・消費者に喜んでもらえる商品を作りたい 商品開発・商品企画職未経験での志望動機では、前職での経験が活かせるかどうかが極めて重要です。 マーケット調査・分析など高いリサーチ力 を伝えることで、現状の課題を客観的に把握する力があることを採用担当者にアピールしましょう。 したがって、「まったくの未経験でも採用される」というわけではなく、単に「未経験でも応募し、選考に加わるチャンスがある」と考えたほうがいいでしょう。 未経験の仕事に応募する場合、自己prで何を言えば良いのか悩む人も多いのではないでしょうか。今回は、転職活動時の書類選考や面接の際に、自己prで気をつけるポイントを解説します。明日からすぐに使えるok例文・ng集つきです。 ・ヒット商品を世の中に送り出したい Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2020 All Rights Reserved. 転職サイトなどで見かけることのある「未経験歓迎」の文字。企業のなかには、経験者・未経験者を問わず応募・入社を歓迎しているところがあります。キャリアチェンジを考えている人であれば、希望する業種や職種の求人で「未経験歓迎」を見つけたら応募したいところです。しかし、本当に未経験でも採用されるのか、疑問に思う人もいるでしょう。では、業界や職種に対してまったくの未経験者が「未経験歓迎」求人に応募して採用されるためには、どんな点に気を付ければ良いのでしょうか。今回は、キャリアチェンジを考えている人に向けて、「未経験歓迎」求人の意味と、応募する際の志望動機の文例をご紹介します。, 求人情報に「未経験歓迎」と書いてあった場合、その言葉を信じて応募しても良いものでしょうか。「未経験歓迎」という言葉に込められた意味について解説します。, 「未経験歓迎」とは多くの場合、「募集している職種に関連するスキルや知識があれば、業界の知識や実務経験が浅くても応募可能」という意味です。 これまでの職種や業界経験と関係のない仕事に転職するとき、実務での経験がないことを不安に思う方も多いでしょう。「自己PR」は特に自由度が高い項目だからこそ、何をアピールすれば良いのか悩みがちです。ただ、「経験のない私は採用されないのでは……」と諦める必要はありません。実は企業によっては、「経験者」ではなくあえて「未経験者」を採用したいと考えるところも多いのです。そこで今回は、企業が未経験募集を行なう理由や、書類選考・面接時の自己PRでチェックされるポイントを解説。すぐに参考にできる例文とNG集も併せてご紹介します。, 経験者の場合、前職での仕事の進め方や考え方が固定化されている可能性があります。そのため、あえて「同業界・同職種の経験がない人を採用したい」と考えている企業も少なくありません。真っ白い状態から仕事を覚えていくからこそ、余計なクセもなく、変に経験があるよりも成長が早いケースも多くあります。, 経験がないからこそ、業界のしきたりや常識にとらわれない、新しい発想でアイデアや意見を出せる可能性があります。新規事業に取り組もうとしている企業、現在停滞気味で、新たな風を吹かせてくれるような人材を探している企業にとって、未経験者ならではの意見は大きな財産になることもあるのです。, 経験がないからこそ、入社後真剣に仕事を学ぼうとしていること、努力をし続けようと考えていることなどを、率直に伝えましょう。仮に、今の時点で関連資格などの勉強をしているのであれば、併せて伝えると良いです。あなたの意欲の表れとなります。, 未経験者と経験者双方が平等にアピールできることの1つが、志望動機。ただ、未経験者の場合これまでのキャリアと異なる仕事を選ぶため、「なぜこの会社で働きたいのか」「なぜこの仕事がしたいのか」という明確な理由を伝えることが必要です。ネガティブでもなく、単なるあこがれでもなく、強い意志を持ったポジティブな志望動機であることをはっきりと伝えるようにしましょう。, 未経験であったとしても、前職の職務経験や能力で企業に評価されるポイントはいくつもあります。社会人マナーやコミュニケーション力、業務をミスなく進める正確さ、たくさんの業務を進めるタスク管理能力など、自分では特別だと感じていないスキルや能力も、企業にとっては重要なものであることもあります。これまでの仕事を棚卸しし、エピソードと併せて伝えると良いでしょう。, 企業のホームページや求人広告などを確認し、事前に「どんなタイプの人物が求められているのか」を理解しておきましょう。例えば、「社内外問わずたくさんの人と関わるため、連携が大切な仕事」であれば、「コミュニケーション力」や「調整力」は大きなアピールポイントになります。逆に「1人で黙々と仕事を進め、成果を出してきた」という経験はあまり魅力にならないでしょう。