Time Tested Beauty Tips * Audrey Hepburn Forever *, 私の大好きな 美しいもの、綺麗なもの、かわいいもの。 そして 美しい人、綺麗な人、可愛い人をご紹介したいです。 麗しい、美しい、 愛しいものを...... オードリーをはじめとするハリウッドセレブからダイアナ妃やグレース・ケリーなどの各国 王室・王族も。, ・ダイアナ元妃の交際相手アルファイド氏、英国で埋葬される ・ダイアナ元妃の死亡事故で正式な取り調べを開始へ=仏法務省筋, ・カダフィ大佐「ダイアナ元妃は英仏諜報機関によって殺された」 その後チャールズ皇太子はカミラ夫人と再婚。ダイアナが産んだふたりの王子の元にもキャサリン妃、メーガン妃と美しい妃が嫁ぎました。イギリス国内では「恋焦がれた人と一緒になった皇太子」は「純愛を貫いた」といった反応もみられますが、人の命を犠牲にして存在する『純愛』などあるのでしょうか…. ・ダイアナ元妃の葬儀からタブロイド紙を締め出し, ・英皇太子、王子たちのプライバシー保護を呼び掛ける ・ダイアナ元妃葬儀、皇族の参列見送り駐英大使が出席, ・パリ警察、ダイアナ元妃死亡事故で新たにカメラマン3人の身柄を拘束 ・ダイアナ元妃の事故死で、故ウィンザー公夫妻の競売延期 History always repeats itself. ・ダイアナ元英皇太子妃の葬儀、世界中のテレビ局が注目 ウィリアム王子とヘンリー王子の産みの母、ダイアナ妃。その美貌と快活さでダイアナ旋風を巻き起こしましたが、皇太子との不仲が続き離婚。この記事では今更きけないダイアナ妃の生涯をご紹介します。 ・欧州会議、個人のプライバシー保護に動き出す, ・ダイアナ元妃の事故死で、カメラマンの予審を開始 ・英国民の大半、依然王室を支持=世論調査, ダイアナ妃の棺にウィリアム王子が付き添うと主張 | Time Tested Beauty Tips * Audrey Hepburn Forever *. 本当は怖い世界史 (歴史に隠された怖い物語) 追悼ダイアナ妃 事故、葬儀- 天国への手紙→ ・ ダイアナ妃の棺にウィリアム王子が付き添うと主張、当時報道されたニュース時系列一覧→ ・ 1986年来日されたダイアナ妃の写真の中から5月12日のピンク … ・ダイアナ元妃の葬儀、ウィリアム王子が棺に付き添うと主張. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 財産もあり、家柄も申し分ない上流階級にうまれたダイアナ。彼女の父エドワード・ジョニー・スペンサーは、スペンサー伯爵の8代目、王室と関係深い名門貴族でした。両親は彼女が6歳のときに離婚しており、後継の男児が生まれないことから妻に暴力をふるい、母フランシスは愛人のもとへ走ります。, 残されたダイアナと3人の姉弟は母に捨てられた寂しさを噛み締めながら、ダイアナは貴族の令嬢がはいる寄宿学校へとはいりました。運動神経も抜群で水泳やテニス、ダンスが得意の活発なタイプでしたが、母の一件が彼女におおきなダメージを与えており、ときには情緒不安定となり絶食しては食べ込んで吐く、という摂食障害に落ち入ることもありました。, 16歳で学校を中退した彼女はスイスの花嫁学校へ入りますが、ホームシックにかかり、わずか6ヶ月後にロンドンへと舞い戻ります。やがて曽祖母の遺産でロンドンに豪華なアパルトマンを購入。貴族の令嬢らしい気ままで優雅なシングルライフを送っていました。, 幼稚園で週3回ほどはたらき料理教室やダンススクールに通いながら、整理整頓や掃除、アイロンがけなど家事が得意なダイアナは、両親を反面教師として未来の幸せな結婚を夢みていました。, 一方チャールズ皇太子は、結婚に対する大きなプレッシャーに悩んでいました。将来の国王の結婚に失敗は許されない、付き合う女性はいても結婚には踏み切れなかったのです。結婚相手の条件は「上流階級の裕福で男性経験のない女性」、どこかにそんな娘はいないかと思い始めたとき現れたのがダイアナでした。, 1980年の夏、王室のパーティでチャールズは、19歳のダイアナに出会います。3年前ダイアナの姉セーラと交際していたチャールズ皇太子、以前に会ったことはありましたが、年頃になり優しく慎ましいダイアナに惹かれていきました。ダイアナも目の前にあらわれたプリンスに興味をもち、姉の二の舞にはならぬよう慎重にことを進めていきました。, 王室のロマンチックな暮らしを夢見ていたダイアナは、オペラ鑑賞やヨットレースなどチャールズの誘いに喜んで出かけ、自慢の水着スタイルや泳ぎを披露してはチャールズの心を振り向かせようとしました。出会いから2ヶ月ほどしてマスコミが騒ぎ出し、ダイアナの毅然とした態度が好印象「もっともふさわしいお妃候補」「明るさ、純真さ、素晴らしい女性」と各紙騒ぎ立て、ふたりの気持ちを置いて世間はお祝いムードに包まれたのでした。, 年上好きの皇太子にとって、14歳年下のダイアナには迷いがありましたが、「国民がすきになれる女性」という観点でもダイアナはぴったりだったのです。婚約発表から5ヶ月後、ロンドンのセント・ポール大聖堂で、ロイヤルウエディングが取り行われました。各国の元首や名族たち3,500人が愛彼、結婚式の模様は世界中にテレビ中継され、海軍の礼服姿をまとった凛々しい皇太子と、天使のように美しいダイアナが黄金の馬車にのってパレードする姿は国民の心をつかみました。