©Copyright2020 【クルマの総合案内所】水原車輌販売公式HP.All Rights Reserved. のCMで話題になった日野自動車の2トントラック「デュトロ」, これまでに紹介したキャンターとエルフが サイトマップ | 燃費や経済性を重視していたのに比べ、デュトロは安全性を重視しています。, 昨年4月の改良時には、 キャンター、エルフ、デュトロ、2トントラックの車種はこれだけなの?と少なく感じるが、基本的にはこの3車種。ただし、これらにはoem車が存在する。キャンターは日産アトラス、エルフはマツダタイタン、デュトロはトヨタダイナがoem車。2トンクラスで売れているのはキャンターとエルフ … デルタトラック ダイハツ 衝突被害軽減ブレーキ「プリクラッシュセーフティシステム」をはじめ、 carview! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 10年11月に登場した8代目キャンターは、商用車世界初の6速デュアルクラッチトランスミッション「DUONIC」を搭載。新開発の3Lディーゼルターボ「4P10型」とBlueTecシステムによって、優れた環境対応能力と高い走行性能を両立させた。その後、12年5月にはDUONICの偶数段クラッチ側にモーターを内蔵した「キャンターエコハイブリッド」を発売。, 今年4月には初のモデルチェンジを実施。進化した「DUONIC2.0」やアイドリングストップ機構との組み合わせにより重量車モード燃費値は、ハイブリッドモデル(12.8km/L)に迫る11.6km/L(クラストップ)を実現した。, AT限定免許で乗れる2ペダル式6速AMT「スムーサーEx」と、いすゞ独自の燃費技術「D-CORE」を採用した3Lディーゼルターボ「4JJ1-TCS型」をベースに、ハイブリッドモデルではクラストップの重量車モード燃費値13.0km/Lを達成する。このハイブリッドモデルには、昨年4月の改良時に静かに走れるEV走行モードが追加された。, また、販売台数の上では無視できない5速MTにも電子制御システムである「ECONOモード」を採り入れている点が最新型エルフの特徴。これは、車両負荷や道路勾配に応じてエンジントルクや加速度をマイルドに制御することで燃費消費を抑える機構である。, 昨年4月の改良時に採用された「EPB」(電動パーキングブレーキ)と「VSC」(車両挙動安定装置)に加えて、今年4月の改良時には単眼光学式カメラとミリ波レーダーとのフュージョンセンサー方式による衝突被害軽減ブレーキ「プリクラッシュセーフティシステム・歩行者検知機能付」や「車両逸脱警報」などの先進安全技術をラインアップ中の多くのモデルに標準装備。より一層安全装備の充実化が図られた。, 環境面でもトップランナーであり、03年にはクラス初のハイブリッドトラック「デュトロ・ハイブリッド」を発売。13年には日野自動車のハイブリッド・トラック&バスの累計販売台数が1万台を突破している。, キャンター、エルフ、デュトロ、2トントラックの車種はこれだけなの?と少なく感じるが、基本的にはこの3車種。ただし、これらにはOEM車が存在する。キャンターは日産アトラス、エルフはマツダタイタン、デュトロはトヨタダイナがOEM車。2トンクラスで売れているのはキャンターとエルフで、この2車が圧倒的に人気だ。, 新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。 キャンターとエルフが3000ccなのに対し、デュトロは4000cc。 そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・, だから、事前にネットで査定しておくべきです! 小型トラックで日野デュトロ、ふそうキャンター... 小型トラックで日野デュトロ、ふそうキャンター、いすゞエルフ、日産アトラスF24だとどれが1番良いと思いますか?それと1番最新の車種はどれですか?他にも小型トラックを製造してるメーカーはありますか?, 少し前にはマツダ・タイタンとかありましたがあれは希少と言う事で。便利だったのはマツダボンゴブローニートラック1.5トン積みで小型で長荷台で走りも良かったです。そのつぎにいすゞエルフ2トン ドライバンワイドロングの佐川の集配車より少し長い荷台のヤツでしたがあれに会社がやりかえました。あれはほんとうにタフで壊れませんでした。走りも良かったです。但し少しデカイので良く店とか民家の屋根をこすってお詫びに行きました。その後(日産とUD向けのエルフと同一のアトラス・コンドルは別にして)日産アトラスも三菱キャンターも使い勝手がわるく、車検代車であれが来ると本当に嫌でした、だからあれが手配されるんなら、ボンゴバンとかいすゞファーゴバンなんかにしてくれと要求していました。日野とその系統のダイハツデルタとかトヨタのトラックは少数なのか全く会社は買う気持ちはなかったようです。トヨタレンタルで友人の引越しのときに日野2トンをレンタルした事がありますが、エルフと変わらない印象があります。, 小型~大型トラック、バスなどを修理している工場で働いています。ディーラーではありません。トラックの販売形態や業界はここ暫くかわらず日野さんといすゞさんと三菱さんが売れていて、一歩下がってUDトラックさんが追従する形です。これがデュトロやエルフ、キャンターなどの2t車クラスになると若干偏ります。まず日野さんは大型トラックディーラーとして2t車クラスにデュトロがあります。が、トヨタとしてダイナを出しており、これを同じ車として考える方もいますが同じ車格でも細かい差違があります。金額もデュトロが若干高いです。いすゞさんは昔からエルフですね。実は金額が一番高いですが日本で一番売れているのはエルフです。三菱さんはキャンターですが、今OEMがらみの問題も抱えて何年も前から内情は叩き売りです。フィアットのエンジンは当たり外れが多く大変でした。さて実はUDトラックスジャパン扱いのアトラスですが、UDさんに電話しても修理内容についての質問などにも詳しい方がおらず、ディーラーに入庫してもすぐには帰ってこない事が多く部品供給も悪いのが現状です。ちなみに日産さんに電話しても詳細不明で、トラックはうちじゃないですと言われました、ま、今は違う会社ですからやむを得ませんがまだ昔のアトラスもあるんですがね。長くなりましたが値段は高い順にエルフ、デュトロ、キャンター、アトラス。性能は整備士目線で言わせて戴けるならエルフ、デュトロ、キャンターとアトラスは同格か。整備性や日頃のメンテナンスを考えるならデュトロが一番面倒を見やすく、ついでエルフ、キャンターとアトラスは同格か。最後に私見ですが、エルフが一番よく出来ていますが高く排気の浄化絡みのトラブルが多い。ついでデュトロは良く考えて作ってあります。後発ながらエルフに迫りつつあるのは事実で部品供給が抜群です。オイル交換などの日常的メンテナンスも楽です。キャンターは今のキャンターは駄目です。オイル交換やベルト交換でさえいすゞさんと日野さんに較べたら酷いです。が、浄化絡みのトラブルが少ないです。アトラスは…乗用車感覚で作っちゃいましたね。積載の多い仕事だと足回りの故障連発です。内装はどこも似た感じですが三菱さんとUDさんはあちこちインチのボルトとセンチのボルトが混在して大変です。時間があったので長々とすいませんでした。仕事で使うのでしたらエルフにしましょう。高いですが。, 「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。, カタログ-新型車、旧モデル 総合情報 トップへ |  利用規約 | 特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。, しかし、中古車販売店での査定価格は違います。