wink. 去年からカメラ業界はソニーに追従するようにニコン・キヤノンよりフルサイズミラーレスカメラが登場しました。, 一眼レフカメラに慣れていた僕にとってミラーレスの電子ビューファインダー(EVF)があまり好きじゃなくて、ミラーレスカメラの「家電製品」っぽさがどうしても食指が動かない理由だったんですよね。, ですが、2018年9月に僕が崇拝するニコンから高画素モデルのフルサイズミラーレスZ7が登場し、その後キヤノンからEOS Rが登場。, カメラ業界の2大巨頭がフルサイズミラーレス市場に乗り出したということで、いよいよ時代の流れが「一眼レフ → ミラーレス」と大きく動き始めました。, キヤノン公式のカメラページを見てみると前面にミラーレスを推していていて、「すべてのリソースはミラーレスに注ぐ」と言わんばかりの雰囲気が漂っています。, そして同年11月には画素数を抑えたオールラウンダー連写もでるニコンZ6が登場し、僕が所有するニコンD750の後継機として今回は購入することに踏み切りました!, ということで、今回は届いたニコンZ6に加えて24-70のレンズとFマウントレンズが使用できるマウントアダプターFTZがセットになっとキットの開封&外観レビューをしてみます。, Nikon ミラーレス一眼 ニコン Z6 24-70+FTZマウントアダプターキット Z6LK24-70FTZKIT, 今回導入したのはニコンZ6と24-70F4レンズ、そしてFTZマウントアダプターがセットになったキットでございます。, Z7には同封されている本体充電ACアダプターEH-7PはZ6には付属されておりません。, 加えて必須アイテム「XQDカード64G」と「液晶保護フィルター」も同時購入しました。, SDカードは腐るほど持ってるけどニコンZ6はXQDカードでないとシャッター切れても写真を記録することができません。このXQDカードがまた高いんだな…。, 今回はXQDカードをパソコンと接続するカードリーダーは購入しておりません。付属のUSBケーブル経由でもデータを取り込むことができるので、とりあえずはこれでしのぎます。, 今まで一眼レフカメラを使っていたのでミラーレス特有のイメージセンサーむき出しなルックスには驚きます。, センサーサイズもFXフォーマット(35mm判フルサイズ)なのでものすごいインパクトがあります。, 今回は新たに「Zマウント」が採用されマウント径が55mmとなり、以前のFマウントの44mmとくらべて大きくなりました。, FマウントであるニコンD750と比較してもZ6のマウント径が大きいことがわかりますね。ボディからはみ出さんばかりにデカデカとしたマウントです。, ボタン類は画像再生ボタンとゴミ箱を残してすべて液晶画面の右側に配置されています。このおかげてボタン操作が右手だけで完結できるので操作性がグッド。, 軽いレンズならまだいいですが、望遠レンズなどの重たいレンズを装着しているときに左手でレンズを支えていた手を頻繁に持ち替えるのって結構だるいんですよね。, 左側に取り残されてしまった画像再生ボタンをレンズマウント付近にあるファンクションボタンに仕込んでしまえば、本当の意味ですべての操作が左手で行えてしまいます。, モードセレクトダイヤルは簡素化され非常にすっきりした見た目。ダイヤル中心部を押しながら回すので触れただけでダイヤルが回ってしまうことがありません。, シャッターボタンの周りには「動画録画ボタン」「ISO感度設定ボタン」「露出補正ボタン」の3つが配置されているのですがこのボタンなかなか押しにくいんです。, グリップを握りながら操作することを考慮されているはずなのですが、ストラップをくくりつける三角輪がジャマして人差し指でボタンが押しづらい!, ということで、僕は以前からISO感度設定を「簡易設定」にすることでISO感度ボタンを押すことがなく親指のコマンドダイヤルのみで設定していたので、今回のZ6でも「ISO感度簡易設定」をすることに…。, 非常に残念ではありますが代わりにコマンドダイヤルオンリーでできる「露出補正簡易設定」を仕込んでおきました。, 絞り優先オートでシャッタースピードをISO感度でコントロールしていた僕にとって「ISO感度簡易設定」は必要項目だったのでこのZ6の仕様には残念。