同期やクラスメイト、友達との練習はもちろん、ネット上でのボイスコさん(ネット声優さん)同士の、ボイス投稿サイトやアプリでのコラボ用原稿としてもどうぞ。 掛け合い台本 . 坊っちゃま2「兄なんだから!?普通、弟である僕に譲るべきなんじゃあないのかなぁ。」, 坊っちゃま2「目上?め・う・えって何ですかぁ!?僕等は双子ですよねぇ!?目上も何も、平等でしょ!?」, 坊っちゃま1「なぁに言ってんのかなぁ。母上のお腹から出てきたのは俺が15分も先だ!よって、この世に産まれたのが俺のほうが先輩なのだから俺のほうが目上だろうがよぉ!」, 坊っちゃま2「なぁに言ってんのかなぁ。15分も?イヤイヤwたった15分の間違えでしょ!?」, 執事「私にも堪忍袋というものが存在します故、それ以上オイタが過ぎますと、じいやも見過ごしては置けませぬ。, 坊っちゃま、どうかそろそろ大人になってくださいませ。…もう、20も越えたのですから。」, 男「つまり、地獄は苦しいけど生まれ変われて…天国は楽園だけど、生まれ変われないってことか?」, 女戦士「もういいよ○○(男僧侶の名前)。そいつはクビ。これからは腕のたつアーチャーでも雇いましょ。」, 女戦士「じゃあ洗い物、お洗濯、お風呂当番、武器研き、あとー食料調達!よろしくね!」, あなたもジンドゥーで無料ホームページを。 無料新規登録は https://jp.jimdo.com から. ツイキャスで等で使っていただければと公開!早速ですが利用規約から1当サイトに載っているセリフは基本的にアドリブ、改変、人称変更などご自由にどうぞ2当サイトのセリフを使用した際に起きた問題にこちらでは責任を持ちません。自己責任でのセリフ使用をお願いします。 恋愛名言集は心に響く「恋愛」の名言を集めた総合サイト。数ある名言まとめサイトの中でも恋愛の分野で日本No.1です。恋愛で悩んでいるとき、泣きたいとき、くじけそうなときに、自分を奮い立たせてくれる、勇気をくれる名言集です。 気が向いたときに台本・お題を更新するブログです。報告任意、商用利用可、使用媒体不問。詳細は利用規約をお読みください。. 101「アイツのことが好き好きでたまらないんだよ!辛いなら辞めろとかさ…なんでそんな事言えるんだよっ。, 102「もしも。もしもだよ?私が君の事、好きって言ったらどう思う?ふふっ。何よ。その明らかに困った~って顔は。, …鬱陶しいかな?夜勤で疲れた休憩時間。君は私のこと考えているのかな?それともやっぱり休みたいかな?, 104「好きだって言えないわけじゃない。…ただ、言葉にすると気持ちが冷めそうでずっと言えずにいたんだ」, 105「特別なことは何も無いし、君は良いところばかりじゃ勿論無くって、たまにはムカつくこともあるけど…。でもね、子供っぽく怒るところ。自分の都合が悪くなると、慌てて言い訳するとこ。記念日には、ちゃーんと頑張ってイベントしてくれようとするとこ。喧嘩しても、たまには他の子を可愛いなーだなんて、こぼしたりしても、なんと言っても…なんだかんだ私のこと好きなとこ。, 106「大丈夫大丈夫。ほら、早く彼女のとこに行ってきな。もー…私は、二日間限りのただの慰め役だったけど、お前の恋人をして…楽しかったよ。, 107「へっくしゅ…へっ?あー、大丈夫大丈夫。ただの風邪だよ。熱はかれって、そんな大げさな。わかったよ…………ん。ピピピッて鳴ったよ?はい。これ。って…38.9!?…うう、分かった。寝とく。コホン」, 108「傷つくことなんか怖がってたら、君と付き合ってなんかられないよ。迷惑かけたくない?かけてよ。だって好きなんだから。」, 109「大好きなの。離れたくない。いつか、お別れがくるんだろうなって、そのくらい僕にだって分かる。けど、まだ行かないでよ…好きだよ…1人にしないで」, 110「痛い…痛いよ。離して!なに。…あの人そんなことするわけない。何でそんなこと言うの?最低…あんたなんか。信用できるわけないじゃん。」, 112「…馬鹿だなー。どうして?どうして浮気なんてしたの?君が他の子が良いっていうなら、私はそれで良かったのに。私は…君が幸せになってくれさえしたらそれで良いから。だから浮気なんてしないで、あの子のほうに行けば良かったのに。」, 114「はぁ…嘘つきは嫌いだよ?