駆動用ニッケル水素バッテリ取り外し・梱包マニュアル 車種別編 インサイト( 4. ipuダクトカバーを取り外す。 5. リアパネルライニング取り外す。 6. カーゴサイドライニングを取り外す。 - 7 - daa-ze2)/インサイトエクスクルーシブ( ze3) 2回目のimaバッテリー交換が不調で常にimaアラートが点灯している状態でしばらく乗っていた。アラートは点灯しているがチャージとアシスト表示はあり機能していると思われることもあった。しかしアイドリングストップしていると数秒でエンスト表示になる(どっちみち「エンスト」だろうが! 駆動用ニッケル水素バッテリ取り外し・梱包マニュアル 車種別編 インサイト( 4. ipuダクトカバーを取り外す。 5. リアパネルライニング取り外す。 6. カーゴサイドライニングを取り外す。 - 7 - daa-ze2)/インサイトエクスクルーシブ( ze3) トップページ 初代インサイト(ze1)、もうほとんどないけど、初代シビックハイブリッド(es9)の新品・再生imaバッテリー、2代目シビックハイブリッド(fd3)の新品imaバッテリーを扱っています。 残念ながら再生元のセルを入手しづらくなっていて、 待ち時間中に最悪の事態、IMAバッテリー交換に関する情報を収集。 二代目のZE2ではリビルドバッテリーなら10万円位からある様で、まぁ販売数はそれなりにあるので電子部品ならリビルドではなく中古基盤でも使えば安くはなるだろうと思ってました。 インサイトのオーナーになってから3回目のimaバッテリーの交換をしました。 岐阜市にimaバッテリーを譲ってくれる方がみえて、大変助かります。 この方からは3年前にもimaバッテリーを購入しています。 トヨタはhvバッテリー交換は無償ということの報告が結構なされていますね。5年10万キロ保証だというのは聞いたことがありますが、それ以降はどうなんでしょうね? 対して、インサイトのバッテリーは保証期間とかってあるんでしょうか? imaバッテリー交換. ホンダインサイトバッテリー交換するのに、いくらぐらいでしょうか?教えてください。 ZE2またはZE3は以下の通り。IMAバッテリーは部品代が123,000円(税別)です。12Vバッテリーは、充電制御車用は不要でサイズさえ合えば何でもOKです。ホームセンターなら2~3000円程度から有ります。 | S660:ミニミニスモークバイザーの作成(加工) », 購入時のドタバタを読まれていない方は、S660買って大騒ぎしているのに何故今更前車のインサイトの話が出ると思う人も居るかもしれませんが。インサイトは下取りに出さずに小僧に押付けたんですよ。だって10年車で過走行の15万km越の為、改造費は100万円では効かないのに二束三文で下取りされたら勿体無いじゃないですか。そのうえ全然キシミ音も無く整備もディーラーオンリーでバッチリ、エンジン好調、外観も年式からすれば超綺麗な極上車ですからね。, S660のオイル交換の準備をしていたら小僧からHELPが入ってIMAが点灯したと。充電できないとマルチインフォメーションディスプレイに表示され補器バッテリーの充電警告灯も点灯しているとの事。何処にいるのか確認すると用事で市内を移動中との事。「それっ、補器バッテリーが電欠になったら動けなくなるから最短で帰って来い!」と言って到着待ち。, 待ち時間中に最悪の事態、IMAバッテリー交換に関する情報を収集。二代目のZE2ではリビルドバッテリーなら10万円位からある様で、まぁ販売数はそれなりにあるので電子部品ならリビルドではなく中古基盤でも使えば安くはなるだろうと思ってました。交換事例を見ると初代のZE1は結構なユーザーで発生しているが二代目のZE2ではあまり情報なし。交換例としてはZE1は10万Km以内でもそれなりに有り、某P車は15万Km前後でソコソコの例がある様だがZE2では不良なのどの例外を除けば20~25万Kmまで普通に乗れるとの情報でした。