また、保護しようとして捕まえた瞬間に、驚いて最悪の事態が起こる可能があります。, ですので、ケガしているからと安易に考え保護すると、自然で生きることができなくなったり、最悪の事態が起こったりする可能性があるので、ケガをしていても基本的には保護しないでください。, ですが、そうは言っても、命に関わる大ケガや自然治癒できないケガの場合は別で、保護する必要性があります。, 出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1238372?title=すずめのヒナ, ケガをしている状態のスズメの雛を保護する方法は、保護する前に各都道府県の鳥獣保護担当部署に相談して指示を仰ぐ必要があります。, 雛がケガしているのだから、相談せずに保護して回復まで世話してあげても良いじゃんと思うかもしれません。 2.鳥獣保護区の指定による鳥獣の保護. 鳥獣の保護を図るため特に必要があるときは、必要な地域に鳥獣保護区を指定し、すべての鳥獣の捕獲を禁止(許可を受けて捕獲する場合を除く。)しています。 スズメは人気な動物なため、飼う・飼育したいという思う人も多いはず。でも実は「野生の動物(スズメ)を飼う・飼育するのは(保護除く)法律で禁止されている」のです。法律で禁止される理由から野生のスズメに遭遇した時の保護方法までスズメに関するを情報をまとめます。 専用のボックスに入っているので、贈り物にも最適ですよ!, 違法保護になってしまうことから、本来保護してはいけないスズメの雛。 状況から保護する必要があるか、ご自身や周りの人で保護できるかを判断します。 保護をする場合は、人間もけがをしないように慎重に段ボール箱などに保護し、保護施設に連絡して搬送して下さい。(保護施設から引き取りには行けません。 Copyright (C) 2020 スズメの意外な真実 All Rights Reserved. ですがスズメをはじめとする 野生の動物は「鳥獣保護法」という 法律で守られていて、. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript. 今朝通勤途中で、スズメを保護しました。見た目は小柄ながら成鳥のようです。羽ばたけるのですが片方の羽が傷ついていて(流血はないが開閉がスムーズではない)、うまく飛べない様子でした。家の近所だったので連れて帰り、ひとまず昔飼 スズメの捕獲. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 近くに親鳥の姿が見えなくても、雛と親鳥はお互いに鳴き声でコミュニケーションをとっている, 親鳥が迎えに来る様子が無いという場合、確かにかわいそうに思えるケースですが、だからと言って, 人が餌を与えることに慣れてしまったスズメの雛はそれに甘えてしまい、いつまでも巣立っていこうとしない, 猫やカラスなどの外的に襲われる危険性がある場合も実は保護する必要はなく、あえて何かするとするならば、カップ麺などの底の深い容器に入れ、紐などで外敵が近づきにくい木の枝先などに吊るしてあげれば良い, 野鳥の救護や保護飼育に取り組んでいる施設に連れて行けば対応してくれる場合もあります, https://www.photo-ac.com/main/detail/378541?title=すずめ, すり餌とは、植物性の上餌(米糠、玄米、大豆、麦粉等)と動物性の下餌(フナ粉)を混ぜ合わせたもので, スズメの雛が回復後、野生に帰ることを考えると、言わずもがな…普段から生きた状態の昆虫を食べているので、生きている状態のミルワームを餌としてあげるのが望ましいです。, が、万が一巣から落ちて親と完全にはぐれてしまっているような状態だと身体の熱をどんどん奪われ最悪の可能性があるので、, 手のひらに乗せた時に冷たいと感じるようであれば、すぐに温めてあげる必要があります。, 使う物は、ペットのためのサーモスタット(自動温度調整器)や保温器(ヒーター)です。, 「俺/私は仕事が忙しいから、一日中側にいるっていうことはちょっと・・・」という人にはピッタリですよ。, 台風や梅雨・長雨が続いている時などは、これらを探すのにかなりの時間がかかってしまい、雛(成鳥でも)の身体に負担をかけてしまうことになるので、放すなら天気が良い日にしておきましょう。, 「雛(成鳥でも)の気持ちに負担をかけない」という意味で、とても大切なことだと言えます。