筆者の猫も、どんなおもちゃより、このエノコログサが大好き。道端に生えているのを見つけると、「今日はこれで遊んであげようかな」と持ち帰ることもしばしばです。 猫の柄(模様)はどんな種類があるの?毛色の名前や性格なども解説 【獣医師執筆】猫が吐く原因は? 考えられる病気・危険な嘔吐の見分け方; 猫が手をなめてくる意味とは?飼い主や他の猫までなめる理由を解説; 猫がついてくる4つの理由とは? 猫じゃらしを取ってきて、猫を遊ばせたことはありませんか? 猫じゃらしという名前だけあって、猫がよくじゃれるので、面白いですよね。この猫じゃらしを、猫は遊ぶだけでなく、かじって、食べてしまうことがあります。猫が猫じゃらしを食べても大丈夫なのでしょうか? エノコログサより茎が短く、穂もふんわりしていないので、確かに猫と遊ぶにはちょっと向かないかも・・・・。 どちらにせよ穀物のような花穂ですし、もともとあちらには花言葉はなく、日本の『遊び』が訳されて定着した可能性もあります。 オススメの猫草の種類を7選して紹介しています。猫と馴染みの深いエノコログサ(猫じゃらし)やエノコログサによく似たオオアワガエリ、猫草で有名なエンバクなどがあります。 猫が食べると危険な植物 Zanna Holstova/Shutterstock.com 私たち人間の世界では、野菜はヘルシーな食べ物で、毎日摂取した方が健康にもいいとされていますが、反対に猫にとっては有毒・有害なものも多く、その種類は700種類以上にのぼるとも言われています。 猫ちゃんがエノコログサを叩くと起き上がりこぼしが揺れて、自動でじゃらしてくれます。 ... 2020年11月04 日 更新. その日も、いつものように1本持ち帰ったのですが……, エノコログサをじゃらしおもちゃで遊ぶ要領で振ると、目をランランを輝かせて跳びかかろうとする愛猫。いつもなら食べてしまわないように寸前のところで取り上げるのですが、この日は失敗。穂先をまるごと飲み込んでしまったのです。, 変わった様子がなかったのであまり気にとめてなかったものの、次の日の夜、寝室で干からびた吐瀉物が。毛玉が混じっていたので、「毛を吐きたかったんだな」と思いましたが、その中には例のエノコログサは入っていません。しかもニオってみるとちょっとウンチっぽいニオイがする。「そういうこともあるかな」くらいにしか思っていませんでした。, 余談ですが、先日「エノコログサ」が生い茂る「ねこじゃらし公園」を見つけました。猫が狂喜乱舞しそう, 次の日、とうとう元気がなくなってきた愛猫。食べる量も心なしか減って、ウンチもでていません。心配して食い付きのいいウエットフードを与えると、完食したはいいものの、1時間ほどたってから、唸りながら苦しそうに吐くのでした。いつもなら、下をむいて吐くのに、振りまくように、体を動かしながら吐いたのにもびっくり。, もうひとつ気になったのは、座り方。いつもする香箱座りとも違って、すこし胴体を伸ばすようにしながらうつ伏せになっていました。季節は夏。昨日までしていた「へそ天」も、体を横たえるような寝方もしない―――しかも、うつらうつらともしない。このあともう1回吐いてしまい、寝られない夜を過ごしました。, かかりつけの動物病院が開くのを待って受診。筆者は「腸閉塞」を疑いましたが、状況と様子を見る限り、そこまでではなさそうとのこと。先生は便秘を疑い、栄養剤入の水分を注射し、その日は絶食となりました。, こんなふうにアゴをさげてラクな姿勢をとることもなく、なんだか見るからに緊張感にあふれていました, ウンチがは一向にでないものの、食欲はあり。水もよく飲みます。この日は吐くことはありませんでした。, ついに!!!! ウンチが!!!! 見るとエノコログサの穂先がまるっとそのまま入っていました。そのときはわかりませんでしたが、茎も入っている――。もう、愛猫の不調の原因は間違いなく「エノコログサ」でしょう。排便後はみるみる元気になりました。丸5日ウンチがでないなんて初めてで、大大大反省したのでした。 Copyright ©Benesse Corporation All rights reserved. 『エノコログサはねこ草同様、「中毒」などの心配がない』そんな思い込みもあって、どこか楽観していた筆者。しかし、猫は草を消化できないので、吐き戻せなかった場合は詰まってしまうことにもなるのですね。 別名: 猫じゃらし アキノエノコログサ:8~11月 秋の花 道端に生えている通称”ねこじゃらし”とよばれる「エノコログサ」。一般的には、猫はイネ科の植物を好むといわれ、その動きに惹かれているだけではなく、「吐く」ために食べているとも。 ングをする, イネ科植物がある場所で自由行動させない, ノギが見つかった場合はなるべく獣医師に相談する. 大人気の猫おやつ『チャオちゅーる』を食べさせるのは危険なのか? ... ちゅーるが猫にとって危険なのかハッキリしたことは分かっていませんが、現状どういった問題があるのかについてまとめてみました。 ... — 鴉(レイヴン) (@_crow_crow_) August 11, 2019. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 花に心があったら、自分の花言葉についてどう思うだろう?