, 自分の魅力を少しでも伝えようと、過去の実績やアピールポイントを幾つも取り上げすぎてしまうこともあるかもしれません。ただ、それは逆効果。1つ1つが印象に残らないだけではなく、「結局何を言いたいのかわからない」という印象を与えてしまう可能性もあります。アピールポイントは1~2つに絞り、短いエピソードを交えて簡潔に伝えましょう。, 自分の魅力を伝えるとき、第3者からの評価や評判を一緒に伝えることで、説得力が増します。例えば、「お客様と信頼関係を築くことが得意です」と伝えるよりも、「お客様から○○さんに担当して欲しいと指名をいただくことが多く、リピート率は100%でした」と客観的な評価や評判を伝えたほうが、よりあなたの魅力がわかります。ぜひ、意識してください。, 前職では、営業として3年間勤めました。100社もの企業を担当する中で、相手に合わせた円滑なコミュニケーション力を培うことができました。会話の中からお客様のニーズを汲み取り、ピッタリの商材をご提案したり、提案方法を柔軟に変えたりすることで、結果的に○%の売上アップに貢献することができました。職種は違いますが、貴社においても□□の場面でこのスキルを活かし、貢献していきたいと思います。, 学生時代の○○の経験がきっかけで、自主的に○○や●●の資格を取得してきました。現在さらに上をめざし、時間を見つけては勉強を続けています。今回の職種の業務にも活かせる資格(スキル)のため、未経験ながら貴社のお役に立てるのではないかと考えました。もちろん、未経験入社のため入社後に教えていただく知識やスキルも多いかと思いますが、これまで以上に学ぶ姿勢を持ち、早く即戦力になれるよう頑張りたいと思います。, 「私の長所は○○で、それから△△という経験をし、□□でも活躍し……」と伝えたいことを盛り込みすぎてしまうと、読み手や聞き手に「話をまとめられない人」と感じられてしまいます。企業から指定が無い場合は、履歴書であれば400字以内、面接であれば1分程度でまとめられるよう、注意してください。, 例えば、自己PRで「長所と短所をアピールしてください」と言われたとき。「時間にルーズ」「新しいことを覚えるのが苦手」といった短所をそのまま伝えてしまうと、企業にマイナスイメージを与えてしまう可能性があります。短所は、基本的に長所の裏返しで考える、またはその短所を改善するためにどんな行動をしているのかというエピソードとセットで伝えると良いでしょう。そうすることで、「自分自身を理解し、行動できる人」という良い印象を与えられます。, いかがでしたでしょうか?今回のあなたの転職活動に少しでも参考になると幸いです。最後に、自己PRを書く際に参考になるページをいくつかご紹介いたします。ぜひこちらにも目を通して、転職活動に臨んでいただけると嬉しいです。, 自己PRの書き方(履歴書・職務経歴書で魅力が伝わるサンプル・例文付き) 未経験者は経験者に比べて新しい環境への順応性に優れていることがあります。そのため、採用するポジションでこれから活躍する素養があり、第二新卒として自社で育成する価値があると判断した場合は、未経験者でも自社の仕事の仕方や企業風土への馴染みやすさを優先して採用するというわけです。, 資格などが必須の職種の場合、経験がなくても資格を取得していればOKと見なされることがあります。業務遂行に必要な最低限の知識が備わっていると判断されるためです。, 未経験だからこそ、業界の慣例や先入観にとらわれない斬新な発想力を期待されて採用されることがあります。この場合は、異業種で一定の実績を上げている人が有利です。, 業界的に経験者があまり多くない職種を募集している場合、応募人数を増やすために未経験者まで条件を広げていることがあります。企業によっては未経験の若手を採用し、専門職に育成することを考えています。, 「未経験歓迎」求人のなかには、応募者数が多く競争率の高いものもあります。では、そうした応募者数が多く競争率の高い状況で内定を獲得するには、どのようなアピールをすれば良いのでしょうか。, 中途採用は書類選考から始まることが多く、書類が通らないことには面接で意欲をアピールすることもできません。採用担当者が納得するような志望動機を、履歴書や職務経歴書のなかで伝える必要があります。, 現職または前職で一定レベル以上の実績を上げている人は、業界・職種が変わっても新しい職場で活躍してくれるだろうと判断されやすい傾向にあります。応募者のポテンシャルの高さに期待が持てるからです。現職または前職で積んできたキャリアやスキルを棚卸しし、数値を上げたもの、新たな取り組みをしたものなど、実績として挙げられる要素はしっかりと書類でアピールしましょう。