNktIjk'); 香り高く、上質なすだちが育つのです。, 徳島原産で、ほぼ徳島でしか栽培されないすだちは、 ]�%=���^DY�Q>�՘��&". 「Citrus(柑橘類) sudachi」と表記します。, よく同じ色の、かぼすと混同されますが、 さまざまな料理に、すだちが使われているのが、 徳島県; すだちくん - すだちをモチーフにした、東四国国体での徳島県のマスコット; すだち (小惑星) 外部リンク. すだちの木が、たくさん植えられています。, 徳島県とすだちの繋がりを、示すものの中で、 すだちの香りを、嗅ぎたくなります(笑)。, そんな謙虚なすだちに、今年は敬意をこめて、 並々ならぬ愛情を、注いでいるのですね。. 「香酸柑橘類」と呼ばれる、分類に入ります。, 酸味の強さから、かつては食酢として使われ、 海の向こうの「常世(とこよ)の国」に渡った、 2000年におけるすだちの栽培面積は、神山町126ha(徳島県全体の21.2%)、佐那河内村109ha(同18.3%)で、県内で1位と2位を占める。また、販売農家のそれぞれ60%と75%がすだちを栽培している。 合わせると、素材の持つ甘みを引き立て、 最古とされる文献は、なんと「古事記」!, 古事記には、田道間守(たぢまもり)という人物が、 すだちの名産地、佐那河内村. 今回は、すだちの産地・徳島県で聞いた、 徳島と言えば、みかんというより、すだち。すだち生産の約98%が徳島である。もちろん県民の食卓には欠かせない香酸柑橘(香りや酸味が強く、果実すのものを生食するのではなく、薬味や風味付けのために料理等に用いられることの方が多い柑橘)不動の第一位と言っても過言ではないすだち。 (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); すだちは、みかんやオレンジのように、実を食べるのではなく、 スダチ(酢橘、学名:Citrus sudachi)はミカン科の常緑低木ないし中高木。徳島県原産の[要出典]果物で、カボスやユコウと同じ香酸柑橘類[2]。名称の由来は食酢として使っていたことにちなんで、「酢の橘」から酢橘(すたちばな)と名付けていたが、現代の一般的な呼称はスダチである[3]。, 花期は5月~6月頃、純白の花を咲かせ、秋頃に果実が実る。果皮が青い未熟果のうちに収穫し出荷するが、熟すとミカンと同様に黄色くなる。旬は8月~10月で露地栽培の果実が出荷され、香りも味わいも最もよいものとなっている[4]。冬の11月~2月の出荷品は露地栽培したものを冷蔵して販売し、酸味は比較的穏やかとなり、やわらかな味が楽しめる[4]。3月~8月はハウス栽培品で、1年中入手することができる。, 現在の主な産地は徳島県神山町や佐那河内村、阿南市である。日本における収穫量は2005年が4,469 トン、2010年が5,882 トンであり、その98%が徳島県で生産されている[5]。スダチは徳島県を代表する特産物であり、スダチの花は1974年に徳島県の県花に指定されている[6]。1993年にはスダチをモチーフとした「すだちくん」という徳島県のイメージキャラクターが誕生した。, 外皮が青、又は黄色の果実を切り分け、鍋料理の具やサンマなどの焼き魚、魚介類の刺身、あるいは焼き松茸などを食べる直前に、料理に果汁をかけるために添えられる[7]。果汁は食用酢としても用いられ、通常の酢の代りに酢の物の材料としたりする。, 果汁以外では、青い果実の外皮部分を薄く切ったり、薬味おろしでおろすなどして、薬味として利用される。スダチとカボスではスダチの方が小さい。徳島県では比較的安価で果実を含めジュースやお酒などとしてどこにでも売られている。, レモンやライムの果汁に豊富なエリオシトリンは、スダチ汁にも同等程度含まれるが、ゆず汁やカボス汁には欠ける成分である。またネオエリオシトリン(ダイダイやベルガモットに豊富)も、スダチの果皮や果汁に検出される[8][9] 。エリオシトリンは、脂質過酸化にたいする抗酸化作用が発表されており[10]、ネオエリオシトリンと共にアレルギーや動脈硬化に関与するリポキシゲナーゼの形成を阻害するとされる[11][12]。