坂本 隆. 13532 0 obj<>stream 0000001141 00000 n 13528 0 obj <> endobj 監査委員. ߳On��{��5Z� 2020年6月、三菱自動車に勤めていた男性社員(当時47歳)が2019年2 薮中 三十二. d��K�5@W�me�5ܱ��YUIU`#]A(�p��K8Ў�n��?V����5�&d�Yj���.-9��j�����}�vB��V"�dQSF �^|8&g�Mi�� 設立. ニュースリリース 組織・人事. 三菱自動車のオフィシャル企業サイトです。三菱自動車のクルマづくり、製品情報、企業情報、csr、投資家情報、採用情報、ニュースリリースなどをご紹介します。 0000009012 00000 n xref 売上高. <<378a274257375e4b96ad0b605910271d>]>> 2,270,276 百万円. 単体. 三菱自動車工業株式会社(みつびしじどうしゃこうぎょう、略称:三菱自動車(みつびしじどうしゃ)・三菱自工(みつびしじこう)、英語: Mitsubishi Motors Corporation、略称:MMC)は、日本の自動車メーカーである。1970年に三菱重工業から独立した。2003年にはトラック・バス部門を分社化(三菱ふそうトラック・バス)。2016年10月に日産自動車が筆頭株主となり、日産自動車とフランスのルノーと共にルノー・日産自動車・三菱自動車[3][4]を構成している。, 三菱自動車工業は、日本の自動車メーカーのひとつであり、1970年に三菱重工業から独立した会社である。, 2016年の販売台数は92万6000台で、内訳は北米13万8000台、欧州17万9000台、日本8万0000台、アジア31万5000台、その他21万4000台[5]。日本国内での登録台数シェア(≒販売台数シェア)は、2017年で0.9%、2018年で1.1%という企業である[6]。, (日本では、1904年に山羽虎夫によって日本車第1号と言われている「山羽式蒸気自動車」が製作され、1911年には東京府東京市麻布区(現在の東京都港区麻布)に「快進社自働車工場」(日産自動車の源流)が設立され、日本初のエンジンまでも含めた純国産車を開発し、また1916年にはアロー号が製作されたという歴史があるわけだが →日本車#歴史) 三菱自動車 工業株式会社 ... 2017年(平成29年)11月に施行された技能実習適正化法に基づく措置であり、三菱自動車は2019 年から2024年までの5年間、外国人技能実習生の新規受け入れが出来なくなった。 社員の過労自殺. 0 0000028093 00000 n ログイン top ... 2019年03月13日. 指名委員長、報酬委員. トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、2020年4月1 0000092210 00000 n cqe. 品質企画室. 0000012057 00000 n 三菱自動車工業 株式会社のプレスリリース 組織改正・人事異動 . 0000001923 00000 n 0000000919 00000 n 1970 年 4 月 22 日. 三菱電機について 役員・組織. 0000028544 00000 n 0000027873 00000 n 相川哲郎社長は、4月26日に石井啓一国土交通大臣への報告後の記者会見で改めて謝罪し、三菱自動車工業について「会社の存続に関わる程の大きな事案」と述べた[54]。低排出ガス車認定制度(エコカー減税)について、高市早苗総務大臣は「燃費が変わった場合は、その差額(自動車重量税や自動車取得税)を納めて頂く」と述べている。, さらに、軽自動車に限らず1991年(平成3年)以降に発売した全て車種において、違法な方法で燃費試験をしていたことも明らかになった[55]。さらに後日、1991年(平成3年)から25年間に渡り、10・15モード燃費で計測した燃費データの偽装をしていたことが発覚した。詳しい車種及び台数は現時点で調査中とするものの、今後さらに増える可能性がある[56]。, 1991年(平成3年)以降に、三菱自工が製造した全ての車両において、以下のいずれかまたは、複数の違法行為が行われていた。なお当該車両については、開発段階において正規の走行試験を行っていなかったものの、事件発覚後に行った惰行法による燃費測定の結果、差異が3%以内に留まったことから、三菱自工は販売停止等の処置は行わないとしていた。, しかし、3パーセントの乖離を重く見た国土交通省は、三菱自動車が改めて提出するデータを「信用できない」として、5月2日から独立行政法人交通安全環境研究所で独自に測定を行った結果、9車種中8車種において最大15%の差が生じており、三菱自工による再測定のデータを、8月30日に国土交通省に提出したレポートにおいても、不正計測が行われたことが発覚した。これを受け、三菱自工は販売停止等の処置をとることとなった。, 軽自動車の不正では、三菱自動車は燃費目標達成業務を、子会社の三菱自動車エンジニアリング(MAE)に丸投げしていたほか、子会社が実施した試験方法が「高速惰行法」であったこと、さらに、試験結果が意図的に低い値を抽出した捏造であることを知りながら、その内容を承認していた。この件について、益子会長は力のない子会社に、レベルの高い車の開発を丸投げしたことが、事件の背景にあると述べている[59]。