ところが私たちは、他人の死を見たり聞いたりしても他人事、他人事、と聞き流してしまい、やがて必ず自分にやってくることだということを忘れてしまっているのです。 白骨を見つたときは、驚いた旅人も、次第に慣れて平然と、白骨の野原を歩くようになりました。その旅人の前に、突如、唸り声とともに現れたのが餓えに狂った獰猛な虎なのです。 世界中では1秒間に17名の方が亡くなっていると聞いたことがあります。この日本では約20秒に1人の方が亡くなっているそうです。 一日に直すと、世界では 15万人の方が日本では 3千3百人が亡くなっています。まさに雨露のように人の命は消えているのです。 旅人は白骨を見つけて、ドキッと驚きました。白骨を拾ったときの驚きとは他人の死を見たり聞いたりしたときの驚きをたとえているのです。 自殺で亡くなった主人は、きちんと成仏しているか気になり霊媒師に聞いてみた。霊媒師によって答えが違う。騙されているかもしれないと思いつつ複数の視える人に聞いてみた。大切なことは、遺された私たちが人生を楽しく生ききること。 一日に直すと、世界では 15万人の方が日本では 3千3百人が亡くなっています。まさに雨露のように人の命は消えているのです。 亡くなった人の気配を感じたり、「これはあの人からのサインかも」と思ったことはありませんか?, この記事では、亡くなった人が伝えようとしているサインの種類とそのメッセージの意味をご紹介します。, 亡くなった人はあなたのすぐそばで見守っていて、あなたを幸せに導くようヒントを出してくれたり、進むべき道を間違えないよう注意をするためにサインを出してくれます。, LINEやメールをしようとしていた相手からタイミングよく連絡が来たりした経験はありませんか?, そういったまるで”テレパシー”のような現象や、奇跡のような出来事が起きるのは、亡くなった人からのあなたへのサインです。, 誕生日や記念日など、亡くなった人とあなただけの”特別な数字”が偶然目に飛び込んでくることがあります。, 車のナンバープレートやロッカーの番号、レシート、テレビ場組など、様々な場所でサインは現れます。, あなたに気づいてもらえるようなタイミングでサインが現れますから、普段から気を張ってサインを探す必要はありません。, 香水やシャンプーの匂い、タバコの匂いなどがフワっと漂って、まるで亡くなった人がすぐそばにいるように感じることがあります。, たとえば、よく一緒に歩いた街角の金木犀(キンモクセイ)の匂い、行きつけだった喫茶店のコーヒーの香りなど、あなたとの思い出に関係する匂い使ってサインを送ってくれているのです。, あなたが一人で部屋にいるときに”亡くなった人の気配”を感じるというのも、サインの1つです。, 怖がったりせず、「そばにいてくれてありがとう」と、あなたがサインを受け取ったことを伝えてあげましょう。, 多くの場合、原因不明の不具合やエラーは一時的なもので、しばらく経つと元通りになります。, あなたのもとに近づいてくる動物がいたり、虫があなたの注意を引くかのように飛んでいたりしたら「これはサインかも」と考えてみましょう。, あなたが一人で部屋にいるときや仕事中、街を歩いているときなどに、誰かに見られているような視線を感じたのなら、亡くなった人からのサインかも知れません。, どこから見られているのか分からなかったり、自分の身長よりも高いところからの視線を感じるというケースが多いです。, 頭を撫でてもらった気がしたり、腕や肩などに触れられた気がするというのも亡くなった人からのサインです。, 手で触れられているような感触だったり、温かいものがフワっと触れたような感覚で、驚いてしまうことも多いかも知れません。, これは、あなたが落ち込んでいたり、なにかを頑張っているときに感じることが多いサインです。, あなたに話しかけようと肩にポンと手を置いたり、頭を優しく撫でて「よく頑張っているね」と伝えようとしています。, 「亡くなった人が応援してくれているんだ」とサインを受け取り、前向きに頑張る姿を見せてあげましょう。, 「自分が好きだったものをあなたにも楽しんでほしい」というメッセージを送っていて、あなたの気持ちが知らず知らずのうちに影響を受けているのです。, 亡くなった人からのサインで、ふとした瞬間に無性になにかをしたくなることがあります。, これは亡くなった人があなたと一緒に美味しいものを食べたり、出かけたりしたいというメッセージです。, 亡くなった人に会いたいというあなたの気持ちと、お相手の意識が共鳴して、夢の中で再会するというサインが現れます。, 夢の中の出来事を覚えているのは難しいことですが、悪い印象じゃないのならなにも心配する必要はありません。, こういう内容だったのであれば、亡くなった人があなたのことを心配している可能性が高いサインです。, 「あなたが今進もうとしている道が間違っていないか」 ショッキングな事件や事故で誰かが亡くなったことを聞くと私たちはドキッとします。