jQuery('.st-btn-open').click(function(){ 細かいことですが どこそこのコーチは試合中に「考えてやりなさい」って言うけど「状況を把握して判断しなさい」って言わないと何を考えてやるべきなのか分からなくね? 声を出す事に関しても「声を出せ!」じゃな ... 中学生になった途端にスピード&パワー重視のサッカーに。 どんなに技術があってもスピードやパワーがないとなかなか厳しい環境です。 スポンサーリンク 解っちゃいたけどここまでとは 解ってはいたけどここまで ... 今日は仕事が休みだったので次男のサッカースクールを見に行ってきました。 次男のクラスはセレクションに受かった子が在籍できる特別クラスの中から、さらにお呼びが掛かった子のみが在籍する事ができる特別クラス ... 10対0…。中には20点も入ってしまう試合も…。 大差がつく試合は勝敗に関わらず見たくない…。 大会の方法やメンバー調整なども必要ですよね。 スポンサーリンク 目次1 得点差に酔っちゃだめ1.1 僅差 ... 県の王者に対して県大会で少年団がガチンコ勝負。 結果PKで負けたけど君たちのサッカーは誇らしかったです。 子供たちのサッカーなのに今日はくやしかったなぁ、、。 でもまだまだイケる! 誇らしい選手たち。 ... ちょっと古いデータだけど大人になっても4月生まれと3月生まれの差がこれだけ露骨なのは「俺にはできる」「俺には出来ない」っていうマインドがセットされ続けた結果だろうね。 幼少期の自信がどれだけ影響するか ... Copyright© サッカーいろは , 2020 All Rights Reserved. ・ゴールキックがペナルティエリアから出てゴールラインを割ったらコーナーキック, ゴールキックは、ペナルティエリアからボールが出ないことにはインプレーにならない事を頭に入れておけばわかりやすいかな。. Copyright © 2020 JS-Soccer All Rights Reserved. jQuery('.st-star').parent('.rankh4').css('padding-bottom','5px'); // スターがある場合のランキング見出し調整 ゴールキックが行われる場合. }); 新ルール第16条 “ゴールキックの際、ボールが蹴られるか、明らかに動いたらインプレーになる。ペナルティエリアから出す必要はない。” こう記載があります。 つまり従来のルールではペナルティエリアからボールが完全に出るまでは味方選手はボールに触れてはいけないものでした。 インプレ―(試合続行)の基準は『ペナルティエリアからボールが出た瞬間』ということです。 しかし、新ルールではペナルティエリアからボールが出なくてもよいため、ペナルティエリア内で味方選手がパスを受けること … ・ペナルティエリア内に味方はいいけど、相手選手は入ったらだめよ。 jQuery(this).addClass('st-btn-open-click'); }); }); 国際サッカー評議会はヨーロッパの新シーズン開幕に向け、6月1日から新ルールを発行しました。, ゴールキックとは簡単に説明すると、ゴールキーパーが味方の選手にパスを出すことです。, “ゴールキックの際、ボールが蹴られるか、明らかに動いたらインプレーになる。ペナルティエリアから出す必要はない。”, つまり従来のルールではペナルティエリアからボールが完全に出るまでは味方選手はボールに触れてはいけないものでした。, インプレ―(試合続行)の基準は『ペナルティエリアからボールが出た瞬間』ということです。, しかし、新ルールではペナルティエリアからボールが出なくてもよいため、ペナルティエリア内で味方選手がパスを受けることができます。, インプレ―(試合続行)の基準が『ボールが動いた瞬間』ということに新しくなりました。, ゴールキックに新ルールが適用され、メリットを受ける形になるのが『ゴールキックを遠くへ蹴らずに近くの味方へつなげるチーム』です。, このようなチームは多くが『自分たちでとにかくボールを持ち、動かすことで相手ゴールに迫る』というコンセプトを持っています。支配率を70%以上、記録することもあります。, マンチェスターシティのGKエデルソンがゴールキックの場面で、ボールを大きく蹴るシーンはほとんどありません。, 今回はゴールキックを繋げる主なチームを紹介しましたが、現代サッカーではかなり多くのチームが同様のことを行っています。ヨーロッパ主要リーグでは特に。, 従来のゴールキックのルールで繋ごうとした時、相手が前線からプレスを掛けるチームだと、ボールがペナルティエリアから出るまでの時間でボールを受けた選手がトラップをする瞬間には相手のプレッシャーを受け、ボールを奪われてしまうこともしばしばありました。