アロマチックビターズ・・・・1dash ソーダやジンジャーエールの適量は好みにもよりますが2~3倍希釈が一般的です, あとは好みの配合を見つけながらカクテル作りに挑戦してみてください。機会があったらぜひ本格的なバーでもウイスキーのカクテルを頼んでみましょう!味わいの違いに感動するはずですよ!, ここではバーボンを中心にアメリカン、カナディアン系のウイスキー(ライウイスキーを含む)をベースに使うカクテル全般を取り上げていきます。, バーボンをはじめとしたアメリカン系のウイスキーは香りや飲み口の甘さがわかりやすく、メープルシロップやバニラのようにニュアンスが強いためカクテルに使いやすいウイスキーです。, ウイスキーカクテル初心者はまずここに載っているカクテルから挑戦するとよいのではないでしょうか?, 標準レシピ 角砂糖・・・一個 アメリカン(カナディアン)ウイスキー・・・・・・45ml

グレナデンシロップ・・・1/2tsp ホットコーヒー・・・・適量 ミント・・・・適量 ジンジャーエール・・・・適量 カクテルの日にはカクテルをお得に召し上がっていただける企画を検討中ですので、宜しくお願いします。 さて本日は『ロブロイ』をご紹介します。 ロブロイとは、スコットランドの有名な義賊、赤毛のロバートこと、ロバート=ロイ=マクレガーの通称です。

1894年ににニューヨークのウォルドルフホテルのバーテンダーがスコットランド人のロバート・ロイ・マクレガーの人生をテーマとしたオペレッタの初日を記念して作られたカクテル。 ライムジュース・・・・20ml カクテルのアイコン的存在のコリンズは1820年代から続くクラシックなカクテルであり、シーバス同様、英国からニューヨークに渡り、再び英国へ戻りました。, 1894年ににニューヨークのウォルドルフホテルのバーテンダーがスコットランド人のロバート・ロイ・マクレガーの人生をテーマとしたオペレッタの初日を記念して作られたカクテル。別名スコッチ・マンハッタンとも言われるこのカクテルをシーバスで創り、自分のストーリーを語ろう。, このカクテルの名前に決して騙されてはいけない。時代を超越したこのカクテルは20世紀初頭に人気を博した。冷やしたグラス、甘いオレンジオイルの香り、そして砂糖とビターの滑らかで柔らかいバランスがこのカクテルの主役はシーバスである事を保証する。, グラスの底にリンゴのスライスを置き、上からシーバスを注ぎ、数分待つ。リンゴを先に置く事により、ウィスキーと馴染ませ、シーバスの果実の香りを引き立てます。, 大きめの氷を入れる。レモネードをゆっくり注ぐ。その酸味がウィスキーの蜂蜜の味との絶妙なバランスを取ります。, 炭酸水を注ぐ。炭酸水がカクテルの味わいを深め、甘さを落とし、シュワシュワとした口当たりが加わります。, 飲酒は20歳を過ぎてから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。お酒は適量を. ソーダ・・・・20ml マンハッタンは世界で最も有名なカクテルの1つです。別名"カクテルの女王"。マリリン・モンロー主演の映画に登場し、広く知られるようになったと言われています。マンハッタンのレシピや美味しく作るポイント、飲み方、アレンジレシピなどご紹介します。

バーボンウイスキー・・・・30ml

ロブロイの酒言葉、カクテル言葉は 「貴方の心を奪いたい」 といった意味があります。まさに告白のためにある様なカクテル言葉になっており、カクテル言葉の意味を知っていたらドキッとしてしまいそうなカクテル言葉になっています。

チェリーブランデー・・・・15ml カクテルの王様、というと何を思い浮かべるだろうか? 殆どの人は「マティーニ」と答えるだろう。では女王様は? カクテルの発祥地はロンドンの高級ホテル「ザ・サボイ」のバーで、バーテンダーのハリー・クラウドッグの手によって生み出されました。, ロブロイのカクテル言葉は、「あなたの心を奪いたい」。ロマンチックな雰囲気の言葉ですね。好きな男性からこのカクテルを出されたら、今後の展開をちょっと期待してもいいかもしれませんよ♪, ・スコッチウイスキー...... 90cc 3. www.oishikerya.com バーボンウイスキー・・・・・・30ml

「今日は少し変えてみますか?」 温めたホットタンブラーに材料を入れて混ぜ、お好みでスパイスやレモンを加える。, 寒い日に芯から体を温めてくれるホットカクテル。基本はウイスキーのお湯割りですがレモンスライスやスパイスを加えてアレンジすることでいろいろな味わいを楽しむことができるカクテルでもあります。, こういったちょっと古臭い感じもするカクテルは最近はあまり流行らない傾向にあるのですが、しっかりと作ればとても美味しいカクテルでもあるのでぜひチャレンジしてみてほしいですね。, 筆者も日ごろ楽しんでいるさまざまなウイスキーベースのカテクルを紹介してきましたが、カクテルは作る人によって使う材料や作り方に違いがあるので、ぜひお店の方に委ねてウイスキーベースのカクテルを楽しんでみてください。, 特にウイスキーベースのカクテルはベースに使うウイスキーのチョイスにもセンスが問われます。どんなウイスキーを使ってカクテルを作ってくれるのかも気にしながら飲んでみると楽しみも広がりますね。, 飲み手としてもウイスキーのカクテルをより深く味わうためにウイスキーそのものの知識もできればある程度は深めておきたいところです。, もしどうしても作ってもらえるところが近場になければ自分で作ってみるのもおもしろいですよ。案外飲みに行くより材料や道具を揃えるほうが安くすんでしまうかもしれませんね。, ウイスキーベースのカクテルは他のカクテルと比べてとても難しいという話もよく聞きますが、そのぶん上手に作られたウイスキーベースのカクテルはそれ自体がもともと完成されたお酒だったかのような複雑な味わいを楽しむことができます。, あわせて読みたい記事