, この一連の燃費不正問題について、該当車種の所有者を始めとした24都道府県の88人が、総額約1億3,000万円の損害賠償を求め、三菱自工を相手取り2016年(平成27年)12月16日に大阪地方裁判所に集団訴訟を提起して、係争中である[60]。, 法務省と厚生労働省は、三菱自動車工業岡崎製作所(愛知県岡崎市)において、溶接作業を学んでもらうため受け入れたフィリピン人の技能実習生27人に対し、本来の計画になかった、自動車の組み立てなどに従事させていたことが2018年5月に明らかになった[61] ことを受けて、法務省は2019年(平成31年)1月25日付で、三菱自動車の実習計画認定を取り消す行政処分を下した。, 2017年(平成29年)11月に施行された技能実習適正化法に基づく措置であり、三菱自動車は2019年から2024年までの5年間、外国人技能実習生の新規受け入れが出来なくなった。, 2020年6月、三菱自動車に勤めていた男性社員(当時47歳)が2019年2月に自殺したのは、長時間労働により発症した精神疾患が原因だったとして、三田労働基準監督署が労災認定していたことがわかった[62]。, 遺族の代理人弁護士によると、男性社員は1993年に新卒で三菱自動車に入社[63]。エンジニアとして長く商品開発に携わっていたが、2018年1月からそれまで経験のなかった商品企画部に配属され、日産自動車と共同開発した軽自動車(eKワゴン・eKクロス)の商品企画を担当[63]。単身赴任して住んでいた社員寮では平日の夜も会社のパソコンで仕事をしており、休日に妻と娘がいる自宅に帰った際も近くの図書館で仕事をしていた[62]。両社の意向を調整する業務に従事する中で、板挟みになり強いストレスを抱えていたという[63]。2019年2月7日、男性社員は社員寮で練炭自殺した[63]。, 遺族から労働災害の申請を受けて労働基準監督署が調査した結果、亡くなる直前の1か月の残業時間が「過労死ライン」と言われる100時間を超える139時間以上にのぼっていたことが分かった[64]。男性社員は休日もパソコンを使って働くなどしており、実際の労働時間はさらに長かったとみられる。健保組合から支給されたスマートウォッチの記録では、亡くなる前の1カ月のうち22日は睡眠時間が6時間に満たなかった[65]。三田労働基準監督署は男性社員が自殺したのは残業が急増するなどした結果、精神疾患を発症したのが原因だったとして、2020年5月28日付で労働災害と認定した[64]。, 三菱ケミカルホールディングス - 三菱ガス化学 - 三菱ケミカル(注4) - 大日本塗料 - 田辺三菱製薬(注2), 三菱UFJ銀行(注2) - 三菱UFJ証券ホールディングス - 三菱UFJ信託銀行(注2) - 三菱オートリース - 三菱UFJニコス(注2) - 三菱UFJリース(注2), 三菱総合研究所 - 三菱スペース・ソフトウエア - 日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ, フジサンケイグループ(フジ・メディア・ホールディングス) - 三菱財閥 - 歴代総帥(初代:岩崎弥太郎 - 2代:岩崎弥之助 - 3代:岩崎久弥 - 4代:岩崎小弥太) - 岩崎家 - 旧岩崎邸庭園 - スリーダイヤ - 丸の内 - ダイヤモンドカップゴルフ - 三菱未来館三菱グループのポータルサイト - 三菱金曜会 - 三菱広報委員会, あくまで「日本国内向けの日本車」としてはじめてということであり、いずれかの条件を満たさなければ前例は存在する。日本に於ける輸入車には前例(, 2010年8月5日から、三菱が現在発売する全ての軽乗用車(eKワゴン・eKスポーツ・トッポ・i・パジェロミニ・タウンボックス)及びミニキャブに、同年8月18日よりギャランフォルティス・ギャランフォルティス スポーツバックに、同年9月2日よりパジェロ・アウトランダーに、同年10月7日よりミニカバンに、同年10月8日よりランサーエボリューションXにも適応。デリカD:2など他社からOEM供給される車種は対象外となる, 前半(「〜つくる」まで)と後半とではフォントの形状が異なる(例:同じ種類で後半のサイズが大きい、前半は明朝体で後半はゴシック体)。, MITSUBISHI MOTORS BEAT NAVIGATION MEET THE BLITZ, MITSUBISHI MOTORS SPECIAL 赤坂泰彦・TALK 2 TALK, MITSUBISHI MOTORS PRESENTS Heart-Beat Style, “アライアンス 2022: 年間100億ユーロのシナジー創出を目指し年間販売台数1,400万台、売上高合計2,400億ドルを見込む”, https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-0353cff056039ba7d850d30c2000dc30-170915-01-j, “ルノー・日産自動車・三菱自動車、「Microsoft Azure」をベースとした「アライアンス インテリジェント