自己啓発 真面目系クズだけど、向いてる仕事が知りたい! こんな自分でも社会人としてやってけるのかな…? そんな悩みをお持ちの方も珍しくないと思います。 ネットで真面目系クズなんて言葉が流行って久しいですが、「これ自分のことだ」と卑屈になっている人が多いかも知れません。 2015 All Rights Reserved. クズという言葉を一文の中で何度も使用しています。不必要な繰り返しをするのは文章の作法として最も下流です。 ・唐突な副業推し なぜか唐突に副業を勧めていますが何を根拠に副業が良いといえるのでしょうか?具体的に自身がやっていることを告げるでもなく「aはダメだけどb ここ記事はここにコメントしている方々への個人的な怨嗟ですよね。つまり自分を非難する側を糾弾んするのが目的です。とて惨めですよ。, ブログ記事を書いているイノウエと申します。ライター等の仕事依頼はお問い合わせからお願い致します。コメント・ご意見等はお気軽にどうぞ!. 2020/9/1 それを怠ってなお他人を馬鹿にしているのは、つまり中身がないことの証明。, これより酷い文章は何度も見ますが、小説家を目指し文章力向上を謳う方としては業界では戦力になれないでしょう。何かライター業を請け負っているならまだしも、専業ブロガーなら誰も見向きもしませんね。, 最後に vdeep ,   2017/01/31, こんにちは、okutani(@okutani_t)です。私事ではありますが、この記事が当ブログ100個目の記事となりました。, 基本的に自分の書きたいことしか書いていない、乱雑なブログではありますが、どうぞこれからもよろしくお願いします。, そんな100記事目は、死にたい気持ちで毎日過ごしているどこかの誰かさんに向けて、僕から前向きになれる言葉を6個おくります。そして最後に、前向きになった人に対して、僕から背中を押す言葉を1つ、合計して7つの言葉をあなたにおくります。, この言葉は、僕が今まで生きてきた24年間の人生の中で、経験したこと、感じたことがベースになっています。今現在、実際に落ち込んでいない人は読んでもあまりためにはならないかもしれません。, 僕自身、浮き沈みが激しい性格なので、ふと死にたいと思った時に「前向きになれる言葉」として心に留めているのが、今回紹介する言葉です。, 共感できる・できないに関わらず、死にたいと思ったあなたに前向きになれるメッセージが届けばいいなぁ、と思いながら書きました。最後まで読んでいただければ僕は嬉しいです。, もし、死にたいなって思って、どうして自分はこんなダメなやつなんだって思った時、それは自分の弱さを認めることができたってことです。, 自分の弱さが分かる人は、相手の気持ちが分かる人なんです。弱さを認めて、相手のことを考えることで、初めて相手と心が通じ合えるんだと僕は思います。, 「自分はまだこんなもんじゃない」って思うより、「自分はなんてダメなんだろう。ほんとクズだなぁ…」って思ってみて、ぽつりと言葉にしてみるだけで、思っているより心が軽くなるかもしれません。, 自分の弱さを認めて、相手のことを思ってみましょう。こう考え始めて、僕自身まわりの世界がすこし変わった気がしました。, 僕は今までの人生の中で、殺したい程憎んでいる人が何人かいます。今でも、その人達のことは大嫌いですし、二度と会いたくありません。, 今でも彼らにされた酷いことを思い出し、強く拳をにぎります。一矢報いてやりたいけど、できない自分がすごく情けなくなって死にたくなります。, でも、それは感情が生きてるってことなんです。人を殺したいぐらい、憎むことができる感情があるってことは、裏を返せば人を強く愛することができるということだと、僕は思います。, 人を憎んだっていいんです。嫌いな人を「嫌いだ」と素直に、愚直に考えたっていいんです。その代わり、自分の一番身近な人のことを、強く想い、愛する努力をしてみましょう。, 1つ目の言葉の通り、僕は自分自身のことを「クズ」だと、常々思っています。お金が無ければキャッシングでラーメンを食べ、母親にもらった1万円を握りしめて行った麻雀でボロ負けし、決まった家もないので住所不定。, 24年間、ずっと銀行の残高は0円。ガールズバーの女の子にはあっけなくフラれるし、高校時代は対人恐怖症で引き篭もりだったけれども、一度も不幸せだと思ったことはないです。, でも、自分の弱さを認め、自分のやりたいこと、自分の好きなこと、自分が今生きていて、何を考えて何をするのか。, そんな形のない物事をひとつひとつ考えて、すこしずつ自分自身のことが分かってくると、幸せだとか不幸せだとか、そんなことどうでもよくなってきます。, ホームレスになってボロボロの洋服を着ていたとしても、きちんとした考えを持つことができて、ご飯がおいしいって思えれば、それは幸せなんじゃないでしょうか。, もし、自分が不幸せだって思ったら、自分自身のことを振り返って、自分を好きに、自分を愛せるようになるよう、考え直してみてはどうでしょうか。, 人との繋がりが嫌になって、ずっと続けていたFacebookもLineもすべて辞めてしまいました。今現在もアドレス帳の連絡先は数件ですし、気分が浮かない時は人とほとんど連絡を取りません。, 周りが見えなくなって、塞ぎこんでしまいたいとき、人はパニックになります。