と、変なことが気になる変わった子供が、成長してライターやってます。花言葉の由来をヒモ解いていくと、花より人の心が見えてきます。花言葉を添えて花を贈るなんて、日本人にはハードル高い行為ですが、まあとりあえず、のんびりウンチクを楽しんでもらえれば幸いです。. ネコジャラシ(エノコログサ)の先端にはノギ(芒)と呼ばれる棘状の突起が付いており、犬や猫の体に付着すると時として重大な症状を引き起こすことがある。ノギの動物侵入場所として多いのは以下。 大きな地震が起きる前や動物病院に連れて行かれそうな時など、猫は危険を察知すると、様々な行動を取ります。猫の行動をチェックする事で、危険を回避できるかもしれません。どんな行動を取るのか、見て行きましょう。, 危険を察知した時の猫の行動No.1。まずはその場から走って逃げる事で、安全を確保しようとします。危険だと思うとさささ~っと音もなく去って行きます。気が付いたら猫が姿を消していた、なんてのは良くあることです。, 猫が本気を出すと、時速50kmで走ることができます。その分あまり長続きはしないのですが、とてもじゃないけど人が追いつけるスピードではありません。, 危険を感じたとき、よく鳴くようになる場合があります。大きな地震が来る前に、やたらと猫が鳴くようになった、というケースも。猫や動物には地震を感じる能力があるようなので、普段あまり鳴かない猫がたくさん鳴くようになったら、何か災害が起きる前兆かもしれません。, 落ち着きがなくなるのは、猫も人も同じですね。ウロウロと落ち着きなさげに動いていたら、猫が危険を察知しているのでしょう。飼い主が解消できることなら、猫を危険から守ってあげましょう。, 大きな地震の前に、外に出たがる猫も多いようです。普段外出しない猫なら、なおさらです。外に出ても必ずしも安全ではないのですが、そんな様子が見られたら何かが起きる可能性があります。避難の準備をしておいても良いですね。もちろん猫と一緒に避難できるよう、準備しておきましょう。, 危険がある時に、甘える猫もいるようです。普段と猫の様子が違ったら、何かが起きるかもしれないと気をつけておくと、いざという時、慌てなくて済むかもしれません。, 猫がガタガタと震えて怯えていたら、よほどの危険を感じているのでしょう。それは自然の脅威かもしれませんし、大きな音かもしれません。他の猫の存在に、怯えることも。, 猫の性格によっても、怯えやすい猫とそうでない猫がいるでしょう。臆病な猫の場合、あまりに危険を感じるとストレスになり、体調を崩してしまうことも考えられます。ストレスを感じないような環境作りを、心がけましょう。, 危険を感じて、体調不良になってしまう場合も。猫はストレスに弱い生き物なので、十分注意してあげましょう。この程度なら大丈夫、という慢心は危険です。猫は人以上に繊細な動物なので、「この程度で?」という事でも、体調を崩すことがあるのです。気をつけてくださいね。, 危険を察知した時、身を隠すのは当たり前です。猫は狭い場所や暗い場所が落ち着くので、そのようなところにすかさず入り込むでしょう。そのような身を隠せる場所がない場合、ストレスを感じてしまいます。猫がいつでも隠れられるよう、場所を確保しておきましょう。, 「危険を感じているのに、寝る?」信じられないような話ですが、ある動物園では、地震が起きる数日前に、トラなどのネコ科の動物が屋外で眠っていた、という報告があります。, どうして寝てしまうのか理由は分かりませんが、もしかしたらいざという時に全力で逃げられるよう、寝て体力を温存しているのかもしれません。, 高いところに登ると周りを見渡せるため、安心する猫は多いです。なので、危険を感じた際、高いところに行って安全を確保します。そこで危険が去るのを、じっと待つのです。, もし猫が中々降りて来ない場合、何か危険を察知しているかもしれません。周りの状況を、確認してあげましょう。ただ、猫は登るのは得意ですが降りるのは苦手なので、降りられなくなっている可能性もゼロではありません。猫の様子を見て判断しましょう。, 危険を察知して、背中をビクビク動かす場合もあります。ちょっと分かりにくいですが、良く観察してみましょう。嫌がっている時も、背中がビクビクと動きます。猫がそのような仕草をしていたら、気をつけてあげてください。, 中国では、猫など動物の行動から、地震を予測する研究がされているとか…。人よりも敏感な猫の勘を頼りにすれば、ある程度被害を避けられるかもしれませんね。猫がなぜ、ご紹介したような行動を取るのか、その原因を探ってみてください。, あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。, この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。, 猫のために、猫の気持ちを知り、猫と共に暮らす。ねこちゃんホンポは、あなたと愛猫の共同生活に色付けをする猫専門の情報サイトです。, 猫ファンであり、猫フェチであり、猫飼いでもあります!猫の記事を書かせて頂ける事に、幸せを感じています。皆さんに伝わりやすいよう、心がけて書いてます!宜しくお願い致します、にゃむ。.