, ですが、新ルールによりプレッシャーを受ける前にボールを受け、前を向くことがより容易になりました。, 味方選手はペナルティエリア内に入って受けることができますが、相手の選手はペナルティエリア内に入れなのです。, その為、相手からすると勢いのままボールを受けた選手にプレッシャーをかけてしまうと簡単にはがされスペースを使われてしまうリスクを負うことになります。, ゴールキックのほかにも、選手交代時やPK、ハンドなどいくつかのルールが改正されました。, 特にJリーグでは審判団の誤審が目立ち選手、スタッフ、サポーターにフラストレーションを与えてしまっていますが、我々サポーターもルールをよく知り、理解することが大切です。. たとえば、ゴールキックはオフサイドになりませんがパントキックはオフサイドになるというのは、インプレー中であるか否かの違いであるという認識でok。 ゴールキックからの直接ゴール. jQuery('.st-btn-open').click(function(){ jQuery(function(){ jQuery(".st-ac-box ul:has(.cat-item)").each(function(){ サッカー界ではvarの導入など、新たなルールがどんどん採用されています。 国際サッカー評議会はヨーロッパの新シーズン開幕に向け、6月1日から新ルールを発行しました。 jリーグでも8月から 今回ご紹介するのは『ゴールキック』の新ルールです。 ​ 昨夜も同様にビデオを見ていると、当然ながら昨年改正されたゴールキックからのインプレーが新ルールになっております。 その試合の中で何度も何度もあるゴールキックのやり直しに「何コレ?」と言わずにはいられませんでした。 *第16条 ゴールキック jQuery(this).addClass("st-ac-cat"); | ゴールキックから直接相手チームへのゴールは得点が認められます。 しかし、誰もが一度は首をかしげたことがあるわかりにくいルールがあります。それが「オフサイド」です。, 相手のDFラインよりも相手ゴール側に陣取り、そこでボールを受けてはいけませんということです。, もう少し専門的に書くと、攻撃側がオフサイドポジションにいる味方にパスを出したり、オフサイドポジションにいる味方が相手選手の視界やプレーを邪魔したり、オフサイドポジションにいることによって利益を得るような行為をすることは全て反則、となります。, オフサイドポジションとは、その名の通りオフサイドになる位置(ポジション)のことです。相手側エンドラインから2番目に近い選手~エンドラインの間がこれに当たります。, エンドラインから通常1番目に近い選手は、ゴールキーパーです。2番目に近い選手は、普通はセンターバックなどのディフェンダーになるケースが多くなります。, このディフェンスラインから相手ゴールまでのエリアが、オフサイドポジションになるわけです。, ボールを出した瞬間に、受けようとする味方がオフサイドポジションにいると反則になります。理解できれば、比較的わかりやすいですね。, オフサイドポジションにいる味方に向かって蹴ったわけでなくても、その選手がゴールキーパーと競りにいったりすると、「相手の視界やプレーを邪魔した」と取られ、反則になります。, 味方が蹴ったボールがゴールポストやクロスバーなどに跳ね返ったり、あるいは相手選手に当たって跳ね返ったり方向が変わったボールに対し、既にオフサイドポジションにいる選手が反応すると「オフサイドポジションにいることによって利益を得た」と取られ、反則になります。, 味方が自分でない選手やゴール目がけて蹴った瞬間に自分がオフサイドポジションにいたら、相手選手やポストに跳ね返って自分の前にこぼれてきてもプレーしてはいけませんよ、ということですね。, ここまでが”今まで”のオフサイドルールでした。しかし新ルールが発足し、2013年から一部ルールが改正されました。, 2013年から、3の「オフサイドポジションにいることによって利益を得る」が一部改正されました。, 味方が自分でない選手やゴール目がけて蹴った瞬間に自分がオフサイドポジションにいた時でも、相手選手がクリアや蹴り出しなど意図的にプレーした場合(ゴールキーパーのセーブは除く)は、それによって跳ね返ったりこぼれてきたボールを受けてプレーしても「利益を得た」と判断しないことになりました。, つまり相手選手がクリアミスをしてしまうと、蹴った瞬間にオフサイドポジションにいた選手に渡っても反則にならず、そのままプレーを続けることができるということです。, 今回の改正は、プレー面にとってはオフェンス側が有利になります。クリアミスをしてしまうとオフサイドが適用されず、簡単にゴールキーパーと1対1を作られてしまう状況が多くなるかもしれません。