, また、ナリルチンは、花粉症に効き目があるとされる和歌山県の特産かんきつ類ジャバラの有効成分とされ、ジャバラ汁にはユズ汁の6倍の濃度があるとされるが、スダチ汁にもユズ汁の3倍との結果がある(100ml あたり20.1 mg 対 6.6 mg)[8]。ただし、この物質は、果皮にならばユズやカボスにも相当豊富である[8]。, 2006年、徳島大学の研究チームが、スダチの搾りかすに血糖値の上昇を抑える効果があると発表した。, 同チームと農協の共同研究で、スダチの搾りかすの成分に糖尿病治療の効果がある可能性が判明し、ラットに対する実験で、慢性糖尿病の状態にしたラット7匹に対し、1年間スダチの搾りかすの粉末を与えたところ、6匹に改善の効果があったことが分かった(対照実験として、粉末を与えなかった8匹は血糖値が高いままであった)[14][15]。, http://books.google.co.jp/books?id=7wAxAQAAIAAJ, “Characteristics of Flavonoids in Niihime Fruit - a New Sour Citrus Fruit”, “スダチの搾りかすに血糖値抑制効果、徳島大教授ら発表 : ニュース : 医療と介護”, https://web.archive.org/web/20060902183615/http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20060830ik07.htm, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=スダチ&oldid=77911389. h�bbd```b``���o��&��"9>�H�4ɻD����t�8#�dg�cf��H�� ���fB/#����SA��]��o3Y�I�%q`���6��5 ��ff����y6S D��Y なぜなら「徳島はなんにでも『すだち』」だからだ。 5月になってから、スーパーの野菜売り場に、1キロ入りのすだちの箱が平積みされるようになった。この街に夏が来た。 徳島県はすだちの生産日本一。シェアは、ほぼ100パーセント。 50 0 obj <> endobj &k�*��j��H�:������Ic�O�@�B�L9[�X�f� ��L`׾�ba`Y~ ��ʊ� ����30������O C( � 104 0 obj <>/Encrypt 51 0 R/Filter/FlateDecode/ID[<49E8131D4735CA44A919402841E29B29><67004537472D254AB4ED984167820FF5>]/Index[50 111]/Info 49 0 R/Length 211/Prev 623708/Root 52 0 R/Size 161/Type/XRef/W[1 3 1]>>stream しっとりした食感に、さつまいもの優しい甘みとすだちの酸味がとっても爽やかに香る、徳島特産の甘煮をご紹介します。今回は... すだちは主に四国、徳島県で作られる柑橘系の果実です。ゆずやレモンのように独特の爽やかな香りと酸味を生かし魚類やお豆腐、麺類、肉類などを彩るフレイバーとして使われます。関東ではサンマやお刺身に添えるなどで知られていますが、徳島県では実に様々な使い方が見いだされ、そこに含まれる独自の成分が発見されています。, しっとりした食感に、さつまいもの優しい甘みとすだちの酸味がとっても爽やかに香る、徳島特産の甘煮をご紹介します。, マメ科の植物 葛(くず)の根から出来る葛粉でつくる日本の代表的な涼菓子のひとつ「葛餅」をすだち酢と果皮でさらに爽やかに彩りましょう。, 佐那河内村は、四国徳島県の中東部に位置する総面積42.28km平米の小さな村です。県庁から車で約30分とアクセスしやすく、美しい川と日本最古とも言われる棚田の風景が訪れる人々を癒す徳島の穴場です。, 〒771-4102 徳島県名東郡佐那河内村上字宮前84番地1「一般財団法人さなごうち」. 0.初めに. [CDATA[ かぼすは、5~7cmと、すだちよりも、