, 鳥の側からすれば邪魔以外の何物でもなく、逆に事故の原因のひとつにもなる可能性があるので、足環は付けるべきではありません。, 木の枝に着地した際に足環が絡まってしまい、逃げようともがいて骨折してしまったり、足環による擦り傷のせいで傷口が化膿し、その結果足を失くしてしまった. スズメは飼育できます。 2019年12月7日道庁に確認しました。 狩猟免許を取得して法にのっとって捕まえた狩猟鳥獣は無許可で飼育していい。 但し特定外来生物のミンク、アライグマは、ダメ スズメもカラスも飼育してよいそうです。 時折道端で一人ポツンとしていることがあるスズメの雛ですが、保護してはダメなの?何か危険があるのでしょうか。 親鳥の偉大さを感じますね。, また、人が餌を与えることに慣れてしまったスズメの雛はそれに甘えてしまい、いつまでも巣立っていこうとしないというデメリットもあるので、スズメの生態系を壊さないためにも、その気持ちは心の中にしまっておいて下さい。, 出典:https://www.irasutoya.com/2015/03/blog-post_594.html, 猫やカラスなどの外的に襲われる危険性がある場合も実は保護する必要はなく、あえて何かするとするならば、カップ麺などの底の深い容器に入れ、紐などで外敵が近づきにくい木の枝先などに吊るしてあげれば良いです。 スズメを保護した場合のエサやりは気管に詰まらないように注意! スズメを飼育するときに、許可は必要? スズメを保護したが、餌を食べない!さてどうする? スズメの雛が落下していた!そんな時は保護 … #覚王山 #すずめ #すずめ好き #スズメ . 危険回避のため少し雛の場所を移動させても、親鳥は雛の鳴き声で気付くことができるので、心配は要りません。 また保護する際の方法や、野生へ戻す時の注意点も気になりますよね!, 出典:https://pixabay.com/ja/photos/すずめ-動物-赤ちゃん-鳥-18215/, スズメの雛が道端に一人(一匹?)でポツンとしている時というのは、巣立ちの練習中ですので、決して保護してはいけません。, 確かにそのことを知らず、状況だけを見た人間からすると「まだ赤ちゃんなのに一人でかわいそう・・・」と思ってしまい保護してしまいますが、それはあくまでも人間の都合であり、親鳥からすればそれは「誘拐」以外の何物でもないんです。 鳥獣保護法に基づき、一般人が野鳥を捕獲・保護することは禁じられていますよね。このサイトを見ていても、落ち雛等を拾った質問者に対し、 ・拾った時点で処罰の対象 ・県に連絡しても担当者によっては恐ろしいことになる ・動物病院 もしも、弱っているスズメなどを見つけたら、どこで許可を取り保護をすれば良いのでしょ, 初めに法令について記載したいと思いまが、法令では、疾病による保護を要する鳥獣の保護を認めています。, 例えば、ガラスにぶつかって怪我をしているスズメなどは、法令で保護することを許可しています。, 逆にこのようなケースに対しても保護禁止になれば、救えないスズメなどがでてきてしまいます。, 人としては、法令にも記載している通り、怪我をしたスズメを助けたいと考えるのが普通です。, もちろん、怪我がひどくて時間がないような場合などは、とにかく保護する必要があると思います。, ですから重要なのは、その考え方であって法律的には、保護を目的とする場合には、環境大臣や都道府県知事に申請書を出せば許可されます。, よく弱っているスズメやその他の鳥獣を見ることがありますよね。私は常々このようなスズメなどを助けたいと考えていました。実際に獣医師に見せに行ったこともあります。その時は申請書類の提出よりも、スズメを助けたいと考えて早い対処をしたのを記憶してます。, みなさんもこれからは、合法的で迅速な対応をして弱った自然の生き物を助ける心の余裕が必要だと思います。助けた後は、人として良いことをしたと思いますし気分的に良いものです。みなさんも、是非同じような経験をしてもらいたいです。. スズメの飼育は許可が必要な理由とは? ペットショップで販売されている インコや文鳥などは、 コンパニオンバードと呼ばれ、 ペットとして改良された種類です。. たとえば・・・, 親鳥が迎えに来る様子が無いという場合、確かにかわいそうに思えるケースですが、だからと言って人間が雛を育てるということは不可能に近いと言えます。, なぜなら、スズメに限らず雛は食欲が旺盛なので「育てる」というのであれば、およそ10分に1回の頻度で給餌(餌やり)が必要となります。 だとしても、あまり遠くに移動させないでくださいね。