気に入って頂けて、とても嬉しく思います。, 古楽器の繊細な響きが、なんとも言えない。 i92-93”N)@‘æ‚PW, ƒJƒVƒ…ƒJƒVƒƒƒ“(Va)AƒŒƒ”ƒBƒ“(Pf)^ECM 99 - I. Allegro vivace, ブラームス: チェロ・ソナタ第2番 ヘ長調 Op. ②ブラームス:チェロ・ソナタ第一番作品38 (チェロ)アリサ・ワイラースタイン (ピアノ)Gilad Shabani ※第一楽章のみ 私は断然①がいい。 【物故チェリストの録音の中から】 上記に私の好きな過去のチェリストのCD (81”N), ƒ”ƒ@ƒ“ƒg^–kƒhƒCƒc•ú‘—Œð‹¿Šy’c^BMG Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. フルニエ=バックハウス、望みうる最高の顔合わせが生んだこの二曲を代表する歴史的名盤。チェロのプリンス、フルニエの若鮎のような伸びやかさと陰影に満ちた表現、枯れた味わいのなかに青白い光彩を放つ円熟期のバックハウス。脂がのりきった時期の二人が互いの芸術性を十分尊重し、� ), バーンスタイン: 交響組曲「波止場」/チチェスター詩編/ミュージカル「オン・ザ・タウン」‐ 3つのダンス・エピソード, このエルマークは、レコード会社・ 。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, このショッピング機能は、Enterキーを押すと商品を読み込み続けます。このカルーセルから移動するには、見出しのショートカットキーを使用して、次の見出しまたは前の見出しに移動してください。, ブラームスの二曲のチェロソナタは作曲時期が二十年程離れている。第一番はまだ最初の交響曲が作られる以前に、第二番は四つの交響曲すべてが作曲された後の晩年にそれぞれ作曲された。前者は三楽章形式の短調の物悲しい曲で、後者は四楽章形式の長調の大らかな情熱的な曲であり、これに似た他の作品としてブラームスの二曲のピアノ協奏曲がある。これも前者は三楽章の短調の曲で、後者は四楽章の長調の曲である。加えて、それぞれの第一番作曲の過程にはシューマンの悲劇的な死とブラームスの母親の死が少なからず関わっている。これらには直接の相関関係はないが、このように対照的な曲を同じ分野で作曲している事がブラームスには多く見られる事は事実である。それが彼の人格をありありと物語っているのではないだろうか。, ピアノとチェロともに聴き応えのある名演です。がっちりとした演奏で、とてもブラームスらしいです。この曲を聴くなら必ず聴いておくべきでしょう。, 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. どちらかと言えば、やはり2番が最高かな。, あと、1番のモスクとグリモーの録音もすばらしい! ブラームス:チェロ・ソナタ 第1番 ホ短調 作品38. リンマーによるチェロとピアノ編), ブラームス: 6つのリート Op. Allegro, ブラームス: 5つのリート Op. 愛聴盤は 気品溢れる フルニエ/フィルクスニー盤、"大人の熱さ"を感じさせる シュタルケル/シェベック盤、"森の音"を感じる 自然な ビルスマ/オーキス盤です。 (87”N), ƒfƒ…EƒvƒŒiVnjAƒoƒŒƒ“ƒ{ƒCƒ€iPfj^EMI Allegro passionato, ブラームス: チェロ・ソナタ第2番 ヘ長調 Op. 先日、シャネル・ピグマリオン・デイズ2020という企画にて期間限定で公開された、好きなピアニスト平間今日志郎の演奏動画について書いた(下記リブログ元の記事参照)。, 平間今日志郎の動画公開期間はもう終わってしまったが、現在(2020年11月5日まで)は好きなチェリスト水野優也の演奏動画が公開されている。, 曲目は、ベートーヴェンのチェロ・ソナタ第4番、ヴェーベルンの「チェロとピアノのための2つの小品」(1899)、ブラームスのチェロ・ソナタである。