プロ野球の寮の食事も、選手たちが美味しく食べられるように工夫がされています。, 球団によっては、寮で出されている食事が1軍の球場グルメになっているところもあります。, 「食」に続いては、「住」。 All Rights Reserved. 2017/12/02 16:25, たまたま今日、近鉄バファローズの寮監を務めていた阪本敏三さんにインタビューしたばかりなので、興味深く読みました!. 支えてくれる多くの人に感謝しながら、1日でも早く1軍で活躍し、人間としても大きく成長した姿を見せてほしいですね。, 選手や野球の知識に加えて野球の技術的なこと等あらゆる野球ネタを記事にしていきます! 大半の球団は、ご飯は自分でよそうようになっているのですが、その量はどんぶりいっぱいに達する選手もいます。, 摂取するカロリーは、約4000キロカロリーを超えるほどで、一般的な成人男性のおよそ2倍にもなるそうです。, なかには、この量がなかなか食べられない選手もいるようで、この食事がかなりキツく、先進的に追い込まれてしまう選手もいるようです。, 次に栄養素。 これもまたリラックス方法の一つとしては、いいのかもしれませんね。, 千葉ロッテマリーンズの公式YouTubeには、入寮風景の動画もアップされています。, 大物ルーキーが入寮する際に、よく寮に持ち込んだものがニュースで取り上げられているので、今オフに注目のルーキーが何を持ち込んでいるのか、注目してみるのもいいですね。, どの寮にも必ずあるのが、まずは部屋。そして、食堂。 プロ野球の寮には、専属の管理栄養士がいることがほとんどで、選手たちが摂取する栄養素を管理栄養士がしっかりと管理しているそうです。, また、どの選手も一律の栄養素を摂取するわけでもなく、それぞれの選手のポジションや、今抱える課題に合わせて、栄養バランスも変わってくるようです。, 例えば、運動量の多い投手は、登板の際にとても多くのエネルギーを消費します。 高校三年間を寮生活で過ごすことは、大きなメリットがあります。僕は高校時代を学生寮で三年間過ごしました。そこでこの記事では、これから寮生になるひとに向けて「高校三年間を寮生活で過ごすことで得られる3つのメリット」を紹介します。これから寮生になる人は一読を! そのため「公民館以下」「プレハブ」といったような酷評が多く、選手からも不満が続出していたようです。, なんでも「あの寮から出られるようになるぐらい活躍する」という目標で頑張る選手も多くいたようです。, 二軍のフランチャイズ球場である横須賀スタジアムそばに、新築の寮とトレーニング施設を新築しました。, 大物ルーキーを獲得するにあたって、その選手に魅力的に感じてもらうためにも、二軍の施設、そして寮の充実さは欠かせないポイントとなっているようです。, プロ志望の選手によっては、設備の乏しさから、入団したくない…。とこぼす選手もいるようです。, プロ野球の寮に住む選手は、先程もご紹介したように、入団して間もない若手選手が多くいます。 絶命パークの意味理由は楽天ホームゲームワースト(シーズン最多敗戦)…2019年は名称変更か? 部屋での過ごし方も、一人間として、そしてプロ野球選手として、非常に重要になります。, どのプロ野球の寮もほとんど変わらず、だいたい8畳ほどのワンルームタイプであることがほとんどです。 加えて、とても美味しそうですね。, いくら量を食べろ、と言われても、その食事が美味しくないと、単なる苦行になってしまいます。 VictorySportsNews編集部, 漫画家・コラムニスト トイレは部屋についているものの、お風呂はないパターンが多いです。, 部屋においてあるものは、リラックスグッズや安眠できるベッドが多く、とにかく部屋には、無駄なものがなく、疲れを回復できるようなものが多くあるようです。, 中にはゲーム好きな選手も多く、一人の選手の部屋に集まり、ゲームをするようなこともあるようです。 JRA史上初、3冠馬3頭が揃い踏み… 参戦を決めたそれぞれの理由, 巨人、大量16人「戦力外通告」の真相 原辰徳監督の戦略と台頭する“第7世代”の実態とは, 「2年連続最下位オリックスがなぜ“高校生”ばかり…」が的外れなワケ ドラフトウラ話【オリ・楽天編】, 他球団スカウト「あぁカープに獲られた!」「1番のビックリ指名はDeNAの…」 ドラフトウラ話【広島・DeNA編】, 「他のベテラン選手はどうしている?」オシムが日本でずっと気になっていた“あの選手”とは, 大山加奈が不妊治療の全てを明かした「キャリアと自分の人生、両方を手に入れられる社会になってほしい」, 自動車部品の検品をしていた遠野大弥はなぜフロンターレに? 