, アクセサリーシューカバーが付属されていました。最近のニコン機にはこのケチっていたのかシューカバーが付属されていたんですよね…。地味にありがたいポイントです。, ですが僕はオプションでニコン純正金属製シューカバーASC01を使っているのでこいつをZ6につけてやります。, よく見るとZ6のシューの色が黒っぽいシルバーになっているんですよね。僕が持っているASC01はシルバーなので色が合いません。, というわけでZ6に合わせるならメタルブラックのASC01BKの方を購入しましょう。, ニコンZ6に付属のレンズ「NIKKOR Z 24-70mm f/4 S」をセット。, NIKKOR Z 24-70mm f/4 Sはキットレンズでありながら単体価格10万円超えのナノクリ仕様のS-Lineレンズなんですよね。キットレンズだからといって侮ってはいけません。, ニコン一眼レフD750にAF-S24-70f2.8VRを組み合わせたものと比較すると、ミラーレスであるZ6のシステムが小ぶりだということがわかります。, 開放絞り値は違いますが両カメラとレンズは同じ24-70mmが撮影できる組み合わせです。, 重さの比較は700グラム以上。その上、レンズの全長がZ6+24-70f4Sの方が短くなり重心がカメラ側にあるので数字以上に軽く感じます。, NIKKOR Z 24-70mm f/4 Sは「沈胴式レンズ」なので撮影しないときは短く収納しますが、撮影するときはニョキっとレンズを伸ばして撮影をします。, 次にZマウントであるZ6に一眼レフ用レンズFマウントを接続するためのマウントが「FTZ」です。, もちろんGタイプレンズにも対応するために「絞りレバー」が搭載されています。Eタイプレンズ限定というわけではないのでご安心を。, とりあえず手持ちのレンズをFTZを使ってZ6にくっつけてみました。どんなルックスになるか気になる人に参考になればと思います。, ということで今回はニコンZ6 24-70+FTZマウントアダプターキットの外観を中心にしたレビューを行いました。, 小さなカメラはいくらでもありますが、フルサイズセンサーを搭載したカメラとそれに対応するレンズがこんなにもコンパクトに収まっているということがスゴイんです。, 今まではフルサイズカメラってのは大がかりだったので撮影がメインの時しか出番がありませんでしたが、ミラーレスであるニコンZ6に24-70f4Sの組み合わせはお散歩カメラや荷物を減らしたい旅行でも全然アリだと思います。, パパッと軽く撮影もやってみましたがニコン一眼レフでは苦手としていた「ライブプレビュー時のオートフォーカス」が合焦まで速くなったので、チルト式の背面液晶を使った撮影が実用的になったのが非常に喜ばしい!, 今回はファーストインプレッションということで簡単なレビューでしたが、近い日に実践レビューを行いたいと思います。, ニコン一眼レフとディズニーの組み合わせが一番の大好物。当ブログではカメラ初心者に優しくをモットーに、分かりやすくて楽しいを心がけて運営をしております。 愛機はニコンZ 6 & D5600 & D750. 最安価格(税込): ¥30,800 (前週比: ±0 ) 価格推移グラフ. ニコンZ6を買って以来、今まではパソコンに撮影を写真データを移す時にはZ6に直接USBケーブルを接続して取り込んでいたのですがこれが結... 【フォクトレンダー COLOR SKOPAR 35mm F2.5 PII レビュー】ニコンZ6 組み合わせ作例あり. fマウントレンズには、手振れ補正の付いていないレンズが多々あります。 画質優先で設計されているf1.4シリーズなどは手振れ補正機能が搭載されておりませんが、 このz6でアダプターを接続して使えば、 fマウントレンズも手振れ補正 になります。 B‚Ü‚½A¤•i‚É‚æ‚Á‚Ä‚Í‘I‘ð‚³‚ê‚½‚¨Žx•¥‚¢•û–@‚ð‚²—˜—p‚Å‚«‚È‚¢ê‡‚â. ... ニコンXQDカードでも使えるカードリーダー「SONY XQDアダプター QDA-SB1 J」を購入. Amazon スタイル: 4)レンズ 24-70mm + マウントアダプターキットバリエーション: 単品 Amazonで購入 小型軽量で、自分はニコンのD7100の後継で購入しました。 