, スズメには自然治癒力があり、ある程度のケガであれば自分で治すことができるからです。 つまり、このペースでスズメの雛が巣立つまでの約2週間の間に行う給餌の回数は、何と4200回になります。, 正直、回数だけ見てしまうと、気が遠くなるような数字ですよね…。 時折道端で一人ポツンとしていることがあるスズメの雛ですが、保護してはダメなの?何か危険があるのでしょうか。 また保護する際の方法や、野生へ戻す時の注意点も気になりますよね! もくじ1 スズメの雛は保護したらダメ?危険?1 … まるで実物のような、抜群の存在感がスズメ好きにはたまらない1枚。 ●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。. Oops! #写真好きな人と繋がりたい #ファインダー越しの私の世界, A post shared by (@arry_fisher) on Apr 28, 2018 at 11:48pm PDT, スズメはペットでの飼育が禁止されているため、詳しい寿命については明確にされていません。しかし一般的に野生であれば3年ほどの寿命といわれています。ですが保護されたスズメは最長で15年も長生きしたという話もあるため寿命については不明な点が多いです。, 人と違い短命なスズメですが、最近は数も減っていると記録されています。餌をとれなくなってきている、住処がなくなってきているなど自然破壊による影響がスズメの減少にも関係しているでしょう。これ以上数を減らしてしまわないためにも、弱っているスズメがいたら保護してあげましょう。, チュンなのに鳩胸チュン #すずめ #スズメ #雀 #ちゅん活 #小鳥 #鳥 #野鳥 #野鳥撮影 #野鳥観察 #バードウォッチング #六甲アイランド #もふもふ #bird #birdoftheday #birdlove #birdwatching #birdstagram #birdphotography #sparrow #nature #nikond3300 #nikonphotography, A post shared by Rokko Boy (@chuncamera) on Apr 28, 2018 at 11:42pm PDT, よく街などで見かけるスズメって集団行動をしていますよね。実はこれ、敵を警戒して集団行動しているんです。また一度に集団全体が餌を食べるのではなく、何羽かは見張り役に徹し、敵から餌を食べている仲間を守っているといわれています。, 自然で生きることは生易しいことではありません。そのためスズメたちは生き残るためにこうした知恵をつけて生活しています。チュンチュンとかわいらしく鳴くスズメですが、自然で生き抜くための術をきちんと持っている賢い鳥なのです。, まん丸な冬のスズメ #スズメ #sparrow #冬のスズメ #野鳥 #wildbird #ふわもこ部 #モコモコ, A post shared by おいぶき (@oibroa66) on Feb 5, 2017 at 4:15am PST, 夏と冬でスズメの姿に違いがあるのを知っているでしょうか?夏はシュッとしたスマートな姿に対し、冬はもこもこと膨らんで暖かそうです。そう、冬になるとスズメたちは暖を取るために羽毛の中に空気を入れて膨らませているんです。, いわばダウンを着込んでいる状態ともいえますね。こうした状態のスズメを「ふくらスズメ」といいます。同じ地域にとどまって過ごすスズメは冬を越すためにこうした知恵もつけて寒い冬でも元気に鳴いて過ごしています。, 私たちにとって身近な鳥であるスズメですが、その保護・飼育には許可が必要です。またケガをしているスズメへの餌やりや、飼うための準備など、思っている以上に大変なことが多いです。, 私たちよりも寿命が短いスズメですが、もし弱っているスズメを見つけたらそのままにせず保護してあげましょう。正しく申請をし、保護して元気にしてあげればまた空へと帰ることができます。小さな命を次につなげてあげられるように、手助けしてあげてくださいね。. を使用する方法以外で捕獲等をする場合, 農林業に係る被害を防止する目的でネズミ類・モグラ類を捕獲等する場合. ですので、違法保護ではなく、やむを得ず保護して飼育していますとするために、相談・許可が必要になるんです。 仮に、これを人間の親の立場で考えてみてると、「私の大事な子供が~!!!」とパニックになってしまうのは火を見るより明らかですよね。