「1年は待てません」から始まった福岡生活, 引退発表当日…オシムが語った“サッカー選手・中村憲剛”「できることなら撤回してほしい」. © Copyright VICTORY SPORTS NEWS. 社会人からの入団で、入団前に妻子がある選手や、外国人選手を除いて、ほぼ全員がドラフトで入団すると、入寮することになります。, 特に高卒ルーキーの選手は、社会人としてのマナーや、人間力を磨くことも必要とされているため、プレー以外の面では、この寮生活で鍛えていくことになります。, 普段、我々のようなプロ野球ファンにはなかなか明かされない、プロ野球選手の「寮生活」。, まずは食べることが出来ないと、一流のプロ野球選手になれないとも言われています。 正直これが4年続くと最悪でしたが、野球小僧の寮生活は1年で終了したのでよかったです。 しかし、ほとんどの大学が一度入寮したら卒業まで住み続けなくてはいけません。そこは理解しおいてくださいね。 寮に住むデメリット 1・すべてが順番待ち. 清宮フィーバーに沸いた2017年のドラフト会議を経て、自らの将来を決めた選手たちのお披露目となる、新入団選手発表会の季節がやってきました。プロ野球選手として新たな一歩を踏み出す選手たちにとって、新たな生活の場となるのが球団の寮。新人選手の入寮については、「時代に合っていない」「プライバシーを尊重すべき」などの声もありますが、寮生活は一体何のために必要なのでしょう?, 「今のご時世、寮はもう必要ないんじゃないかという意見もあると思いますが、私自身は必要だと思っています」 前横浜DeNAベイスターズ球団社長の池田純氏は、新たに球界入りする選手たちと直に接し、その成長を見つめてきた経験から寮生活の重要性を説きます。 「プロ野球選手には、野球一筋でずっとそれだけと向き合ってきたという選手が多くいます。そういう意味では、一般の社会と隔たりがあるように感じます。社会人として、そしてプロ野球選手としての“研修期間”は必要じゃないかと思います」 池田氏は、高校、大学、社会人とそれぞれの歩んできた道や経験、年齢によって大きな差はあるものの、野球に打ち込んできた選手たちが共通して学ぶべき社会人としての“イロハ”があると言います。 「社会人野球を経験して入団してくる選手は、やはり社会人としてのイロハがわかっている選手が多いですよ。でも、高校生でドラフト指名されて入団となった場合は、18歳の少年が突然プロになるわけです。これは日本独特の環境ですよね」 プロ野球選手としてはもちろん、社会人として、人間として成長過程にある選手たちをどう育てていくのか。それはある意味で、球団が担うべき“教育”だと池田氏は言います。 「“躾”と言うと誤解を招くかもしれませんが、野球の技術以外にも教えなければいけないことはたくさんあります。メジャーに限らず、アメリカでは高校からいきなりプロに行って、いきなり活躍するケースはほとんどありません。大学でいろいろなことを学び、自分のキャリアを考えながらプロに向かっていく。そういう道筋を社会として確立しています。プロで活躍できなくても、リーグからお金が出て大学に戻れる制度もあります。そういう意味では、競技の前にまず“教育”というのが根底にあるんです」 一方、日本では一度これと決めたらその道に没頭することが美徳とされ、学生時代の勉強もないがしろにされるケースも珍しくありません。 「“部活さえやっていれば机なんか捨てちゃっていいから”という空気もありますよね。一日中野球をしろとか、サッカーをしろ、といったなかで学生時代を過ごす選手も多い。だからこそ、寮が必要なんだと思います」, ベイスターズの球団社長として辣腕を振るった池田氏は、当時から球団の寮に注目し、その改革に乗り出していました。 「当時のベイスターズの寮は、『活躍したら出て行っていいよ』といったルールでした。まずそれを改めて、少なくとも入団から3年は寮生活を行うというルールにしました」 自由を制限されたと感じた選手たちからの反発はあったものの、池田氏は寮生活を経験することが彼らのその後のキャリアのためになると信じていたと言います。 「それまでも、寮から出ると開放感からか夜の世界を覚えてしまい、遊びがメインになってしまう選手がいたんです。以前、VICTORYのインタビューで、ダルビッシュ投手が『日本の選手がメジャーみたいに活躍できないのは、夜遊びに原因があるんじゃないか』と。ある程度遊ぶのも必要ですけど、バランスを崩したらいけませんよね」 寮生活の目的は、しっかりとした教育の下、社会人としてのイロハを身につけること。ベイスターズの寮では、毎週のように外部講師を招いて、さまざまなプログラムの講習会を開いていたと言います。 「税金のことから栄養学、筋肉のことまで、寮にいる選手たちにはいろいろな勉強をしてもらいましたね。