1903年に命名されて以来、化石はアメリカ・イギリス・ポルトガル・タンザニア・アルジェリアで発掘されているが、タンザニア産の化石は「ギラファティタン・ブランカイ」(Giraffatitan brancai)、ポルトガル産の化石は「ルソティタン・アタライエンシス」(Lusotitan atalaiensis)と言う学名が新たに付けられた。, 他種より肩の位置が高く背中が尾部に向かって緩やかに傾斜する事、前脚が長い事、額の部分が瘤のように盛り上がる事(大きく出っ張った鼻孔による)、ノミ状の鋭い歯を持つ事があげられる。このため、名前は「腕のトカゲ」を意味する。 かつて太古の地球に生息していた巨大な草食恐竜「ティタノサウルス」。彼らの仲間は陸上に存在した史上最大の生物だといわれています。 今回は巨大すぎるティタノサウルとその仲間の大きさや生態についてご紹介します。, 合わせて読みたい関連記事 ・最新のティラノサウルス!恐竜王者の全てとその魅力に迫る ・最新のスピノサウルス!超大型肉食恐竜の実態に迫る ・最新のトリケラトプス!消されそうになった大型草食恐竜の真実, ティタノサウルスは白亜紀後期(8300万~6500万年前)の地球に生息していた大型の草食恐竜です。古くはチタノサウルスと呼ばれていましたが、現在ではティタノサウルスと呼ばれることが多いようです。有名なブラキオサウルスやアパトサウルス(ブロントサウルス)などと同じ竜脚下目に属しており、大きく長い首と尾を持っているのが特徴です。また、背中には骨でできた装甲板が存在しました。, ティタノサウルス類の仲間はその巨体と広範囲の植物を食べることができる長い首のおかげで繁栄を極めましたが、他の恐竜たちと同じく白亜紀後期に起こった大量絶滅によって地球から姿を消してしまいました。, ティタノサウルスという名前はギリシア神話に登場する巨神族「ティーターン(タイタン)」に由来しています。その理由はティーターンの名前のとおりの巨大な体でした。, ティタノサウルス自体は竜脚類の恐竜の中で特別巨大という訳ではありませんが、同じティタノサウルス類に分類される仲間の中には特に大きいものが多く存在しています。初めてティタノサウルスの骨を発見した人はそのあまりの大きさに大変驚いたといわれています。, ティタノサウルスの全長は最大で19メートルほどだったと考えられており、竜脚類の中では比較的小振りの体形でした。しかし、同じティタノサウルス類に含まれる「アルゼンチノサウルス」などは全長が45メートル、体重は110トン近くまで成長したとされており、これまで陸上に存在した生物の中で最大級の大きさだったことがわかっています。, その他にも全長40メートルを超える「プエルタサウルス」などアルゼンチノザウルスに匹敵する巨大な恐竜も見つかっており、発見される巨大恐竜はティタノサウルス類に属しているものが多いようです。巨人の名に恥じない超巨大生物ですね。, ティタノサウルス類の仲間は他の竜脚類に比べて頭が小型化しているという特徴がありました。また、肩幅が広くがっちりとした体形だったと考えられています。後肢よりも前肢の方が長いものも多く、後肢だけで立ち上がりやすい造りになっていました。, 骨や鱗が変化した装甲板を持っているものもいて、そうでない種よりも敵からの攻撃や乾燥に強かったといわれています。, ティタノサウルスの仲間はおよそ2500万年のあいだ最も成功した草食動物として地球で大繁栄を極めました。後に大量絶滅が起こる白亜紀後期の中では最大の竜脚類のグループだったのです。, ティタノサウルス類は白亜紀中期に絶滅したブラキオサウルスにとって代わり、大陸の隅々まで広がっていきました。現在ではすべての大陸からティタノサウルス類の化石が発掘されており、南極大陸での発見報告まで存在します。, アルゼンチンで発見されたティタノサウルス類の巣跡からティタノサウルスが群れで行動し、集団で子育てをしていたことが明らかになっています。彼らは穴を掘って複数のメスが卵を産み、その上に土や植物を被せて外敵に見つからないように工夫していました。