私が、君にフラれたくらいで泣きべそかくとでも思ってるの?ばーか。んなわけないじゃん。ほら、行ってきな。彼女待ってるんでしょ。」, 116「君が嫌ってゆうから、私は他の男なんかと話さないし他の男になんて触れないけどさ?, 私には君しかいないんだよ?私は、女の子に囲まれて嬉しそうに笑ってる君を眺めてるしかできないの。傷ついてる私の事も知らずに君は私を放置してさ…私を独りにしたのは君だよ…?もう壊れそうだよ…。」, 117「ん…おはよ。ぎゅー。ぎゅー。。んー…いじわる。ぎゅーしたいもん…何でしてくれないの…ぎゅー…んっ。…好き…///」, 118「行かないで…行かないで…私を捨てないでよ…君の理想の子になるから!君に都合のいい奴だって思われたっていいの。すきすきすきすき!!だからどこにも行かないで…」, 119「んー…あう?〇〇…すき…んん…ムニャ…んんー…ん?ん!?何見てるの!!ばか!」(寝言), 120「うるせぇ…悪いけどコイツは俺のだから。お前なんかに渡すつもりは無いから。」, 122「私はどうしたらいいの…?よく分からないよ…二人共大好き…!この気持ちは嘘じゃないっ…!分からないよ…こんなの変だよ…!」, 君に振り向いて欲しくて、沢山沢山努力して、沢山沢山泣きました…。そんな私を、私は褒めてあげたい。, 124「仕方ないじゃん…!好きでも…どんなに大好きでも…!叶わない恋だってあるの。どうしようも無い恋だってあるの…!」, こんなに好きなのに…どうして私じゃ駄目なの?応えてよ!ねぇ…一回だけでも良い。嘘でも何でも良いから…, 128「いつでも…私は君を困らせてばかりいて…でも君は笑って、いいよって許してくれる。, 130「やだ…相手してくれなきゃ…やだ。ねぇ、なんで相手してくれないの?こんなに想ってるのに…愛してるって言ってくれていたのに!!……どうして?私のこと、もう要らないの??」, 131「このヒロイン(主人公)の子、素直じゃないなぁ。好きだって言っちゃえばいいのにさ。もたもたしてるから他の子に取られちゃうんだよ…ばかだなぁ。, 134「ねぇ、好きって言葉で隠さないで…僕の全部がすき…?でも受け入れてくれないのはなぜ…?, 135「ンフフ~♪ん?ううん?なんでも無いよ~♪ンフフっ♪気にしなくて良いってば~。なに?知りたいの?ンフフっ。君の背中が、落ち着くんです。どう?ンフフってなるでしょ?」, 136「うっさいなぁ…!そうだよ…あたしはアンタの事が好きだよっ!!好きで好きでたまんないよ…!, ん?もう、そんな顔しないでよ。別に嫌味言いたいんじゃないから。ただ……。ううん。なんでもない。, 138「馬鹿だなぁ。ずっと好きだったよ。君が困るかなと思って、黙ってただけ。本当はずっと好きでした。, フフッ気づかなかったーって、当然だよ。君みたいなお馬鹿さんには、絶対分かりっこない。」, 142「だって、嫌なんだもん…。君が他の人と笑ってるのも、君が他の人と居るのも…君が他の人と関わること全てが嫌なの…許せないの!!, もう…無理なんだよ。私は君の側に居ない方が良い。きっと、君を困らせてしまうだけだから…。, 144「いつもいつも、好きって言葉で隠さないでよ。いつ私のどこが好きかって聞いてみても、君は全部って言う…。私の全部が好き…?でもさ…受け入れてくれないのはどうしてなの…?私は君が好きだよ?君の温もり…すぐ格好つけるとこ。可愛い寝顔。ちょっとアホなとこ。でも…私への好きに少し適当なとこは嫌。…もう、わからないよ」, 145「私は貴方のために生きてるんじゃない!元気で明るくて普通の女の子が好きなんだよね…?分かってる。, でも、君が私を選んでくれたんだよ?もう…私みたいな泣いてばかりいる女じゃ、君は満たされないの?, どうしてそんなに死にたがるの?君は1人じゃない。私がいるじゃん…。ねぇ、どうして死にたいの?, 147「君の事なら何でも知ってる。だって、ずっと好きで見てたから。3時間目の授業がはじまって5分くらいで必ず寝ちゃうこと。社会の授業ではお絵かきをしてること。放課後は屋上で鼻歌歌ってること。全部全部知ってる。, 150「君が居なくたって…何も変わらない。ちゃんと世界は成り立って回る…けど…どうしてこんなに苦しいの?」, 151「チューして!?