この情報から動力用のIMAバッテリーの不良ではなく恐らく制御基盤の部品とかヒューズとかそんな辺りと予想していました。, ヤキモキしていると30分以上待たされてやっと到着。怖さを知らない奴はこれだから・・・・・電気足りないのに悠長にエアコン付けているし。駐車場に入れてもエンジンを切るなと指示して状況の確認。, IMAのオレンジ警告灯が点灯、赤色の捕器バッテリー充電警告灯が点灯、マルチインフォメーションには2種類位のIMAのメッセージと充電できませんとのメッセージ。IMAの充電状況を表示させると残り量は満タンから1メモリ減、矢印はアイドルでもエンジンからの充電方向を示していました。補器バッテリーの電圧計はアイドルでは11Vを割り込んだり不安定、回転を2~3000rpm位まで上げると14V近くで充電状態になるようです。普段のDC-DCコンバーターで充電している様な動きではなくオルタネータの様な動きです。ZE2はオルタネータは付いていないハズなので、もしかして走行用のモーターからの発電をIMAバッテリーを経由せず直接降圧して充電しているのかもしれません。そういえばアンプが不調でノイズが入る事が有るのですが、その音が速度に比例して変化するあのオルタネータの電気ノイズと同じ音がしていました。, 取りあえずエアコンやAV系をカットしエンジン停止。以前不調の原因だったPIVOT スロコン 3-drive・αは、本体コネクタの抜き差しは試したとの事だったのでアクセル直上の分岐コネクタを外し正規のコネクタを直結。捕器バッテリーのマイナス端子を外して5分待ちでECUリセットを実施。 エンジン始動。例によって一発目は始動せずに警告灯類全点灯、状況変らずIMAのエラー、今一度捻るとなんとセルモーター使って始動しました。10年乗ってインサイトがセルモーターで始動するのを始めてみました。珍しいので動画とれば良かったのですが、それ程の余裕は有りませんでした。, しかしさすがはホンダ、緊急時にセルで始動出来て自走出来るフォールトトレランスを盛り込んだ製品作りをしていると言う事です。まず発生する事がないだろうが、山中などで発生しても自力脱出出来る可能性を用意してくれているのは本当に助かります。初代では捕器バッテリーの容量分のみでしたが二代目のZE2では回転上げれば充電される様なので航続距離は稼げそうですね。, 再始動後の状況はエラー状況は変らず、ECUリセットしたのでマルチインフォメーションのIMAバッテリー残量は0になっていました。表示的には充電方向に矢印は出ていますが、いつまでたっても一メモリも増えません。これは流石に深刻な状況と判断し営業時間のうちにディーラーに持ち込みました。, 持ち込んだのは勿論インサイトを購入したディーラーです。飛び込みなのでその場で見てもらう事は不可能ですが乗って帰る訳にも行かないので代車を出してもらいました。それも代車が出払っていたのでN/の試乗車を都合してもらえました。ここは整備は気遣いがずさんで傷付けられたりしますが、基本親切で整備料金も安いです。S660のディーラーは整備はシッカリやりますが値段がちょっと高い気がしますしクレーム対応もちょっと渋い。そして努力はしていますが、工作(加工)技術は俺の方が上かなぁ~と感じます。まぁ傷は付けられてないけど、納車時の保護材外した後の磨きとかちょっと甘いかなと感じる所はあります。, 結局翌朝早速見ていただけた様で結果が分りました。案の定、IMAバッテリーはセーフ。原因はIMAバッテリーの冷却ファンがショートしてヒューズが飛んでしまったのが原因らしい。ファンとヒューズ交換、部品代は安いが通常でも脱着の手間がかかる上にトランクバーまで付いているので工賃込みで3万円弱。そして捕器バッテリーのカオスも頑張ってくれましたがご臨終の様で、自分でカオスを購入して交換すれば安上がりでしたが飛込みでも割込みでやって貰えたので純正バッテリーで交換としました。全て込みで3.8万円の修理代で済みました。まぁ高いと言えば高いですが、IMAバッテリーだったら10万円以上はかかった訳なので被害が少なくて良かったです。