, また、巣の周りを大人たちが囲って卵を守っていたのです。巨大なティタノサウルス類の群れの中では卵を狙う捕食者たちも簡単には手を出せなかったはずです。, ティタノサウル類には様々な種類の恐竜が存在しています。ここでは特に有名なティタノサウル類についてご紹介します。, ティタノサウルス類を一躍有名にしたアルゼンチノサウルスは今からおよそ1億1000万~9000万年前の白亜紀後期に生息していました。アルゼンチノサウルスの特徴は何といってもその巨大さです。最大身長45メートル、体重110トンという大きさはこれまで陸上に存在した生物の中で最大級のものでした。背骨の骨ひとつの長さが1.3メートル、脛骨(太ももの骨)の長さは1.5メートルにもなりました。, かつてアルゼンチノサウルスは「最大」の恐竜として世界中で知られていましたが、プエルタサウルスや他の新種大型恐竜の発見により現在では「最大級」に変更されています。ちなみにジュラ紀に繁栄したブラキオサウルスやアパトサウルスに似た姿をしていますが、アルゼンチノサウルスを含むティタノサウルス類はそれらよりずっと後に誕生した別の恐竜です。, アルゼンチノサウルスと同じく白亜紀後期に生息していたアンペロサウルスは「フランスで最も有名な恐竜」といわれています。フランスのワイン用ブドウ園の近くで発見されたため「ブドウのトカゲ」という変わった名前が付けられています。体長は15メートルほどとティタノサウルス類の中では小さめですが、背中には特徴的な装甲板を持っていました。, 白亜紀の北アメリカ大陸に生息したアラモサウルスは、ニューメキシコ州のアラモで発見されたことからその名前が付けられました。アラモサウルスは発掘される化石が少なかった頃には体長が21メートルほどの恐竜であると考えられていました。, しかし、2011年に新たな化石が発見されたことにより、体調が35メートルを超す巨大恐竜であることがわかりました。現在ではアルゼンチノサウルスに並んで史上最大級の恐竜であるとされています。, パラリティタンは「海辺の巨人」の意味を持つ少し変わった名前のティタノサウルス類です。マングローブが生い茂る白亜紀の水辺に生息していたことがわかっており、「史上二番目に巨大な恐竜」と呼ばれることもあるようです。, パラリティタンは上腕骨の長さが1.7メートルもあり、全長26メートルにまで成長しました。アルゼンチノサウルスが同時代に生息していたギガノトサウルスに捕食されていたことから、その仲間であるカルカロドントサウルスもパラリティタンを捕食していたのではないかと考えられています。, プエルタサウルスはアルゼンチノサウルスと同じアルゼンチンで発見された大型のティタノサウルス類です。その大きさは全長40メートルに達すると考えられており、アルゼンチノサウルスに並んで史上最大生物の候補とされています。, プエルタサウルスは白亜紀の森林地帯を生息地としており、巨大な体に似合わず自由自在に体を動かすことができたのではないかといわれています。ちなみに名前は発見者のパブロ・プエルタに由来します。, いかがでしたか?巨大過ぎるティタノサウルスと仲間のティタノサウルス類についてご紹介しました。このような巨大生物が地球上に存在していたと考えるととてもロマンがありますね。ジュラシックパークではないですが、一度でいいから生きた個体を見てみたいものです。, GIBEON(ギベオン)は宇宙、地球、動物の不思議と謎を発信するミステリー情報メディアです。眠れない夜の暇つぶしにでもなれば幸いです。. 竜脚類の代表的な種の一つ。恐竜の中でも体躯・重量共に最大クラスのもののひとつ(飽くまで数ある「最大クラスの恐竜のひとつ」であり、比肩する種類は他にも幾つか知られている)。全長は22~28m、推定体重は30~50トン。 最近の研究から、ティタノサウルス形類に分類されることが判明した。 ジュラシック・パーク © 2020 ギベオン – 宇宙・地球・動物の不思議と謎 All rights reserved. は異説あって不特定の意。Maは「百万年」を意味する "megaanum" の地質学上の略語。