嫌よそんなの!!え…ちょっと…ねぇ。…あーもう!わかった!わかったわよ!!チュッ…はい…!うるさいなぁ…。すき………う…かもね!!」, いや…元々二人でデートだったのに、急に友達呼んでWデートーなんて、言い出すからさ。, 153「ふぁ~あ。眠い。ねぇ…肩かして。よいしょっと。ん~。やっぱ、これ落ち着く。」, …なんで、側に産まれなかったのかな。なんで…こんなに想ってるのに…こんなに遠く感じるんだ…いつでも…心だけは側に居たいと思っていたのに…いつの間にかそれすら出来ていなかった…。」, ん。…(手を首筋にあてる)冷たい手攻撃~。…手を抱き込むんじゃねぇよ…(ボソッ)暖っけぇな…。, 159「はぁ~…みんなみーんな…可愛い子ぶってるとか…ぶりっ子ー。とかって言うけど…仕方ないじゃん。, 161「…分かってる。約束の時間はもうとっくに過ぎてるのに、いつまでも待ってるなんて馬鹿だってことくらい。, 162(待ち合わせ場所にて)「…もしもし?え、…熱?馬鹿。休んでろ。約束?あー…大丈夫大丈夫。俺もまだ家いるし。おう。今日はいいから。ゆっくりしときな?ああ。また今度な。, ああ…くそくそくそぉお!!こうなりゃヤケだ!ヤケ乳(やけちち=牛乳のことである。)だぁあ!!グビッ…プハー!!, 164「グウウウ(お腹の音)…ううぉおう……。う…うるさいなぁ。お腹なんか減って…グウウウ…ううぉおう…!はいはい!減ってます!減ってますよぉ!!, …いつだってそう。私がドジなせいで?恋愛だって…友達関係だって…上手くいかない…。, …そりゃあ…してないと言えば嘘になるかもだけど…でもでも!!私…こんなに頑張ってるんだよ!?少しくらいさ?…ご褒美くれても…いいんじゃない?」, 166「あーあっ…。私…なんであんな奴に恋なんかしちゃったんだろ…。別に、あんな奴どこにだっているのにさ…。」, え?ええ…!ちょっと…///何急に押し倒して…///んっ…///馬鹿…キスとか…反則だろ?」, フム…これは何かしらの攻撃が必要だな。じゃあまずは…くすぐり攻撃!なに…効かぬとな。んー。LED電気攻撃!…布団ガードだと。やりおるな…ならば!もうデートするの辞めよう。はい。おはよう(笑), 172「…おかえり。…ううん。何でも無いよ。……元気無い…ね。…誰のせいだと思ってるの。, あー、分かった分かった。坂の下に自販機あるから。そこまでならお付き合い致しましょうか?(呆れたイメージ)」, …好きです…好きなんです…!貴方に嫌われたくなくって…怖くって…!貴方のことが、どうしようもなく大好きなんです。, 176「どうして逃げるの?僕の目が治ったから?見えるようになったから?……大丈夫。僕には分かる。君の顔が見えないときと変わらず…いやそれ以上に君を愛するから。僕のそばにいてください。」, 177「〇〇ー!はむッ(リップ音でも可)!んん~うまいっ!〇〇は僕だけの食べ物だからね!大好きっ」, 178「君は高校にあがってから、同じクラスのあいつと仲良くなって、僕とは口もきいてくれなくなったよね。ほんとは、ほんとはね。寂しくて仕方がなかったんだ。気づいたら、僕も君を避けちゃってて…あいつの隣で笑ってる君を見てると、嬉しいんだけど、やっぱりどこか切ないんだ…」, 179「…はぁ、お前みたいなの、どう扱って良いのか分からないんだよ。お前みたいに、笑ったり…泣いたり…怒ったり…。沢山色んな顔見せてくる奴…初めてだから…。, 側に居させてくれよ…。泣かせるかもしれないし、満足させれるか分かんないけど…。俺、頑張って支えてくから。一緒に歩いていくから。, 何なんですか…?近づいたり離れたり…また近づいたと思ったら突き放して…。いい加減にして下さい…。」, 182「僕を見くびらないでくれるかな。…僕だって、君の唇くらい奪ってみせる。アイツに負けるつもりは、無い。」, 183「…ごめん。恋するなって言われたけど…でも、無理だ。俺、お前の事…かなり、好き…かも。」, 184「えっえっ!?○○君が…わ、私の事を!?そんな事があっていいんですか!?え…?私みたいな怪力が好きなんだって…わ、私、そんなに怪力じゃないもん!!」, …お前は、馬鹿だし生意気だし…うるさいけど、それでもお前じゃなきゃ、駄目なんだよ。」