複数年、一定のライン以上の活躍ができて、初めて退寮になるんです。私が社長だったときは、一軍でプレーする選手たちにも妻帯者以外にはなるべく寮に残ったほうがいいよと言っていました」, 退寮の制度の変更から手をつけた池田氏ですが、生活の場でもある寮の改革も同時に進めました。 「私が社長になる前は、寮の中でもたばこが吸えたんですよ。これには驚きました、すぐに撤去しましたよ」 池田氏が何より驚いたのが、プロアスリートが生活する場である寮に喫煙所があること。社会人としての教育と同時に野球に没頭できる環境づくりも徹底しました。 「イチロー選手は活躍してからもずっと寮にいたそうです。長嶋さんや王さんの時代でも同じですけど、プロ野球の球団の寮にはいつでもボールを打てるし、いつでも投げられる環境があるんです。思い立ったらすぐに練習ができる。寝るときにも、ピッチャーだったらボール、バッターだったらバットを枕元に置いて、いつでも練習できるくらいの環境があるんです」 プロ野球選手のなかには自宅に専用バッティングケージを作ったり、地下室にトレーニングルームを作ったりするケースもあるようです。 「内川聖一選手(ソフトバンク)の自宅がテレビで公開されていましたが、地下にはバッティングルームがありましたね」 しかし、新入団選手や若手選手がそうした環境を自力で手に入れるのは不可能です。しかし、寮の施設を利用すれば、いつでも練習できる環境が手に入るのです。 「イチロー選手はそういう意識が高くて、プロ野球選手である以上は、どんなに成功してお金を手にしても、いつでも野球に接していられる環境にいたいと思っていたんでしょうね。だから寮生活を続けていたんだと思います」 身体が資本の野球選手にとって重要な栄養面、食事でも寮生活のアドバンテージは少なくありません。栄養のバランスを考えた食事が提供されるのはもちろんですが、池田氏が明かしてくれたのは、ベイスターズ寮名物の「カレー」の存在でした。 「ベイスターズの寮にはいつでもカレーがあるんです。これは関係者の間では有名なんですが、大きいジャーの中にカレーとご飯がいつでもあるんです。卵やチーズなどのトッピングも置いてあって、選手たちはいつでも食べられるようになっています。栄養士とか寮母さんが提供する料理のほかにこのカレーが常備されているのは、選手によって食事の時間が定まっていないことも関係しています。ナイター設備がないところで試合をすることも多いファームの選手は帰りが早いんですけど、一軍でプレーしていると寮に帰ってくると寮母さんがもういないということもあるわけです。そういう選手たちがいつでも食べられるようにカレーが用意してあるんです」, 「寮母さんが言っていたんですが、『ベイスターズが強かった98年当時は夜中までカキーンカキーンって、いつもバットの音が聞こえた。今の選手はやらないから応援する気がしない』と。それを聞いたときにすごく悲しくなりました。プロ選手を相手にどうかという議論もありましたが、強制的に夜間練習をするよう言ったこともありますし、コーチも早く帰ってしまうような状況だったので、必ず誰か一人はコーチが寮に泊まるようにしたこともあります。コーチが見る、見ないではなく、そこに“いる”だけでも違うだろうと」 プロ野球選手の仕事はあくまでも野球。プロといえども、これまで部活で与えられたメニューをこなしてきた選手たちは、突然「自由にしていい」と言われると何をしていいのかわからなくなるという問題もあるようです。 「高校生や大学生、あるいはもっと小さい頃から、どうしっかりと教育していくべきかというのは、日本のスポーツ界の大きな課題です。そこは時間をかけてやっていかなければいけませんが、現状、プロ野球の新人選手には寮で教えていく必要があるのかなと思います」 寮で身に付けた習慣がプロとしてのキャリアの充実度、長短を決定づけるかもしない。希望に胸を躍らせてプロの世界に飛び込んだ新入団選手たちがどんなスタートを切るか? ファンには窺い知れない世界ですが、“はじめの一歩”は年明け早々に踏み出されることになることになります。, <了> 取材協力:文化放送 **************************** 文化放送「The News Masters TOKYO」(月~金 AM7:00~9:00) 毎週火曜日レギュラー出演:池田純 ****************************, 日本は、劇的な少子高齢化局面を迎えています。これまでのような、競技人口の多さを背景にした「ふるい落とし」型の選抜では、無理が出ることは自明です。では、どのような考え方が必要なのでしょうか? いわきスポーツアスレチックアカデミーアドバイザー・小俣よしのぶ氏に解説いただきました。, 19年ぶりに日本シリーズ進出を決めた、横浜DeNAベイスターズ。