, Brachiosauridae - Sauropodomorpha: Macronaria, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ブラキオサウルス科&oldid=67956174, E. S. Riggs (1904): „Structure and relationships of opisthocoelian dinosaurs, part II: The Brachiosauridae.“ „Field Columbian Museum Geological Series“ 2(6): 229-247. *1 ただ、陸生肉食動物としての巨大化の極限点が大体12~15mくらいらしいので。実際はこの辺りの種は大差ないのかもしれない, *2 とはいえスピノサウルスは魚食を主とするため、他の恐竜と餌場を争わずに繁栄できていた強みもある, *4 少し前のカンパニアン期だとティラノサウルス科は三種存在し、がっちり型のダスプレトサウルスが角竜・鎧竜を、アルバートサウルスやゴルゴサウルスといった細身で素早い連中ががカモノハシ恐竜他素早さのある連中を襲っていたとされる学説も傍証になっている, 『ティラノサウルス』とは中生代白亜期末期・マーストリヒシアン期の北米大陸に生息していたとされる「ティラノサウルス属」の大型肉食, その現代の生物には絶対に見られない姿から日本を含めた世界中で「恐竜の王」だの「恐竜の代名詞」だの言われるほどの人気者。, 映画ジュラシック・パーク3では序盤でスピノサウルスにあっけなく敗れるが、パンフレットには, 小型の肉食恐竜が主に「爪」を武器とするのに対し、ティラノサウルスは、「牙と顎」を主力としていた。, ただ、ティラノサウルスは前の時代の大型肉食恐竜(アロサウルスやアクロカントサウルス、ケラトサウルス)の子孫ではなく、, また、前述の通り頭骨は他の肉食恐竜に比べて肉抜き穴が少ない上太くがっちりとしており、, しかし、ステレオタイプに思い描かれる「肉食恐竜の王者」たる姿には、時おり異論も挟まれてきた。, しかしスカベンジャー説には「死体漁り専門であの巨体を維持できるのか」「他の恐竜を襲った証拠もある」と反論も多い。, さらには最近、成獣でも全身に羽毛が生えていたという説が出た。まだ成体の羽毛は発見されておらずわからない状態であるようだ。, ただ、成体が羽毛を持っていたとしても、保温機能があったとすれば高確率で熱中症になると推測されており、, 原作小説ではロケットランチャー型麻酔銃で眠らされているのでラストシーンには登場しない。, 1980年版では完全に直立しているが、1994年の『創世日記』以降は尾を引きずっていない。, ピクルの喧嘩仲間として登場。岩盤層に仲良く落っこちて現代まで塩漬けになって保管されていた。, http://www.colorata.com/fs/colorata/c/st_dinosaur/, コメント欄が長くなってきたのでリセットしました -- 名無しさん (2016-05-08 21:20:02), 「追記、修正はティラノサウルスに噛まれてからお願いします。」←する前に死ぬわwww -- 名無しさん (2016-08-02 00:28:29), そもそもかまれる機会がほとんどないんですが、どうしましょう。人形でOk? ブラキオサウルスを復活させ隊. 現在独立種として確認されている恐竜の中でも体躯・重量共に最大クラスの一つでもあり、全長は22~28m、推定体重は30~50トン。 以前は首を非常に高くもたげた復元図が多く、ブラキオサウルスと言えばそうした姿を思い浮かべる人も多いかもしれない。しかし、骨格の構造や血圧の問題、前脚の長さだけで充分な高さが確保できる事、他の竜脚類と同じように左右に広い範囲の餌を楽に採る必要があったであろう事などから、その姿は現在否定されつつある。最近では、首をやや前方に突き出す姿を復元図としていることが多い。, 因みに首を真っすぐ持ちあげた場合の頭頂高は12mから14m、首を前向きに突き出した場合の頭頂高は7mから8m位。 