, 187「ねぇ、○○くん?私、正直、○○くんに告白された時、戸惑ってた。でも…いつの間にか惹かれてた…。あ、あのっ…応え、遅くなってごめんなさい。○○君の事、好きです。だから、離れないでください!」, 188「どうせ私なんか、 ○○くんと両思いになんかなれないよ。私は一般人。○○くんはアイドル。…住む世界が違うんだから。」, 189「私、実は○○君の事が…好き…なーんて、言うとでも?ふっふ~♪何妄想してんのかなぁ?顔真っ赤にしちゃって、お、俺も~とか…プププ~(笑)」, もう、私の心は貴方が居ないのに耐えられなんかしないんです!住み着いたくせに…私の心に勝手に住み着いたくせに…!, あんな奴、関係無い。私は君が好きだよ…!だから、早く…私を抱いてよ…。愛してよ…!!……なんで、駄目なの…?」, 俺はお前に何が劣(おと)っているんだ!見た目?性格?服装?何だ…何が劣ってるんだ…何だっていうんだ!, 俺はただ…アイツの笑顔を、側で見ていたかった…。アイツの体温を肌に感じたかった…。, お互いが、お互いに好かれたいと思うから、恥ずかしいけど、オシャレとか頑張って、ちょっと背伸びして…ドキドキして…。そういう事だと思うんです!, もう君は居ないんだって…そんな苦しい現実が、隣を見ればいつだって叩きつけられるの。, 198「おいコラ…駄目だろ?お前は無防備過ぎんの。何がって…他の男に心許してんじゃねーの。, ……あんまそうやって無防備だと、俺みたいな男に唇奪われちまうぞ。チュ………こんな風にな。」, 199「君は…どうして私を選んでくれたの??私…可愛くないし、お料理とかも出来ないし…。良いとこないのにさ!…え?そういう私が好き??……もう。照れるじゃん。」, 200「ねぇ…どうなの?ハッキリしなさいよ。え?何がって…。だーかーらっ…。アンタの好きな人って、誰なのかって聞いてるの。…私?…私は…その。君…だったり。しなくもないかも。」, あなたもジンドゥーで無料ホームページを。 無料新規登録は https://jp.jimdo.com から, 「ねぇ、好きって言葉で隠さないで…僕の全部がすき…?でも受け入れてくれないのはなぜ…?, 「ンフフ~♪ん?ううん?なんでも無いよ~♪ンフフっ♪気にしなくて良いってば~。なに?知りたいの?ンフフっ。君の背中が、落ち着くんです。どう?ンフフってなるでしょ?」, 「私は貴方のために生きてるんじゃない!元気で明るくて普通の女の子が好きなんだよね…?分かってる。, 「辛いよ…苦しいよ。どうして…どうして何も言わずに行っちゃうの?納得出来ないよ…私のこと愛してるって…あんなに何回も何回も言ってくれたのに…別れる時は何も言ってくれない…これじゃ…悪いところをなおすことすら出来ない。…好きだよ…まだ君の事が忘れられないの…!, 夜、風呂あがりにベランダにて「はぁ…。なんだかなぁ…何でこう…上手くいかないんだろ。, 「昨日まで隣にくっついて帰り道を歩いた君は、もう居ない。ただただ孤独な帰り道が延々と延びているだけ。, 「私が人前であんな派手で、リアル充実してるような…そんな事してるだなんて…私らしく無いんです!!もう私に…変なこと吹き込むのやめて下さい…私…地味子(じみこ)なんです!このままで良いんです!寧(むし)ろこのままが良いんです!性(しょう)に合ってるんです!, 「…はぁ、お前みたいなの、どう扱って良いのか分からないんだよ。お前みたいに、笑ったり…泣いたり…怒ったり…。沢山色んな顔見せてくる奴…初めてだから…。, 「僕を見くびらないでくれるかな。…僕だって、君の唇くらい奪ってみせる。アイツに負けるつもりは、無い。」, 「ねぇ、○○くん?私、正直、○○くんに告白された時、戸惑ってた。でも…いつの間にか惹かれてた…。あ、あのっ…応え、遅くなってごめんなさい。○○君の事、好きです。だから、離れないでください!」, 「私、実は○○君の事が…好き…なーんて、言うとでも?ふっふ~♪何妄想してんのかなぁ?顔真っ赤にしちゃって、お、俺も~とか…プププ~(笑)」, 「ねぇ…どうなの?ハッキリしなさいよ。え?何がって…。だーかーらっ…。アンタの好きな人って、誰なのかって聞いてるの。…私?…私は…その。君…だったり。しなくもないかも。」.