これから福岡ソフトバンクホークスという強敵との戦いが待っているが、多くの関係者・ファンにとって「頂上決戦に挑めること」そのものが大きな幸せだろう。そうした気持ちは、2016年まで5年間にわたって同球団社長を務めた池田純氏も同じだ。その池田氏が、いま思い出すのは「ある職員」の姿だった。(文:日比野恭三), 著者プロフィール 社会人になって間もない人たちと考えれば、遊びたい盛りであることは間違いないでしょう。, ちょっとはハメを外したくもなる選手もいそうですが、プロ野球の寮には門限はあるのでしょうか。, プロ野球の寮の門限はおおよそ23時ごろと言われています。 ほとんどの選手は、月に数万円を支払うそうです。, きっと、程なくして退寮すると見込んでいるからだと思われますが、薄給で生きている育成選手に対しても、初年度は免除などしてほしいですね。, 具体的な金額は、球団によって違うそうですが、年俸の低い選手にとっては、月数万円でも痛い出費となります。なので、それほど高い金額ではないそうです。, それもそのはず。チームには毎年のように新人選手が入って来る中で、寮にも人数の制限があります。なので、ある程度経ったら、強制退寮ということもあるようです。, プロ野球選手、そして社会人としての基礎を築いてくれる大事な場所となっており、どの選手も、後に寮長に感謝するシーンを多く見ます。 つまり、日をまたいだ時間ほど、遅くまでは外にいられない、ということになります。, しっかり、身体を整えるためにも、睡眠は不可欠ですから、夜深くまで外出するなどということは、多方面に悪影響を及ぼします。, ちなみに、あまりないそうですが、門限を破るようなことがあると、厳しい罰則があるようで、その他の素行が悪いと、なかなか一軍に呼ばれないといったことや、最悪の場合、戦力外通告を言い渡されることにもなります。, 夜遅くまで遊ぶようではなく、プロ野球選手として、まずは野球に集中してほしいのが、ファンとしての願いでもありますよね。, プロ野球選手が生活する寮。生活が保証される場ですから、その家賃がどうなっているのかは気になるところではあります。, プロ野球選手が寮に住む際は家賃を払うのでしょうか。 ある練習日、若獅子寮の一角にあるロッカールームを使っていた栗山巧が、若手選手たちに声をかけた。メットライフドームエリアの改修工事事業のひとつとして、これまで駐車場があった場所に、すでに新しい室内練習場と選手寮が完成を控えていた。寮生の引っ越し日も決まり、寮内の古いロッカールームを使う時間が残りわずかとなっていたときだ。, 「そんなに、かっこいい話やないんですよ。シンプルな理由です。もうすぐ引っ越すんやから、今からいらないものを整理整頓したほうが効率がいい。何より、これまでずっと僕ら選手は選手会を通して球団に『寮と二軍施設を新しくしてほしい』と言ってきた。それこそ10年近く前からずっと伝えてきたんです。やっとその希望が叶うんだから、『感謝の気持ちを持って使おうよ』と言いたかったんです」, 選手たちの希望を、選手会に幾度も伝えた側の栗山としては、間に立って交渉を続けてくれた元選手会役員に対する感謝の思いも強かった。選手が待ち望んだ新施設であることを栗山は入団2~3年目の若い選手にも知っておいてほしいと考えた。, 若獅子寮が建設されたのは、ライオンズが所沢移転を決めた1979年。当時としてはモダンな建物だったであろうと想像はつく。しかし栗山が入団した2002年の時点で、すでに築23年を迎えており、老朽化は進んでいた。, 「僕が入ったのは、グラウンドに接している部屋の端から4番目か5番目だったと思います。昔は1人、1部屋だったそうですけど、僕のときはすでに2部屋の間の壁をぶち抜いて、部屋が広くなっていました」, 『1988年のパ・リーグ』「10.19」の年に南海、阪急が!球団売買の知られざる真相。, いい顔に迫る資生堂クロストーク「ONE ON ONE」髙梨沙羅(女子スキージャンプ選手)×吉岡里帆(女優), 「“鹿島っぽさ”を大切に、サポーター目線のコンテンツを」 5Gマルチアングル観戦体験で見えたこと, 「SHISEIDO presents 才色健美 with Number」 最新コラム(大友愛さん)公開中!, ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。, 心で叫んだ…ヤクルト3位「なぜ指名して欲しくない選手だったか」 ドラフトウラ話【ヤクルト編】, 「24年もかかってごめんね」元SMAP森且行が3つに分かれた5人を再び“1つ”にした日, ドラフトウラ話【ソフトバンク・ロッテ編】 ホークス関係者が明かした「天才ショート探してます」その結果は?, 空前絶後のジャパンカップに!?