, 「新しいことを学ぶのが好き」「新たな環境に溶け込む努力を惜しまない」といった積極的な姿勢をアピールしましょう。未経験をハンデと感じさせないやる気や意欲が前面に押し出されていると、採用担当者に好印象を持たれやすくなります。, 新しい環境への適応力の高さを強調することも大切です。「人見知りしない性格で、新しい職場環境にもすぐ慣れる」「以前から貴社のサービスを愛用しており、貴社の一員として活躍できるのが楽しみ」などと入社後の活躍に期待を持たせると、未経験者でも採用される可能性が出てきます。, 履歴書で大きなウエートを占める「志望動機」。採用担当者が「また転職してしまうのでは」と警戒しないように、応募理由への納得感が出るような志望動機を書く必要があります。ここでは、未経験であることも採用担当者にプラスに捉えてもらえる志望動機の書き方を例文を用いてお伝えします。, <例1:アパレルメーカー人事からWebディレクター> 特技の英語を活用できる仕事に就きたいと考え、海外とのやり取りも多い貴社の社長秘書職に応募しました。前職では飲食店向けの業務用食材の営業を担当し、営業ツールに自作のプレゼン資料を使っていました。特技の英語を活かして英語版も作成したところ、外国人のレストラン経営者への提案や交渉がスムーズになり、社内で営業部用の共通資料として採用されました。英語についてはTOEICで950点を取得しており、ビジネス上のコミュニケーションも問題なく行えます。秘書職は未経験ではありますが、貴社でもこれまで培った交渉力と語学力を活かして仕事をしたいと考えています。, <ポイント> …etc, このような熱い思いにプラスして、商品開発・商品企画に求められる志望動機の作成ができれば、未経験であっても転職は夢ではありません。, 本記事では、私が大手転職エージェントでキャリアコンサルタントとして数多くの商品開発・商品企画職の転職をサポートしてきた実績から、書類選考に通過するための志望動機作成方法について解説をしていきたいと思います。, ではまず、現在何かしらの職種に就いていて、商品開発・商品企画職の転職志望動機例文を紹介します。, 私は前職のリサーチ会社でデータ分析を担当しており、クライアントのニーズに最も当てはまる分析手法を選別する実務には自信を持っております。, リピートのご依頼を頂けなかったクライアントはなく、情報分析力を高く評価され、役員会議において新規事業の収益予測をレポーティングする経験もございます。, 御社の商品開発においてもデータから市場ニーズを割り出し、顧客にとって最適な新商品の開発に携わりたいと考えております。, 商品開発・商品企画職未経験での志望動機では、前職での経験が活かせるかどうかが極めて重要です。, マーケット調査・分析など高いリサーチ力を伝えることで、現状の課題を客観的に把握する力があることを採用担当者にアピールしましょう。, 企業から依頼を受けてメールアドレスの収集を目的にキャンペーンを実施し、3ヶ月で1万件のリスト収集に成功し、社内で表彰をされた実績がございます。, ニーズにマッチしたプロモーション施策を組み合わせることはもちろん、チームメンバーと意見を交換して、試行錯誤を繰り返しながら最終的な目標を達成するのが私の強みです。, 御社の商品企画においても研究開発部の方々と連携を図りながら新しい商品を送り出せるようにと考えております。, 特に、メンバーと話し合ってトラブルを乗り越えたり、トライ&エラーを繰り返してきたようなエピソードを挿入すると、ひとりよがりではなくチームワークを大切にする人材だと伝わりやすくなります。, 私はこれまでITエンジニアとしてシステム開発に従事して参りましたが、よりエンドユーザーに近い立場で反響を得る仕事をしたいと考え御社を志望いたしました。, 自社商品をスーパーや百貨店などで多くの人に手にとって喜んでもらえる姿を想像しただけで、とても嬉しい気持ちになります。, 採用説明会のプロジェクトリーダーとしてセミナーを企画・運営した経験もあり、御社の商品企画職においても商品告知のためのイベント企画などでこれまでの経験が活かせると考えております。, 商品開発・企画職では、目的に適したイベントの種類を決定し、入念に準備をして実施します。, 自社サービスの認知やプロモーションといった類似の実務経験がある点をアピールしつつ、エンドユーザーの笑顔をダイレクトに感じられる商品企画・開発職を希望すると志望動機を作成しましょう。, では次に、これから就職活動を行うにあたって、商品開発・商品企画職の就職志望動機例文を紹介します。, 私は大学2回生の頃からサッカーサークルの幹事をしており、当日の試合に来る人数の調整や試合のメンバー選出・交替選手に不満がでないように心がけてきました。