Z7と迷ったのですが、連射の速さと取り込みの速さ、メモリーの量からZ6を選択しました。 スタイル: 4)レンズ 24-70mm + マウントアダプターキットバリエーション: 単品 Amazonで購入 小型軽量で、自分はニコンのD7100の後継で購入しました。 Z7と迷ったのですが、連射の速さと取り込みの速さ、メモリーの量からZ6を選択しました。 ニコン Z 6 24-70+FTZ マウントアダプターキットについての情報を交換するなら、日本最大級の「価格.com クチコミ掲示板」で。交わされる情報の量と質は日本屈指のハイレベル! クレカ支払い 最安価格(税込): ¥31,416. ソニーのミラーレス一眼レフカメラのα7やα9でニコンのレンズを使う方法について分かりやすくまとめました。NikonレンズをSonyのカメラに装着したいけど何を選んだら良いのか分からない!という方の参考になれば幸いです。アダプターはK&F Concept社製やCommlite社製のCM-ENF-E1 PROがあります。 ニコンZ6に付属のレンズ「NIKKOR Z 24-70mm f/4 S」をセット。 NIKKOR Z 24-70mm f/4 Sはキットレンズでありながら単体価格10万円超えのナノクリ仕様のS-Lineレンズなんですよね。キットレンズだからといって侮ってはいけません。 >>> ニコンZマウントの「S-Line」とは|ニコン公式サイト. Nikonのミラーレスカメラ ZシリーズにFマウントレンズを使用することができます。, ミラーレスカメラ Zシリーズが発売されマウント変更され、Zマウントレンズを改めて購入することに躊躇している人も多いかと思います。, ですが、マウントアダプターFTZを使用すれば、ZシリーズでFマウントレンズを使用することができるよう設計されています。ただ、純正とはいえど規格の違うレンズ本来の性能が発揮できるのか、オートフォーカス速度が低下するのか、など、色々な疑問やモヤモヤがあると思います。, そこで今回は、Nikonのミラーレスカメラ Z6に マウントアダプターFTZでFマウントレンズを装着した場合の, ZシリーズのZ6 Z7に装着すると NIKKOR Fレンズ(いわゆるFマウント)を取り付けることができるマウントアダプターです。, これには理由があってZ6 Z7は、ミラーレスなのでレンズ接続部から、光を受けるセンサー面までの距離が短いためです。これをフランジバックが短いと言います。, そのため、ミラーレスのZ6のセンサー面をD850のようなFマウントカメラのセンサー面を合わせる必要があるためです。, Nikonが今まで設計してきたレンズのAI NIKKOR以降の約360種のNIKKOR FマウントレンズでAE撮影が可能で、, 画質優先で設計されているF1.4シリーズなどは手振れ補正機能が搭載されておりませんが、, これは本当にいいです。逆に今までのFマウントレンズが勝手にパワーアップしたように感じます。, Fマウントボディではできなかったことが、Z6にするだけで。瞳フォーカスも今までのレンズで使用可能になります。, 以下の動画は、Z6にFマウントレンズのAF-S NIKKOR 105mm f/1.4 EDを装着した状態で、, Nikon Z6に マウントアダプターFTZでNikon Fマウントレンズを装着した場合、本来の純正組み合わせであるD850+FマウントのAFスピードとの 大きな差異は確認できませんでした。, 数回のテスト中、若干の遅さ、迷いがたまに見受けられましたが、十分に実用範囲内であり、 マウントアダプターFTZ でのFマウントレンズの運用は実用的なものであると感じました。, ただ、動きの速い被写体をAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VRで撮影する場合には、本来のD850で用いた場合の方が早いように感じました。, まだまだ撮影テストが少ないので、また次回新たな発見があったら報告したいと思います。, ニコン Z50 16-50 VR レンズキット