修理後は好調だそうです。, しかし、ちょっと手直ししてやる所も有るので一度半日位持ち込めと言って有るのだがなかなか持ってこない。(プンスカ!). « S660:YZF-R15:オイル交換実施 | 解決済み 先日、3年前に中古で購入したze2のホンダインサイトで走行中に突然「IMAシステム点検」っと警告が出てビックリして急いでディーラーに持っていってみたところ、パソコンに繋いで検査してみたらIMAバッテリーの電圧低. 今最も人気がある車はハイブリッド車のトヨタアクアですが、一昔前はトヨタプリウスがハイブリッド車ブームを牽引していました。, こちらでは、ハイブリッド車について環境性能が高いことや燃費が良いといった良い面以外にも、注目して欲しいバッテリー交換の期間や寿命、費用などについて解説していきます。, 意外に知られていないことですが、良い車は市場に出回る前に業者間で買われてしまい、一般の人が良い車を安く買う事が出来ません。, 「安い車を発見した!」ということで喜んでいられる状況ではなく、質が悪いから安いという現実を知っておく必要があります。, 逆に良い中古車は高い金を出して探すことになりますが、今はネットで業者間取引されている一般非公開車両を見ることが出来ます。, またネットだと有利な事が多く「最長10年保証」「返品に対応」と普通に店舗で探すよりお得です。, もしあなたが中古車選びで失敗したくないならば、ネットから業者と同じ立場で車探しをオススメします。, 実は意外に長く、ほとんどの場合にワンオーナーなら交換する前に車を手放すのではないかと思います。, バッテリー寿命についてはそれなりに長く、車の平均保有期間は8年前後ですから、中古車で取得して乗る場合を除けばそれほど気にならないように思えます。, というのも、バッテリー交換を控えたハイブリッド車は当然車体価格が安くなりますので、その点を踏まえたうえで車売却時期を考える必要があります。, 誰でもそうだと思いますが、もうすぐバッテリー交換をしなければいけない中古車を買いたいとは思わず、車屋としてもできれば他の車を仕入れたほうが良いと考えるため、バッテリー交換をするハイブリッド車が特別人気の車でもなければ、それほど需要がない車となってしまいます。, とはいえ、必ずしもバッテリーの機能不全にならないかというとそんなこともないですが、ハイブリッド車でバッテリー上がりに近い状況になるということは、むしろ車的に故障していることを指すのではないでしょうか。, つまりは、ハイブリッド車においてバッテリー上がりのような状況はとても良くない状態であり、一番マシである状況がバッテリーの劣化であるということになります。, 結局は高く付くので、特に中古でハイブリッド車を購入することを検討時には注意が必要になるでしょう。, 通常の車であれば、バッテリーを充電せずにバッテリーを使い切るような状況や充電がうまくいかないということを、バッテリーがあがるといって、バッテリーが利用不能になる状態を指します。, 対して、ハイブリッド車においてはバッテリーの充電は、通常の車以上に大切なものであり、バッテリー周りも普通の車とは比較にならないような機構になっています。, そのため、バッテリーが充電されないことや、劣化が激しい場合を除けば、ほとんどの場合でバッテリーが上がってしまうということはありません。, 燃費がよくてもバッテリー交換が控えているならば、結局金銭的な意味がなさそうですが、故障という状況であれば話は変わってきます。, 例えば、トヨタ車の場合には、ハイブリッド車のパーツは特別保証という項目になり、新車から5年または走行距離10万kmまでは無料で保証修理を受けることができると定めています。, 故障の定義に合致した場合には、修理するということですから、機能低下程度では修理しない可能性があります。, また、3代目のトヨタプリウスがハイブリッド車市場を2010年前後に広げたことを考えると、2018年ごろにバッテリー問題が話題になるだろうと予測しているため、まだバッテリー関連についてそこまで話題になっていません。