クラウド」を立ち上げ”, https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2019/detailj320.html, https://web.archive.org/web/20090914054921/http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200909120014a.nwc, https://web.archive.org/web/20080519214518/http://www.carview.co.jp:80/news/0/72384/, http://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/corporate/2013/news/detail4713.html, http://news.donga.com/3/all/20080923/8633889/1, http://japanese.joins.com/article/052/148052.html, https://www.mitsubishi-motors.com/jp/corporate/pressrelease/products/detail532.html, http://www.mitsubishi-motors.com/jp/corporate/pressrelease/images/contents/newsrelease/ja/img/ceo_cv.pdf, “三菱自動車、ミツビシモータース・グローバルサプライヤープレナムを開催~ 新しいコミュニケーションを構築する初めての試みとして ~”, http://www.mitsubishi-motors.com/jp/corporate/pressrelease/corporate/detail34.html, https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-88710b41e418279f65bc8166ca38ac7d-040212-01?year=2004&month=2, http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20090906AT1D0407804092009.html, http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-11451920090911, http://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/corporate/2013/news/detail4696.html, “ルノー・日産アライアンスと三菱自動車 広範囲に及ぶグローバルな商品・技術における協力関係を検討”, http://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/corporate/2013/news/detaildb05.html, https://global.nissannews.com/ja-JP/releases/release-0535bbd5cbd5194c659e1db21843ce1a-131105-01-j, http://www.huffingtonpost.jp/autoblog-japan/mitsubishi-factory-in-the-us_b_8965746.html, http://response.jp/article/2016/02/03/269098.html, “日産自動車と三菱自動車、戦略的アライアンスを締結 日産、2,370億円で三菱自動車株34%を取得へ”, http://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/corporate/2016/news/detailg513.html, https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00411242, http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG27H97_X20C17A1CR8000/, “三菱自動車、次の100年に向けて新ブランド・メッセージ“Drive your Ambition”を策定”, http://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2017/detail5130.html, https://www.mitsubishi-motors.com/content/dam/com/ir_jp/pdf/irnews/2018/20180220-02.pdf, “MAI株式会社による当社株式に対する公開買付けの結果並びに主要株主及びその他の関係会社の異動に関するお知らせ”, https://www.mitsubishi-motors.com/content/dam/com/ir_jp/pdf/irnews/2018/20180321-01.pdf, https://www.asahi.com/articles/ASL5L5J6GL5LOIPE026.html, RENAULT-NISSAN-MITSUBISHI AND GOOGLE JOIN FORCES ON NEXT-GENERATION