, https://chanelnexushall.jp/featured/digital_concert/, ●ロストロポーヴィチ(Vc) リヒテル(Pf) 1962年6月4-9日セッション盤(NML/Apple Music/CD), ●フルニエ(Vc) W.ケンプ(Pf) 1965年2月パリライヴ盤(NML/Apple Music/CD), ●ペレーニ(Vc) シフ(Pf) 2001年12月、2002年8月セッション盤(NML/Apple Music/CD), ●ケラス(Vc) アレクサンドル・メルニコフ(Pf) 2013年10、12月セッション盤(NML/Apple Music/CD), ●フルニエ(Vc) バックハウス(Pf) 1955年5月セッション盤(NML/Apple Music/CD), ●ペレーニ(Vc) コチシュ(Pf) 1980年セッション盤(NML/Apple Music/CD), ●ケラス(Vc) タロー(Pf) 2017年3月セッション盤(NML/Apple Music/CD), 上記の名盤たちと比べると、速いパッセージ等での音程の確かさ、音のなだらかさといった点で分が悪いけれど、それでも他の多くの演奏よりは良い。, ルバートやヴィブラートやポルタメントを濫用しない、かといって無味乾燥でもない、品のある自然な表現が好ましく、その点では上記の名盤たちに共通している。, 先日、彼が日本音楽コンクールで優勝し(その記事はこちらやこちらなど)、全部門を通じての最優秀賞である増沢賞まで受賞したのも頷ける。, また、コンクールでも彼の伴奏を担当したピアニスト五十嵐薫子も、ベートーヴェンやブラームスに合った力強い演奏を聴かせている。, なお、この動画はシャネル・ピグマリオン・デイズ2020という演奏動画配信企画の一環だが、この企画の今後の配信スケジュールはこちら。, ↑ ブログランキングに参加しています。もしよろしければ、クリックお願いいたします。, (水野優也の演奏動画 ベートーヴェン チェロ・ソナタ第4番 ブラームス チェロ・ソナタ第1番) | たまにしか書かないけど日記。~クラシック音楽コンサート鑑賞記 in 関西~, CHANEL NEXUS HALLはシャネル銀座ビルディング4階で、コンサートとエキシビションの2つの柱をベースに、シャネルならではのユニークな企画を開催しています。. (96”N), ƒNƒŒ[ƒƒ‹i‚u‚ŽjAƒAƒtƒ@ƒiƒVƒFƒti‚o‚†j^DG フルニエ、バックハウス盤はまだ聴いていないと思います。これから聴く楽しみがあり探してみようと思います。 Tweet, 晩秋のこの時期、ブラームスを聴かずに何を聴くのか!という感じですね。ただ、私は晩秋という気候がない場所にいる為、ブラームスを聴いても、ピンときません(笑)。, さて、私もチェロ・ソナタは大好きです。チェロの音色自体が好きで、ブラームスのほの暗い曲想がまた素晴らしいですね。, 私が所有しているのはブルネロのCDです。ブルネロはイタリアのチェリストで、ブラームスを演奏するには音色が明るいかなという先入観もあったのですが、ブルネロのチェロの音色は格調高く、素晴らしいのです。, まだ南国にご出張中なのですか。お好きなブラームスを聴くのに最高のシーズンにご愁傷さまです。(笑), フルニエ/フィルクスニーはタワーレコードの販売なので他の店で売られているかどうかわかりませんが、チェロ好きのたろうさんならきっと気に入られることと思います。 ブラームス:チェロ・ソナタ 第1番 ホ短調 作品38. それはチェロ・ソナタ第1番と第2番です。そこで今日は晩秋にうってつけのこの曲を聴くことにしましょう。 チェロ・ソナタ第1番ホ短調op.38 ブラームスが32歳の時の作品です。第1楽章冒頭から渋く暗い旋律で始まります。 (75”N), ƒAƒoƒh^ƒxƒ‹ƒŠƒ“EƒtƒBƒ‹^DG 99 - II. (C)2015 Naxos Rights International Ltd. ガブリエル・シュヴァーベ[チェロ], ニコラス・リンマー[ピアノ], ブラームス[作曲], 1 ガブリエル・シュヴァーベ[チェロ], ニコラス・リンマー[ピアノ], ブラームス[作曲], 2 ガブリエル・シュヴァーベ[チェロ], ニコラス・リンマー[ピアノ], ブラームス[作曲], 3 ガブリエル・シュヴァーベ[チェロ], ニコラス・リンマー[ピアノ], ブラームス[作曲], 4 ガブリエル・シュヴァーベ[チェロ], ニコラス・リンマー[ピアノ], ブラームス[作曲], 5 ガブリエル・シュヴァーベ[チェロ], ニコラス・リンマー[ピアノ], ブラームス[作曲], 6 ガブリエル・シュヴァーベ[チェロ], ニコラス・リンマー[ピアノ], ブラームス[作曲], 7 ガブリエル・シュヴァーベ[チェロ], ニコラス・リンマー[ピアノ], ブラームス[作曲], 8 ガブリエル・シュヴァーベ[チェロ], ニコラス・リンマー[ピアノ], ブラームス[作曲], 9 ガブリエル・シュヴァーベ[チェロ], ニコラス・リンマー[ピアノ], ブラームス[作曲], 10 ガブリエル・シュヴァーベ[チェロ], ニコラス・リンマー[ピアノ], ブラームス[作曲], 11 ガブリエル・シュヴァーベ[チェロ], ニコラス・リンマー[ピアノ], ブラームス[作曲], 12 ガブリエル・シュヴァーベ[チェロ], ニコラス・リンマー[ピアノ], ブラームス[作曲], 13 ガブリエル・シュヴァーベ[チェロ], ニコラス・リンマー[ピアノ], ブラームス[作曲], ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ第17番「テンペスト」/第24番「テレーゼ」/第32番, クリストフ・ケーニヒ, ジャン・ミュラー, ソリスツ・ヨーロピアンズ・ルクセンブルグ, BBCウェールズ・ナショナル管弦楽団, ガブリエル・プロコフィエフ, ヤニフ・セガル, ボリス・ギルトブルグ, ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団, カルロス・ミゲル・プリエト, サン=サーンス: 交響曲集 第2集 - 交響曲第3番「オルガン付き」/交響曲 イ長調 他, ボリス・ギルトブルグ, リーズ・オーウェンス, ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団, Laidback2018 (DSD11.2MHz/1bit Direct 2CH ver. Adagio affettuoso, ブラームス: チェロ・ソナタ第2番 ヘ長調 Op. ブラームスはヴァイオリンが弾けましたし。また、甘美な旋律 で有名なヴァイオリン・ソナタ第1番「雨の歌」は、クララが好きだった歌曲から編曲されたためにそのタイト ルで呼ばれます。 99 - IV. トップページ 所有者ご本人が手放したのではなく、本人が他界されて親族が処分されたのではなかろうかと推測します。まぁ真実は分りませんけれど。, それにしてもウイーンフィルのトップ奏者の音楽性というのは本当に素晴らしいですよね。. 悪い曲とまでは思いませんが、いわゆる「渋い」ブラームスの魅力からは随分と遠い曲だと思います。, ハルくんさん、こんばんは。 (89”N), ƒo[ƒ“ƒXƒ^ƒCƒ“^ƒEƒB[ƒ“ƒtƒBƒ‹^DG All Rights Reserved. 47 - No. ウェーベルン:チェロとピアノのための2つの小品. | ブラームス ヴァイオリン・ソナタ集 ~隠れ名盤~ », 秋は夕暮。うら寂しく、人を恋しく思うころ、ひとり窓より外を眺め、ブラームスの調べなど聴きたるは、いとをかし。(清少ハル納言), 今年のあれほど長かった夏もいつしか終わり、気がつけばすっかり秋が深まりました。こんな季節には、やはりうら寂しいブラームスの音楽が最高です。上の写真は非常に珍しいブラームスの写真です。この人も深まりゆく秋に窓の外を眺めながら、自作のメロディを頭に浮かべては物想いにふけっていたのでしょうね。, 自称”ブラームジアーナー”の僕ですが、一昨年にブラームスの特集をした時に取り上げなかった曲があります。