こうしてダイアナはイギリス王室の一員となり、皇太子妃として注目される存在になったのです。, しかし幸せも束の間、皇太子の心の中にはある女性がいました。それが当時は人妻で、後妻となり王室にはいるカミラ・ホールズ夫人です。カミラ夫人はチャールズが23歳のときに一目惚れした女性であり、ユーモアや会話のセンス、スポーツなどの趣味も一致するチャールズが心を許せる数少ない相手でした。しかし彼女は1歳半年上であることも禍いし、踏ん切りがつかないチャールズに痺れを切らしたカミラは陸軍士官のアンドルー・パーカー・ボウルズと結婚していたのです。それでもふたりの心が離れることはなく、連絡が絶えることもありませんでした。, ダイアナがカミラ夫人の存在を知ったのは、結婚の2、3ヶ月前お妃教育のためにバッキンガム宮殿へ移り住んでからでした。さらにチャールズがカミラのために買った金のブレスレットまで見つけてしまいます。「別れのプレゼント」だと弁解するチャールズでしたが、断ち切れないカミラとの関係、また息が詰まるような王室生活のプレッシャーから結婚式直前にダイアナは再び摂食障害におちいり、過食嘔吐を繰り返すようになりました。, ハネムーン中、早くもふたりの間には亀裂が入ります。両親のような轍は踏むまいと『幸せな結婚生活』を夢見ていたダイアナ、包容力のある優しい男性を求めたわけですが、実際のチャールズは冷淡で愛を与えることを知らずと真逆のタイプ。思うようにならないと不機嫌になり、感情を爆発させるダイアナの扱いに皇太子も戸惑いふたりの間には距離ができていったのです。, 皇太子は乗馬、狩猟好きで自然や田舎を愛したのに対し、ダイアナはダンスや音楽、ファッションや買い物好きの都会派で、カントリーライフは退屈そのものでした。妊娠中も自分だけポロの試合にでるなど外出しがちの皇太子に「カミラと会っているのではないか」と疑心暗鬼になり、階段からとびおり自殺未遂をはかったり、部屋に引きこもって癇癪を起こしたり情緒不安定な日々がつづきました。, そんな苦痛はうちに秘め、ダイアナの美しさには磨きがかかり世界のプリンセスとして名を馳せていきます。1983年、ダイアナが皇太子妃としてはじめて海外公式訪問をおこなったときも、ダイアナ旋風がまきおこり、彼女を一目みようと多くの人が集まりました。, しかしダイアナの人気があがるにつれ皇太子は自分の影が薄くなることに嫌気がさしていきます。王室育ちのプリンスはまるで自分が押しのけられたように感じ、再び心はカミラ夫人へと傾斜していったのでした。やがて公然といがみあうようになったふたりには不仲説がながれ、それを裏付けるように公務もプライベートも別行動をとるようになっていきました。, 1992年6月、屈辱的なダイアナの結婚生活を綴った暴露本が出版され、もはや夫婦の間には手の施しようがないほどの距離がうまれてしまいます。ダイアナはというと、ロイヤルファミリーの権威をおとしめたとして王室の怒りをかいます。2人の別居が発表されたのは同年12月のことでした。, どこをとっても悲劇な状態でしたが、ダイアナはあまった情熱を事前慈善事業へと傾けていきました。ホスピスや孤児院を積極的に訪問し、エイズやハンセン病患者にも怖気ることなくふれあい、抱きしめました。1995年にはその波乱に満ちた私生活、夫の愛人の存在、自身の自殺未遂に摂食障害、また自らも不倫をしていたことをBBCテレビのインタビューで赤裸々に語りました。, エリザベス女王がふたりに離婚を勧告したのは、その直後のことでした。別居後ダイアナは皇室行事からは締め出されて、皇太后の誕生日にも招待されることはなく、彼女のまわりに廷臣や女官がつけられることもありませんでした。, ダイアナが最後までこだわったのは称号で、「ふたりの王子の母としてあり続けたい」と主張しましたが、姫殿下と王室の身分は剥奪され、皇太子妃ダイアナの称号だけがのこりました。どん底にいたダイアナの心を慰めたのはウィリアム王子の「どんな風に呼ばれても、ぼくにとっては大切なママだよ」という言葉だったといいます。, 正式に離婚が発表されたのは1996年のこと。王室というしがらみから開放された彼女は『社会事業家』として生きることに生きがいを求めるようになります。ホームレスのための慈善事業を中心として、エイズ基金、ハンセン病救護院などをはじめ、より積極的で濃い内容の活動をスタートさせたのでした。心の交流やスキンシップが得意だった彼女は、ようやく自分らしく羽ばたけたかのように、生き生きとした表情をみせました。, そして1997年夏、ダイアナは新しい恋人と地中海のサルディニア島でバカンスを楽しむまでになりました。ロンドンのハロッズやパリのリッツホテルを所有するアラブ人、モハメド・ファイドの息子年と出会い、新たな幸せに片足をかけていたのです。, その矢先、8月31日深夜、ダイアナがパリで交通事故に遭い亡くなったというニュースが世の中を駆け巡りました。彼女の乗ったリムジンはパパラッチに追われ、時速190キロで疾走。トンネル内のコンクリートの支柱に激突、一緒に乗っていた恋人ドディと運転手も即死でした。, チャールズ皇太子との結婚以来、その奔放さと美しさ故に世間を騒がせてきたダイアナ王妃。36歳という若さで亡くなった彼女の知らせに世界中の人が悲しみ、ケンジントン宮殿の外にはおびただしい数の献花とメッセージが山積みになりました。.