古くはチタノサウルスと呼ばれていましたが、現在ではティタノサウルスと呼ばれることが多いようです。 有名なブラキオサウルスやアパトサウルス(ブロントサウルス)などと同じ竜脚下目に属しており、大きく長い首と尾を持っているのが特徴です。 有名な恐竜であっても、骨骼の復元にはまだ検討の余地が残されているという好例であろう。, 恐竜 竜脚類 マクロナリア類 このノミ状の歯で針葉樹の樹幹付近の枝を食い千切るようにして摂食していたと推測されている。 ブラキオサウルス科 ジュラ紀 日本ではドラえもんのアニメや洋画ジュラシック・パークなどでよく登場する事から、恐竜としても一般的に良く知られている。 ギラファティタン、ルソティタン……同科+近縁種。 ブラキオサウルス科(ブラキオサウルスか、学名: familia Brachiosauridae )は、約1億5080万- 約9350万年前(中生代 ジュラ紀後期[マルム世]終盤チトニアン[en]- 白亜紀後期初頭セノマニアン[en])にかけて の約5730万年間 を、当時のローラシア大陸とゴンドワナ大陸に棲息していた、巨大な … ? ブラキオサウルス科(ブラキオサウルスか、学名:familia Brachiosauridae)は、約1億5080万- 約9350万年前(中生代ジュラ紀後期[マルム世]終盤チトニアン[en]- 白亜紀後期初頭セノマニアン[en])にかけて[1]の約5730万年間[1]を、当時のローラシア大陸とゴンドワナ大陸に棲息していた、巨大な草食性恐竜の一分類群(1科)。竜盤目- 竜脚形亜目- 竜脚下目に分類される。, 現在(2010年代初頭時点)、明確にブラキオサウルス科に分類される種のうちで最も古い時代に属するものは、約1億5080万年前(チトニアン[en])に出現したと見られるブラキオサウルス属とその近縁種である。一方で最も若い時代に属するものは、約9350万年前(セノマニアン- チューロニアン境界[en- en])まで存続していた可能性を持つソノラサウルス属 (en) と見られる。亜科レベルでの分類説もある[2]が、不明な点が多い。, 表記内容は左から順に、標準和名、学名、特記事項(棲息時期、出土地など)。 とりわけ巨大かつ首と尾が非常に長い竜脚類の中でも代表的な種の一つである。 最近の研究から、ティタノサウルス形類に分類されることが判明した。, 学名:Brachiosaurus altithorax Riggs, 1903 -- 名無しさん (2016-08-02 00:34:43), 色々とNHKの番組で紹介されていたね。どうも筋肉や体勢から時速50キロは出せたみたい。 -- 名無しさん (2016-09-28 20:21:44), ロバート・バッカーは正しかった。やはりティラノサウルスは強い -- 名無しさん (2016-11-12 19:03:56), 誰得ぬいぐるみシリーズが復活してやがるwww -- 名無しさん (2018-05-26 02:39:03), ぬいぐるみはシリーズなのかよ -- 名無しさん (2018-05-26 05:03:28), 皮膚痕の研究で成体の全身羽毛説は否定されましたとさ。皮膚痕の見つかってない部分や幼体時についてはまだ不明だが -- 名無しさん (2018-08-05 18:18:13), ペンギンみたいに小さいときはもふもふだとうれしい -- 名無しさん (2019-02-22 07:04:36), 前に出たティラノモンX抗体は前のめりになったよね -- 名無しさん (2019-07-07 11:14:34), ↑9「大人の」とは書いていないから、赤ん坊なら噛まれても死なない。・・・と思う -- 名無しさん (2019-10-09 20:35:41), MtGのガルタはティラノモチーフ? -- 名無しさん (2020-06-27 19:56:07). なお、実際の表記ではラとノの間にnが入っている為「ティランノサウルス」とする訳もある。 その現代の生物には絶対に見られない姿から日本を含めた世界中で「恐竜の王」だの「恐竜の代名詞」だの言われるほどの人気者。