, なお、近くに親鳥の姿が見えなくても、雛と親鳥はお互いに鳴き声でコミュニケーションをとっていることから何も心配は要りません。 #gris_premium #名古屋インスタ交流会 #bestaichipics #nagoya . ですので、こういった状態のスズメの雛を見つけたら「あっ、巣立ちの練習中なんだな。頑張れよ!」というような温かい目で見守ってあげて下さい。, とは言っても、どう見ても明らかに保護が必要かもしれないという場合がありますよね。 なお、容器に入れてあげた場合、その場所が雨に当たりそうなら、その容器の底に水抜きのための穴を開けてあげましょう。, また、車など交通量の多い場所で雛を発見した場合は、近くの草むらなどに移動させて、悲しい事態にならないように危険から回避させてあげてください。 Copyright 2020 BELCY All Rights Reserved. 公園や道でよく見かけるスズメですが、実は日本では飼育に条件が伴っていることを知っていますか?何も知らないまま保護して飼育してしまうと、最悪の場合鳥獣保護法に触れる恐れがあります。スズメを無事に保護し、飼うためにはどうしたらよいのかやえさや寿命などスズメの飼育の基本について紹介します。, おはようございます! 巣作りの季節 … #スズメ #すずめ #雀 #sparrow, A post shared by まんだりん さん (@mandarin.san) on Apr 14, 2018 at 4:30pm PDT, 日本でおなじみの野鳥であるスズメですが、道を歩けばよく見かけ、木やコンクリートにとまっている姿が可愛いので飼いたいと思う人も多いでしょう。しかしスズメは日本で飼育することは禁止されていると知っていますか?実はスズメに限らず「野鳥」と呼ばれる鳥は鳥獣保護法によって飼育を禁止されています。, そのため勝手にペットにしようと捕まえたり、誰かから貰う・買うなどの行為をすれば罪に問われて捕まってしまう恐れもあるので注意しましょう。スズメの飼育はあくまでも「保護目的」なら許可されます。ただし保護といっても、勝手に保護して飼育することも禁止されているので、正しく理解しておくことが大切です。, #スズメ #雀 #sparrow #ひとりコンデジ野鳥部 #野鳥好き チュンがいいところに✨ クチバシに何かついてる, A post shared by まーちゃん (@syarom23) on Apr 15, 2018 at 3:11pm PDT, スズメなど野鳥の飼育を禁止している法律である「鳥獣保護法(ちょうじゅうほごほう)」とは、簡単に言ってしまえば、野鳥を守ることで自然全体を守ることにつながる法律で、さらに詳しく言えば野生生物である鳥獣などの保護や狩猟の適正化に関する法律です。, スズメの場合はこの鳥獣保護法を順守する形なら保護して飼育することが認められます。ただしそれは然るべき順序を持って保護する場合に限ります。傷ついているからと勝手に保護して育てても良いというわけではないので注意しましょう。, A post shared by @ yellow.blue_tan306 on Apr 2, 2018 at 7:59am PDT, 例え傷ついたスズメであっても、勝手に保護することは禁止されています。なので万が一傷ついたスズメを見つけたら、最初に獣医さんに診てもらってから速やかに住んでいる市区町村の役所の担当部署に保護申請を出すようにしましょう。, また獣医に見せる前に役所に一報を入れておく方がなお良いでしょう。急を要する場合には獣医の指示に従いましょう。申請もなく勝手に保護し、治療したりするのは法律によって禁止されています。バレないだろう…なんて邪な気持ちは持たずに、スズメにも誠意を持って順序や法律に則り保護してあげましょう。, A post shared by 須藤利道 (@sutoutoshimichi6) on May 23, 2017 at 5:51am PDT, スズメの雛を保護したときは、そのまま保護するのではなくまず近くに巣がないか確認しましょう。雛が元気な場合は巣に戻してあげるのが一番です。万が一巣が見当たらない場合には、素手で触らずに軍手などを着用してから保護します。野生の鳥獣は病原菌を持っていることが多いので注意しましょう。, 野生のスズメの雛を無暗に保護してしまうと、親鳥から野生で生きていく術を教わらずに育ってしまうので野生に帰るのが難しくなります。親鳥も巣も見当たらない場合には獣医や動物園などに連絡し、指示を仰ぎ保護してあげましょう。