それはチェロ・ソナタ第1番と第2番です。そこで今日は晩秋にうってつけのこの曲を聴くことにしましょう。, ブラームスが32歳の時の作品です。第1楽章冒頭から渋く暗い旋律で始まります。いかにも晩秋の空気が漂い、心が沈んでしまいそうです。もっとも、このセンチメンタルな雰囲気がブラームスのファンにはたまらないのです。続くシンコペーションによる哀愁漂う旋律もブラームス以外の何物でもありません。う~ん、ブラームス! 続く第2楽章はメヌエット楽章ですが、やはり暗く感傷的な気分に溢れています。中間部の旋律も実に魅力的です。第3楽章はアレグロで音楽に緊迫感を感じます。, ブラームスが53歳の時の作品です。第1番に比べるとずっと明るさを感じます。第1楽章はいきなりチェロの高音で力強く開始されますが、勇壮さと輝きを持つ曲です。第2楽章はとても美しい曲ですが、同時にやはり渋さも感じます。第3楽章では再び明るくおおらかな気分を取り戻します。そして第4楽章はとてもリズミカルで南国的とも言える明るさを表出していて楽しいです。, という風に2曲の性格はだいぶ異なります。秋の夕暮れにふさわしい1番と、昼間の明るい陽射しを感じる2番と、絶妙な組み合わせの2曲だと思います。, ピエール・フルニエ(Vc)、ウイルヘルム・バックハウス(Pf)(1955年録音/DECCA盤) モノラル録音時代の名盤です。僕もLP盤で何度も聴いてきました。ブラームスの心のひだに触れるようなフルニエのチェロが素晴らしいです。音符の一つ一つを慈しむように繊細に奏でるのは、この人ならではです。バックハウスのピアノももちろん良いのですが、残念なのはモノラル録音なので、この人のベーゼンドルファーの柔らかく美しい音が充分に再現できていません。全体として、とても室内楽的で派手さやハッタリの少しも無い、地味ですこぶる滋味にあふれる演奏です。, ピエール・フルニエ(Vc)、ルドルフ・フィルクスニー(Pf)(1965年録音/グラモフォン盤) フルニエのステレオ再録音です。旧盤も素晴らしかったですが、やはり録音が良い分だけ、フルニエの繊細な音や表情を一層感じ取ることができます。フィルクスニーのピアノも実に素晴らしいです。仮にピアノがケンプか、あるいはバックハウスと再録音しても果たしてこれ以上の演奏になったかどうか。ですので僕はこれで十二分に満足しています。フルニエの旧盤同様に、実に室内楽的な演奏なのがまた嬉しいところです。このグラモフォン録音は長らく廃盤でしたがタワーレコードがCD発売してくれました。実に有り難いことです。, ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(Vc)、ルドルフ・ゼルキン(Pf)(1982年録音/グラモフォン盤) ロストロポーヴィチのチェロはいつものように太く厚い音で恰幅の良い弾きっぷりです。ですので第1番では、演奏が立派過ぎて曲想と少々マッチしないように感じます。ブラームスの侘しさや寂しさ、心の弱さが余り感じられないのです。シンコペーションのブラームス節も大げさでなんだかチャイコフスキーを聴いているようです。その点、曲内容が最初から立派な第2番については違和感を感じません。良い演奏だと思います。問題は第1番です。, この曲は、ヴァイオリン・ソナタほど幾つも演奏を聴いたわけでは有りませんが、いかにもブラームスらしい演奏を良質の録音で聴けるフルニエ&フィルクスニー盤は本当に最高です。, 投稿者 ハルくん 時刻 23時59分 ブラームス(室内楽) | 固定リンク 第1楽章: Allegro Non Troppo. Liebesglut, ブラームス: 5つの歌 Op. チェリスト、`ロストロポーヴィチとピアニスト、ゼルキンという巨匠2人の顔合わせによる演奏で聴く、ブラームスのチェロ・ソナタ集。ブラームスならではの味わい深い旋律が堪能できる作品。 (C)RS, ショパン:チェロ・ソナタ、序奏と華麗なるポロネーズ/シューマン:アダージョとアレグロ, 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題