INFOTAINMENT, https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37941650Z11C18A1MM8000/, https://www.mitsubishi-motors.com/content/dam/com/ir_jp/pdf/irnews/2017/20170523-01.pdf, https://web.archive.org/web/20150723230541/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150724/k10010164031000.html, http://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/corporate/2016/news/detailg420.html, “三菱自の不正を見抜けなかった国土交通省の責任は -曖昧な「燃費審査」- (1/2)”, http://autoc-one.jp/mitsubishi/special-2675906/, https://thepage.jp/detail/20160426-00000015-wordleaf, http://www.asahi.com/articles/ASJ5B5D79J5BUTIL02M.html?iref=comtop_6_04, http://www.sankei.com/economy/news/160615/ecn1606150010-n1.html, http://mainichi.jp/premier/business/articles/20160519/biz/00m/010/017000c, http://mainichi.jp/articles/20161217/k00/00m/040/073000c, https://web.archive.org/web/20180526185948/https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180525/k10011451931000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001, https://www.asahi.com/articles/ASN6K5F5FN6KULFA00Q.html, “三菱自動車マネージャーの練炭自殺、労災認定 「新型車の発売前に業務多忙となった」”, https://response.jp/article/2020/06/18/335689.html, https://mainichi.jp/articles/20200617/k00/00m/040/211000c, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=三菱自動車工業&oldid=80277042, 9月4日 - 電気自動車アイ・ミーブをベースにした欧州向けモデルをプジョー・シトロエンにOEM供給する基本契約締結を発表した。2010年10月から生産を開始して2010年末に発売した, 9月10日 - クライスラーは、2005年からミシガン州ダンディで合同生産していた三菱と現代自動車との低燃費車向けエンジンの合弁生産事業を解消したと発表した。三菱・現代両社は8月末までに、合弁工場の出資分をクライスラーに売却していた, 5月 - 軽ボンネットバンでもっとも長い歴史を持っていたミニカバンの生産が終了(翌月末をもって販売終了)。これによりミニカの商標は名実共に8代49年の歴史に幕を下ろす結果となった。, 5月12日 - 発行済み株式の34%を日産自動車が取得し事実上傘下におさめる予定が発表された, 10月20日 - 日産自動車が三菱自動車の株式を34%保有する単独筆頭株主となり、ルノー・日産アライアンスの一員に加わった。, 10月31日 - Jリーグ・浦和レッドダイヤモンズへの出資について、日産自動車との資本提携に伴い、同一会社が複数クラブを傘下に置くことを禁じるリーグ規則への抵触回避のため, 12月14日 - 日産自動車会長兼社長のカルロス・ゴーンが代表取締役会長に就任(CEOは益子修社長が継続)。, 12月22日 - ルノー=日産アライアンスの傘下に収まった関係上、2019年頃から日産主導開発のプラットフォームアーキテクチャ「, 改正の要点として、データ捏造など不正手段により取得された型式指定の取り消しや、罰則の強化(従前では、違反者・法人に対して30万円以下の罰金刑)から、違反者に対して1年以下の懲役刑若しくは300万円以下の罰金刑、又はこれらの併科、法人に対しては2億円以下の罰金刑の強化などが盛り込まれた。, 3月 - 三菱商事の完全子会社であるMAI株式会社が、三菱重工業・同社傘下の匿名組合・三菱東京UFJ銀行などから、, 11月22日 - 取締役会にてカルロース・ゴーンの代表取締役及び会長の解職を決議した。次期、株主総会にて取締役から解任される予定。, 12月末 - 第一田町ビルの再開発に伴い、msb(ムスブ) Tamachi 田町ステーションタワーSに本社移転(稼働は2019年1月より)。但し、本社ショールームは本社移転後も2019年5月15日まで第一田町ビルに残った, 2017年6月の株主総会における定款の一部変更に伴い、社長の肩書を取りやめている。, 欧州債務危機の影響で、オランダでの生産は2012年末で終了(2011年2月6日発表), 三菱自動車カーライフプロダクツ - ROAR(ロア)ブランドでのカー用品開発・販売などを展開。, この頃から「MITSUBISHI MOTORS」になる(提供表示は現在も継続、読み上げは2009年6月末まで続いた)。, 2009年7月からは読み上げも「三菱自動車」に再度変更。ただし、上記の通り提供表示はそのまま。, 試験結果の中から「恣意的に低い値だけ」を抽出し、燃費値に有利な走行抵抗値に見せかける.