, 同時に、メンバーの誕生日会を開くなどチームの雰囲気を明るくするコミュニケーションを実践し、最初は10数名のメンバーが最後には40名近くにまで増えました。, 人の意見を聞いて全体をオーガナイズする能力には自信があり、御社の商品企画部においても、顧客の声を反映した価値の高い商品作りに貢献したいと考えております。, 大学でのサークル活動を通じて自分自身の強みに気づき、商品開発・企画職でその強みが活かせると志望動機を作成します。, ヒアリング能力・調整能力・提案能力をアピールしつつ、結果を残した客観的事実を伝えることで説得力は一気に増すでしょう。, 大手百貨店の市場動向ならびに将来の売上予測をデータ抽出して具体的な改善点を報告書としてまとめたところ、ゼミの先輩を通じて某百貨店から学生の志向性のデータを活用した提案を行ってほしいと依頼を受けたこともあります。, ニュースや流行にも興味があり、情報の裏側にある真実をデータ分析から突き止めることや、分析をした結果から独自の見解を導き出すことには誰にも負けません。, 時代の変化に敏感なだけでなく、「本当はどうなっているのか?」と、潜在されている情報を取りに行く探究心が商品開発には求められます。, 多くのデータから必要な情報を分析し、顧客に求められるアウトプットができる点は、商品開発においても顧客の声を反映して商品化することにつながっていきます, 東南アジアへの旅行で学んだサンダル作りでオリジナルのサンダルを製作し、フリーマーケットやネット通販を駆使して、これまで30足以上売ってきました。, 市場のトレンドにセンスをプラスしてアイデアを形にするのが好きで、色や形、素材の選定から商品企画・デザインに至るまで全ての工程を任せてもらえる御社に強く魅力を感じました。, 先輩のアドバイスを吸収し、1日も早くプロのデザイナーとして認められるようにと考えております。, デザインが好きである点も訴えることで、商品開発・企画業務への適性があるとポジティブに受け止めてもらうことを狙うと同時に、謙虚さも持ち合わせている点を伝え、伸びしろのある印象を与えましょう。, 今回は、商品開発・商品企画職の転職&就職志望動機を3つずつ紹介しましたが、志望動機を作成するためには、当然オリジナリティのある志望動機でなければ選考に通過することはありません。, なぜなら、独自の経験に基づいた志望動機でなければ、書類選考や面接の際に熱量がないことが人事の採用担当者にバレてしまうからですね。, ではどうすればオリジナリティーのある志望動機を作成できるかというと、転職エージェントや就職エージェントを活用することで、担当のキャリアアドバイザーに添削をしてもらうのが一番の方法です。, 転職エージェントや就職エージェントは、採用されやすい志望動機の特徴や過去に内定が出た人の特徴などを熟知しているので、自分一人で志望動機を作成するよりも格段に質の高い志望動機を作成することが可能なんですね。, 数ある転職エージェント・就職エージェントの中でも「マーケティング・企画職に強い転職エージェントおすすめ厳選6選」が圧倒的に商品開発・商品企画職の転職や就職に強いので、ぜひ活用して内定を勝ち取りましょう。, dodaは数ある転職エージェントの中でも、保有求人数・転職支援実績・利用者からの満足度No.1を勝ち取っている三冠王の業界最大級転職エージェントです。, 全国約15万件の求人を保有しているのは、転職支援実績30年を誇るdodaの規模と圧倒的に蓄積された転職市場に関する知見に裏付けられていると言えるでしょう。, 商品開発・商品企画職の求人に関しても、公開されているだけで約3,500件程度ありますが、dodaに会員登録してエージェントサービスを受けると更に多数の非公開求人も紹介してもらうことが可能です。, 当然、今回紹介したような志望動機の添削も専任のキャリアアドバイザーに行ってもらえますので、全国どこに住んでいる方でもまずはdodaを利用して転職活動を行われることをお勧めします。, 就職Shopはこれから就職活動を行う新卒大学生やフリーターの方などを対象とした就職エージェントで、未経験から挑戦できる求人だけに特化しているのが特徴です。, 未経験専門の就職エージェントは、就職Shop以外にもハタラクティブやDYM就職などいくつかありますが、就職Shopはリクルートグループが運営しているため求人数が圧倒的に多いという強みがあります。, しかも、就職Shopで紹介される求人は全て書類選考完全パスで100%面接に進むことができるので、書類選考で落とされてしまう心配は一切不要です。, 現在は関東・関西エリアのみを対象として就職支援を行っているので、関東・関西でこれから商品開発・商品企画職に就職したいとお考えの方は迷わず利用するようにしましょう。.