, スズメの雛は人の匂いがつかないように軍手などを使って触ります。また暗いところに置くようにし、無暗に刺激しないようにしましょう。広すぎる箱を用意すると動いてスズメの雛がケガをする恐れもあるので、大きすぎない箱の中で一旦保護しましょう。, 2018年4月16日撮影 #スズメ #野鳥 #バードウォッチング #wildbird #birdlife, A post shared by 堀智之 (@tomoyukirider) on Apr 15, 2018 at 9:32pm PDT, 雛に比べて成長のスズメは滅多なことでは人に捕まることはありません。そのため動けるスズメを無理に保護するのはやめましょう。保護すべきスズメの成鳥は「ケガをしている」「動けない」「様子がおかしい」スズメだけです。少しでも人から遠ざかろうとするスズメや逃げるスズメは保護するのは良くないといわれています。, 保護するときに必要となるものは雛とほとんど同じですが、雛に比べて体温調節が可能なので必要に合わせてカイロや湯たんぽを用意します。あとは獣医や動物園の指示に従って保護してあげましょう。, 動物園には野生の鳥獣類を保護する部署があるといわれています。そのため必要に合わせてそちらに保護を依頼することができますし、逆に可能であれば動物園から保護を依頼されることもあります。獣医や動物園は動物のエキスパートですから、保護についても良く教えてくれますよ。スズメを保護したときにはお近くの獣医や動物園に問い合わせてみましょう。, スズメさん子育て準備で忙しそうですねぇ❣️いっぱい育てて下さいね ・ #スズメ #すずめ #雀 #bird #birdlove #birdlife #birdwatching #bird_japan #wild bird #small bird #sparrow #sparrows #自然好き #自然観察 #自然最高 #日本の自然 #日本の野鳥 #野鳥 #野鳥好き #野鳥写真 #小鳥 #小鳥好き #バードウォッチング #豊明市, A post shared by 青木 茂雄 (@shigeo1091) on Apr 29, 2018 at 8:34pm PDT, 基本的に飛べるのであれば鳥用のゲージを用意してあげるのが良いですが、部屋の中を飛び回っても良いのであれば段ボールなどの箱でも構いません。またエサ入れや水飲み、水浴び場・砂浴び場など必要に合わせて作ってあげるとスズメも過ごしやすいでしょう。, スズメも鳥ですから糞をします。ゲージや箱がよく汚れてしまうので、最低1週間に1度はゲージまたは箱、止まり木などをきれいに洗ってあげます。ゲージを使わずに保護・飼育する場合には部屋の中が糞だらけになる恐れもあるので注意してくださいね。, きちんと許可を取り、スズメの保護・飼育が可能になった場合には雛を飼うための準備が必要です。雛は成鳥に比べて体温調節機能が不十分です。特にまだ羽毛すら生えていない雛を保護したときには保温に注意しましょう。, スズメの雛の体温は35度~37度といわれているので、これを目安に保てるようにしてあげます。他に水浴び用の入れ物や水飲みなど基本的にインコなどの鳥を飼うときに必要な物があれば飼育にとても役立ちます。, ※ すずちゃん尾はどうしたの❓ 飛ぶのにバランスも悪いよね❓ ※ いっぱい食べてー早く 元どおりになりますように ※ いっぺんに抜けちゃうなんて あるのでしょうか❓心配 ※ 今日この子は何度も来たので いつも来ている子みたいです 気にしておきたいと想います ※ #スズメ#野鳥 #バードウォッチング #eye_spy_birds #野鳥倶楽部 #写真で伝えたい私の世界 #写真で一言 #すずちゃん#可愛い, A post shared by JUN.A (@juaki01) on Apr 29, 2018 at 6:02am PDT, 野生の成鳥のスズメを保護した場合にはまずケガがないか確認し、ケガをしている場合には応急処置をして獣医などに診てもらいます。その後家で保護・飼育する場合には、セキセイインコなどの鳥と同じゲージや水飲みなどを用意してあげましょう。, また成鳥でもスズメが弱っている場合には体温調節が難しくなっている恐れがあるので、雛と同じように体温を35度~37度程度に保てるようにカイロや湯たんぽを使って温めてあげましょう。雛も成鳥も環境の違いに慣れてもらうためにも、部屋は少し暗くし、刺激しないようにしてあげます。, 雛と違い成鳥は飛び回ります。