, そのため、明らかな故障を除けば、特別保証の対象にはならない可能性すらありますので、ハイブリッド車を保有している方は今後の動向を確認したいところです。, このことは、トヨタ公式ページに「お客様にお守りいただく事項」として掛かれており、要約すると定期的な点検を怠らないように指示されているのです。, そのため、結局はメンテナンスコストをかけてきた人が、偶発的に故障した場合において無料の保証を受けられるということになります。, メーカーの威信があるので、明らかに整備を怠っているケースを除けば、修理してくれることが多いはずですが、メーカー側に裁量権があるということについては留意しておくべきでしょう。, ハイブリッド車のバッテリー交換費用は安くなく、それなりの支出を覚悟しなければいけないのはあなたも知っての通りですが、実際にはどのぐらいの費用が掛かるのでしょうか。, 今では多くの方が気づいていることだと思いますが、ハイブリッド車は低燃費であってもお金的に得な車ではありません。, このことは購入対象の車にガソリンモデルがある場合、車体価格の差が30万円近くあるケースが多く、高い車体価格を燃費で回収するほど車に乗れる人は限られています。, さらに追い打ちをかけるように、バッテリー交換に費用がかかるため、せっかく車体価格を取り戻せるぐらいまで乗っても、またゴールが遠ざかってしまうということになります。, 燃費が良いからこれで回収!なんてことを考えるとよくありませんから注意してください。, 平均的な車保有年数は8年前後ですが、毎年1.5万km前後乗らないと元が取れないといわれています。, よく車を乗る人なら良いでしょうけど、そうでない場合車体価格が高いことがむしろ負担になってしまいます。, 一般にハイブリッド車は相場が高いので売るときも有利に思われますが、この交換時期にさしかかった場合には当然交換費用を考えた相場となるでしょう。, トヨタプリウスなら、よく車に乗る場合に8年で交換することになりますが、車の平均保有期間を考えると8年で手放すわけですから、ここで交換費用が掛かる場合があります。, そのため、プリウスをほどほどに乗って売るとしたら下取り価格が多少不利な査定になる場合があることを覚えておきましょう。, もし有利に手放すのなら寿命よりも少し早めに動くことが有利に下取りをする秘訣となります。, 旧型のトヨタプリウスやアクアについては2019年現在、中古車で購入するのは少し警戒する必要があります。, ホンダインサイトに関しては相当寿命が長いですのでそれほど気にしなくても良いでしょう。, 数年前と今の技術では大きく変わっていることも多く、それは性能についても費用についても同様です。, そのため、将来ではもっと安くなっている可能性もありますし、資源不足で高い費用を請求されることもあります。, いずれにしてもバッテリーは最終的には交換をしなければいけないということを認識してもらえたらと思っています。, ※ナビクル車査定実施アンケート(2018年12月及び2019年2月)、ホームページより実績抜粋, チャイルドシート2台付けられる車のおすすめはどれ?【2列目シートの形状がポイント!】, エンジンや乗員保護装置など、走行や安全に関わる重要な部品は、特別保証として新車から5年間または走行距離100,000kmまで、保証の条件に当てはまる場合には無料で保証修理を受けられます。, トヨタ アフターサービス | 保証とサポート | メーカー保証について | 特別保証 | トヨタ自動車WEBサイト, https://toyota.jp/after_service/support/guarantee/tokubetsu/, ハイブリッド車のバッテリー寿命は「走行距離20万キロメートルか新車登録から10年」が目安(インサイトはもう少し寿命が長い), ハイブリッド車を買う場合はバッテリー寿命について考え、売る場合は寿命に近いと査定で不利.