, 現在の主流である、高いディフェンスラインを敷いて中盤をコンパクトに保ち、高い位置で奪ってショートカウンターを狙うサッカーは、少し変化してくる可能性も考えられます。, これからどんな戦術やフォーメーションを取るチームが出てくるのか?観戦する側も非常に注目です。, かつては、オフサイドポジションに味方選手が1人でも入っていたら、プレーに関与していなくても問答無用でオフサイド判定されていた時代もありました。, サッカーのルールは少しずつ改定を重ねていますが、オフサイドルールは解釈の複雑さから議論が起こりやすく、よく改定されます。, 2013/2014年 競技規則の改正について(第11条-オフサイド競技規則の解釈の変更)|日本サッカー協会. jQuery(".st-ac-box ul:has(.cat-item)").each(function(){ 攻撃側の競技者が最後にボールに触れ、かつボールが相手側ゴールラインを完全に越えた場合で、得点とならなかった場合。 }); 少年サッカーにおいては、主催者の判断でルールが異なることは珍しくありません。スローインなのかキックインなのか、5人制なのか8人制なのか、旧ルールなのか新ルールなのか・・・大会の要綱をしっかりと読んでから試合に臨むようにしましょう。 }); 新年度から8人制にも本格適用される新ルールを今のうちに確認しておきましょう(写真はワールドチャレンジ2018より 撮影:吉田孝光) ペナルティーキック時のGKの立ち位置に注意. 低学年の試合では良く突拍子もない事が起こるので審判していてもこの場合はどうなるの?って事も少なくない。 先日ゴールキックでキッカーがペナルティエリアからボールが出る前にボールに触れてしまった時に再開方法がわからなかったので、ゴールキックのルールについてまとめてみた。 ・手で触れたらハンドとなりペナルティキック。 ・ペナルティエリアからボールが出るまで誰もボールに触っちゃだめよ。 jQuery("#toc_container:not(:has(ul ul))").addClass("only-toc"); ・ボールがペナルティエリアから出る前にボールに敵味方関係なく触れたらもう一回やり直しよ。, というルールでしたが、今は }); 国際サッカー評議会はヨーロッパの新シーズン開幕に向け、6月1日から新ルールを発行しました。, ゴールキックとは簡単に説明すると、ゴールキーパーが味方の選手にパスを出すことです。, “ゴールキックの際、ボールが蹴られるか、明らかに動いたらインプレーになる。ペナルティエリアから出す必要はない。”, つまり従来のルールではペナルティエリアからボールが完全に出るまでは味方選手はボールに触れてはいけないものでした。, インプレ―(試合続行)の基準は『ペナルティエリアからボールが出た瞬間』ということです。, しかし、新ルールではペナルティエリアからボールが出なくてもよいため、ペナルティエリア内で味方選手がパスを受けることができます。, インプレ―(試合続行)の基準が『ボールが動いた瞬間』ということに新しくなりました。, ゴールキックに新ルールが適用され、メリットを受ける形になるのが『ゴールキックを遠くへ蹴らずに近くの味方へつなげるチーム』です。, このようなチームは多くが『自分たちでとにかくボールを持ち、動かすことで相手ゴールに迫る』というコンセプトを持っています。支配率を70%以上、記録することもあります。, マンチェスターシティのGKエデルソンがゴールキックの場面で、ボールを大きく蹴るシーンはほとんどありません。, 今回はゴールキックを繋げる主なチームを紹介しましたが、現代サッカーではかなり多くのチームが同様のことを行っています。ヨーロッパ主要リーグでは特に。, 従来のゴールキックのルールで繋ごうとした時、相手が前線からプレスを掛けるチームだと、ボールがペナルティエリアから出るまでの時間でボールを受けた選手がトラップをする瞬間には相手のプレッシャーを受け、ボールを奪われてしまうこともしばしばありました。, ですが、新ルールによりプレッシャーを受ける前にボールを受け、前を向くことがより容易になりました。, 味方選手はペナルティエリア内に入って受けることができますが、相手の選手はペナルティエリア内に入れなのです。, その為、相手からすると勢いのままボールを受けた選手にプレッシャーをかけてしまうと簡単にはがされスペースを使われてしまうリスクを負うことになります。, ゴールキックのほかにも、選手交代時やPK、ハンドなどいくつかのルールが改正されました。, 特にJリーグでは審判団の誤審が目立ち選手、スタッフ、サポーターにフラストレーションを与えてしまっていますが、我々サポーターもルールをよく知り、理解することが大切です。.