そのため元気になってきからと部屋の中で放し飼いにしておくと至るところに糞をされる恐れがあります。掃除が大変になり、匂いもついてしまうので、嫌であれば必ず鳥用ゲージを購入し、保護・飼育することをおすすめします。, A post shared by 旅するオニギリスト onigirist azuma (@azuma035) on Jul 17, 2017 at 4:52am PDT, スズメは基本的に雑食です。野菜も食べれば穀物も食べますが、雛は消化器官が未発達のため、成長と同じような餌を与えてしまうと内臓内で詰まりを起こしたり、消化不良によりさらに弱ってしまう恐れもあるので注意が必要です。, 羽が生えていない雛には和鳥用の練り餌に小松菜などの野菜をすりつぶしたものを加えた餌を与えます。羽が生えてきている・生えそろってきた雛には野菜のすりつぶしやミルワームなどの虫類、ボレー粉などが食べられるのでそちらを与えましょう。, スーさんいろいろ詰め合わせ おやすみなさい #雀 #スズメ #すずめ #sparrow, A post shared by 中野さとる(Onakan.s) (@onakan_s) on Apr 29, 2018 at 6:20am PDT, 雛と違い成鳥は基本的に雑食です。そのため市販されている餌でも良いのですが、弱っている成鳥のスズメは消化が悪くなっている可能性があるので、すり餌にぬるま湯を加えて練った餌を与えてやるのが良いといわれています。, 基本的に雛と違い餌を食べさせてあげる必要はありませんが、弱っていて自分で食べられない様子であれば手伝ってあげましょう。ただし元気になっても餌を食べさせてあげようとすると、自然に帰る力が衰えてしまうので注意が必要です。, くうちゃん いっぱい遊んだあとは、お手手でねんね こうやってペタンとお腹をつけて寝るのは 文鳥のマメちゃんとそっくり やっぱりスズメ科だからおんなじなのかなぁ〜 かわいい #すずめ #スズメ #雀 #小鳥 #鳥 #いんこすたぐらむ #インコスタグラム #文鳥 #かわいい #癒し #sparrow #すずめのくうちゃん, A post shared by 自称兵庫の地酒親善大使 (@iwana_chikusagawa) on Apr 29, 2018 at 5:40am PDT, スズメを保護して傷が癒えるまで飼育してあげるとつい愛着がわいてそのまま飼ってしまいたくなりますよね。しかしスズメは鳥獣保護法でペット目的での飼育は禁止されています。名残惜しいですが、あくまでも保護目的での飼育にとどめるようにしましょう。, 保護している間に名前まで付けてしまう人もいるでしょう。しかしどうして飼育が禁止されているのかをよく考えてみましょう。飼育が禁止されているスズメの生態を壊せば、いずれ私たちの世界も壊れてしまいます。身勝手な行動でスズメだけでなく他の生き物の生態まで壊さないようにしましょうね。, A post shared by 中野さとる(Onakan.s) (@onakan_s) on Apr 29, 2018 at 4:07am PDT, 誰かに愛されることも生き物にとっては幸せなことでしょう。しかし、やはりスズメは鳥です。野や空を生き生きと飛び回っている姿が似合います。保護したスズメの傷が癒えたのを確認したら、進んでスズメを野に帰してあげましょう。, 傷が癒えてもずっと家に置いておくのは犯罪です。法律で禁止されていることです。スズメの飼育はあくまでも「保護」のため、ペットにするためではありません。彼らにも帰る場所があるんです。寂しいですが、野に帰して生き生きと空を羽ばたかせてあげましょう!, キリッ‼️と決めてみた 惚れるなよ(๑・̑◡・̑๑) #スズメ #ちゃん丸 #安心安全なとこ #そんな所で #決め顔されても #誰も惚れないと #思うで, A post shared by @ am.mama1017912 on Apr 29, 2018 at 3:00am PDT, スズメを保護し、野生に帰れるまで見届けてあげるためにはスズメのことをよく知っておく必要があります。まず日本にいるといわれているスズメの種類は主に「ニュウナイスズメ」と「スズメ」の2種類のみです。海外のスズメも合わせれば約30種類程度いると考えられています。, 都市部で見かけるのはスズメで、森林などにいるのはニュウナイスズメです。生息地に違いがありますが、見た目はオスは両方ともさほど違いがありません。しかしニュウナイスズメのメスは見た目がホオジロ類に似ているといわれています。, .