取り返しの付かないことをしてしまうこともあるかと思います。時には人を傷つけてしまうこともあるんじゃないでしょうか。, 本当にどうしようもなくなったとき、自分に逃げ道を作ってあげることは、決して卑怯なことじゃないんですよ。, かんたんに嫌だということを、考えなしに捨ててしまうことはいけないことです。ですが、暗い闇を抜け出すためにすべて捨ててしまうということは、悪いことじゃない、と僕は思います。, この言葉は、僕の心の支えにもなっているドラマ「北の国から」で、五郎さんが言ったセリフのひとつです。, 人にはそれぞれいろんな生き方がある。それぞれが一生懸命生きるために必死に仕事をしている。人には上下の格なんてない。職業にも格なんてない。そういう考えは、父さん許さん。, この言葉は、息子の純が飲み屋で働いている女性に対し、蔑んだ言葉を口に出したときに父親の五郎さんが言ったセリフです。, 風俗で働いていようが、医者だろうが、政治家だろうが、大工、プログラマー、コンビニ店員、お坊さん、ガールズバー、アイドル、ガソリンスタンド、牛丼屋、銀行、広告代理店、美容師、フリーターだろうが…一生懸命やっていたらそれは素敵で素晴らしい仕事なんです。, もし、自分の仕事のことで悩んでいる時、「その仕事を私は一生懸命やっているか?」と心を落ち着かせて考えてみましょう。, 「一生懸命にやっているよ」とすこしでも思えたら、あなたのしている仕事は「きっと素敵で立派なお仕事だ」と僕は思います。, 僕は中学生の頃から約9年間、父親と一言も会話ができませんでした。最近になって分かったのですが、僕はアダルトチルドレンというやつでした。, この9年間、何度も何度も「父親と普通に過ごして、なにげない、いつもの会話をしている夢」を、何度も、何度もみました。夢を見終わって、起きてみると僕の目には必ず涙が溢れていました。, そのことで母親にはたくさんの迷惑をかけました。連絡しなければいけないことは、父親に話せない代わりに全て母親に伝えるようにしていましたから。, そんな9年間を過ごしていたある日、あることをきっかけに父親と話すことになり、家が無かった僕は実家に戻ることになりました。僕は自分の思っていることを全て父親に話し、無事に和解することができました。, そこで分かったことは、「僕は知らぬ間に親元から巣立っていたんだ」ということです。お互いに思っていることを打ち明けて、ずっと話したかったことを全て話しても、それでもうまくいかなかった。, それは、人が大人になるときに通る「巣立ち」そのものだったことに、僕は気が付きました。このことが理解できたということだけでも、僕は父親と話してよかった、と心から思っています。, それは「巣立ちの合図」かもしれません。一度家族のことを忘れて、自分自身のことをもっとわがままに、深く考えてみてはどうでしょうか。, では最後に、「死にたい気持ちが晴れたとき、胸に秘めておいて欲しい言葉」をおくります。死にたい気持ちが収まって、前を向きたいと思ったとき、この言葉を思い返してみてください。, もし、死にたい気持ちが落ち着いて、何かをしてみたいと思い始めたころ。僕はあなたにこの言葉をおくります。, もし、「やってみようかどうしようか」「でもこんな自分じゃできるわけがない…」「どうせうまくいかないだろう…」なんて、そんなことが頭によぎったとき、この言葉を胸に秘めて考えてみてください。, 失敗しても大丈夫。気が落ち込んでも大丈夫。また死にたくなっても、大丈夫。そのときはまたこの記事を頭から読み返してください。, 僕は、クズで借金まみれで、友達もほとんどいないダメなやつですが、一生懸命落ち込んで、ぜんぶ捨てた過去があったとしても、なんとか前を向いています。, どんな結果になっても、周りにクズだって罵られたとしても、一生懸命やっているあなたはとても優しい人で、とても素敵な人だって、僕は思います。, 僕のプライベートの話をすこし話しすぎましたが、たったひとりでも死にたいと思う気持ちが晴れてくれれば、僕はこの記事をかいてよかったと思うことができます。, レバレジーズ株式会社様の運営するWebメディア「ナースときどき女子 | 看護師さんのための情報サイト」で当記事が取り上げられました。, 取り上げられている別ブログの記事も、とっても心に響くものがあるので、合わせて閲覧してみてください。, フリーランスのエンジニアとして、Webシステム開発のお仕事依頼を随時募集しています(現在の業務量によってお受けできない場合もあります)。, 「Ruby on Rails」「JavaScript(jQuery, Reactなど)」「HTML + CSS」を用いたシステム開発、「Heroku」等を用いたサーバー構築・運用、「Git」や「GitHub」を利用したソーシャルコーディングなどに対応しています。, ご依頼を検討している方は、下記リンク本ブログからのお問い合わせ、もしくはokutaniのポートフォリオからご連絡ください。, 1990年生。2016年8月にWebエンジニアとしてフリーランスに。プログラミング、カメラ、邦楽ロック、ハリネズミがすき。趣味は吉祥寺巡り。詳しくはAboutページかokutani's Portfolioをどうぞ。.