通ったことがあるトンネルが落盤して数名の方が亡くなったと聞くと、「ああ、あのトンネル通ったことがある、自分だったらどうしよう」とぞっとします。近所の知人が突然亡くなったと聞くと「えっ、まさかあの人が・・人間の命ってわからないものですね」とドキッとします。 ブログを報告する. 興味半分で読み進めていくうちにこの実在しているのかわからない霊媒師に相談してみたくなった。, 誰かもわからない、本当に視える力があるのかわからないネットだけの情報ですが申し込んでみることにした。, 主人の事、長女の事を相談してみた。私の写真を添えた。写真で霊がついているかわかるという。, それでも嫌な夢を最近よく見るし、眠れないという長女のために何とかしたいと気持ちが怖れを上回った。, その他、長女に対する助言、私に対する今後の生き方に対する方針等、説教臭い感じではなく温かな励ましが綴られていた。, 翌年、京都の友人が、舞鶴に力のある霊媒師がいるので予約したから長女連れておいでという。, その霊媒師は、長女に主人が頼っていると言い、別部屋へ連れていき、瞬間にお祓いをしてくれた。, そんな世界、信じる、信じないということよりも嘘でも良いので長女がそれで元気になってくれたこと、初冬の京都を娘と旅行できたことが何よりだった。, 安かったから安心したけど心が弱っていると幾らでもお金を出してしまうこともあるかもしれないと感じた。, 今までは、娘に見せる場所ではないと思って場所も曖昧にしていたが縁があって出会った長野の視える方にきちんと三人でご主人に向き合ってくださいと助言を頂いた。, いろんな説があり、心惑わされることもありますが今回は、一つの区切りとなり、良かったと思う。, 淋しくなったら空を見上げると大切な人が見守ってくれているということが一番しっくりきます。, glorymさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog | 私たちの足元には無数の白骨が散らばり白骨の野原を歩いているのが私たちということでしょう。 亡くなった人の気配を感じたり、「これはあの人からのサインかも」と思ったことはありませんか? この記事では、亡くなった人が伝えようとしているサインの種類とそのメッセージの意味をご紹介します。 亡くなった人からのサインを見落としたりしないよう、大切に受け取ってください。 テレビや、新聞を見ると毎日のようにどこかで誰かが亡くなったことが報道されています。災害で、事故で、事件で、病気で、いろんなの訃報が報道されない日はないといってもいいでしょう。 亡くなった年齢ごとに芸能人や作家、スポーツ選手をまとめました。 亡くなった年齢 芸能人、スポーツ選手、作家、芸術家、政治家など; 0歳 で亡くなりました No Image. 「一人で悩みを抱えて落ち込んでしまわないか」, 夢の中でアドバイスが聞けなかったのなら、「あの人ならこんな風にアドバイスをくれるだろうな」と亡くなった人が伝えたいことを考えてみましょう。, 気づかずに過ごしてしまうような小さなサインから、驚いてしまうような明確なサインなど種類は様々です。, 亡くなった人からのサインを受け取ったら、そのサインがどんな意味なのかをよく考えてみましょう。, 特にいま、あなたが悩みや不安を抱えているのなら、「あの人ならなんて言うかな」と考えることで、意外な答えや打開策が見つかるかも知れません。. これは、私たちに必ず訪れる死という現実なのです。 亡くなった人は天国にいらして、普段はけっこう自由に飛び回っているのではないかと。お墓やお仏壇はこちらに降りてきた時の専用の休憩所。だから私たちがどこに居ようと、呼べばすぐに来られるような近いところにいつもいらっしゃるのだと思います。 このように私たちは、思いがけない訃報や身近な人の死にふれたときに驚いたりびっくりしたりしますがこの驚きを白骨を見たときの驚きにたとえているのです。, では、私たちの足元にはいったいどれだけの白骨が散らばっているのでしょうか?世界中では1秒間に17名の方が亡くなっていると聞いたことがあります。この日本では約20秒に1人の方が亡くなっているそうです。 この虎は何をたとえているのでしょうか? トンネル事故を聞くと驚きますが各地の補修工事をしたそうだから滅多なことはないだろうと安心したり近所の人の訃報を聞いても、あの人は、お酒やたばこばかり飲んでいたからな自分は健康に気を付けているから大丈夫だろうとなんくせつけて、自分とは関係ことにして目を背けていないでしょうか。 誰もが死にたくありません。そして、死から目を背けて生きています。しかし、誰もが必ず死んでいかねばなりません。死と向き合ったときに本当の意味で生きるとは何なのかが問われるのではないでしょうか。. 次に仏説譬喩経の人間の実相のたとえ話に出てくる白骨とは何を例えているのでしょうか。