とあまりにもよすぎるタイミングから、龍馬暗殺の黒幕が薩摩藩という説もあります。 ですが、ここでは割愛し、次に大政奉還が本当に龍馬によって考えられたのかを見てい … 今後とも、貴重なご意見をいただけましたら、嬉しい限りです。ぜひぜひよろしくお願いいたします!, この度は本当にありがとうございます。 大政奉還; 龍馬暗殺; 王政復古 . 石川様!素晴らしいお言葉をくださいまして、誠にありがとうございます! もし、坂本龍馬が大政奉還が出来ずに死んでいたら江戸時代はいつまで続いていましたか今の日本の文化は遅れていましたか 慶喜が大政奉還したのは討幕の密勅が下りる事を知っていた為ですよ。慶喜は薩 … 昨日の「JIN-仁-」第8話は、「野風」が自分の命をかけて麻酔無しの帝王切開をし、我が子を出産、一時は子供を取りだしてから心拍停止状態になるが、「南方仁」の「野風」に「絶対に死なないと約束したじゃないか!!」と訴えながらの懸命な救命処置で無事「野風」の命を救うこととなる。, 一時は神が歴史を変えないように、「野風」とその子供の命を奪おうとし、「南方仁」も歴史を変えようとすると起こる頭痛に襲われるが、「南方仁」は神に対し「神は乗り越えられる試練しか与えないんじゃないのか?」と強く訴えて、神の修正する力を乗り越え二人の命を救い、未来での別の「友永未来」が存在する希望をつないだ。, 「坂本龍馬」は「大政奉還」が成し遂げた後の事を考えて、「船中八策」という明治時代の新国家体制の基本方針となった案を考えていた。, しかしドラマでは「南方仁」が「坂本龍馬」に多大な影響を与え、「南方仁」が未来での医療の保険制度を語ったことを「坂本龍馬」は大いに感銘を受けて、その保険制度を「船中八策」に組み込んでしまい、「船中九策」となってしまった。, 「南方仁」が「勝海舟」宅で「坂本龍馬」が考案した「船中九策」を見て、九番目に長崎で自分が語った医療の保険制度が書かれていたことを見て、「坂本龍馬」を通して自分が歴史上に足跡を残し、歴史を変えられるんだと自覚し「坂本龍馬」に対し深い感動を受けた。, そして「大政奉還」が成し遂げたことで、「坂本龍馬」は多くの人間から命を狙われる事になる。, それは徳川幕府を終わらせた事による幕府方の人間、武力討伐による倒幕に必死になっていた薩長方の人間、そしてドラマでは長州藩で「坂本龍馬」の護衛に就いている「東修介」、同じ「勝海舟」の師弟関係であった「橘恭太郎」までもが・・・。, 「橘恭太郎」ですが前回、「南方仁」に送られてきた「坂本龍馬」の手紙や写真を「仁友堂」から盗み出しましたが、それは「仁友堂」が「坂本龍馬」と関わりないように隠ぺいしてたんですね。, 「南方仁」のこともあるけど、やはり妹の「橘咲」のことが一番心配だったんでしょうね。, 上役に「仁友堂」が「坂本龍馬」と無関係と報告するけど、「南方仁」が「坂本龍馬」に暗殺の事実を知らせようとした手紙を送った事が知られ嘘がばれてしまい、上役の怒りを買うことになる。, それによって「橘恭太郎」は上役から、ある命を告げられるようですが、おそらく「坂本龍馬」の命を奪えと言いつけられるんでしょうね。, 京都の「近江屋」で「中岡慎太郎」と「坂本龍馬」が会っていた時に、「大政奉還」について長州方の「中岡慎太郎」は反対していたのに長州藩士の「東修介」は賛成していた。, しかし「大政奉還」が成し遂げ「坂本龍馬」が寝そべっていたところを、「東修介」が「坂本龍馬」の首元に刀を突き付け、今にも刺そうかとするような行動をしていた。, 天に向かって「もうよいですよね?兄上」とつぶやいていましたが、あれはどういうことなんでしょうかね?, 「東修介」と「坂本龍馬」との関係が、どうつながりがあるのかは「坂本龍馬」暗殺で分かってくるんでしょうね。, 「南方仁」は迫りくる「坂本龍馬」暗殺の日が、本人の誕生日だと思いだし阻止すべく、「坂本龍馬」がいる京都へ向かうようだ。, 「南方仁」の命を奪うために送られた刺客も京都へ向かい、「坂本龍馬」と一緒にいるところを襲われ命を奪うという考えもある。, 「坂本龍馬」暗殺の事になると、神が歴史の修正を阻止すべく謎の頭痛が起こってしまう「南方仁」。, そして未来で「南方仁」が手術した人物、それは自分なのか「坂本龍馬」なのか明らかになるでしょう。, JIN-仁- 第8話 船中九策 | まっちゃんの人生おもしろおかしく生きていきたい. 旦那が東大卒なのを隠してました。 スポンサーリンク 十兵衛さんも幕府に失望しただろうしな・・・。 その他の皇族および一般の参列者は外履き靴および洋風礼服で参列していたと思います。 別に学歴なんて気にしてませんでしたし、そこそこ大きい企業に勤めて給料にも不満がありませんでしたし、私も働いていますし「専門技術だけで大きい企業に勤めるなんて凄... 先日、息子が彼女にプロポーズして、相手両親に挨拶に行きました。彼女は一人娘で、彼女の父親から、氏名だけでも彼女の姓を名乗ってもらえないかと言われたと息子より相談の連絡がありました。まだしっかりと話はしていないので、息子の考えや彼女の考えもわかりませんが、いずれこのような相談があるだろうと私自身前... ゴートゥーイート 11月中に終了する可能性高いですか?キャンペーンに気付いてなくて最近予約し始めたので NHKで立皇嗣の礼を見ましたが、天皇皇后両陛下と秋篠宮さま紀子さま及び侍従、女官、宮内庁幹部のみ国風装束でした。そこで質問ですが、正殿松の間は下履き靴用の部屋ではないのですか? これにより、260年続いてきた江戸幕府、そして源義家以降800年続いてきた武士の時代が終わりを告げます。, 同時にこれは、身分をなるべく徹底的に固定化して社会の秩序を守ろうとした封建社会の終わりでもありました。, 1867年11月9日、江戸幕府15代将軍徳川慶喜が大政(たいせい)、つまり政権を朝廷に返すと宣言した出来事であります。, 折の長州征伐の失敗で幕府の力のなさを痛感した慶喜は、いったん正式に天皇に政権を返上するということで、尊王攘夷志士の不満を鎮めようとしました。, 名目上は徳川家の独裁ではなく、天皇をトップとする形で幕府と諸藩が対等な関係で話し合いをしながら国内政治と外交を治めようとするものでした。, しかし『沈毅(ちんき。落ち着いていて中身がしっかりしている)』あるいは聡明と言われていた慶喜は、朝廷には世の中を統治する力、つまり政権担当能力がないことは、800年の武士の時代の歴史から見抜いていました。, さながら鎌倉時代の北条氏のように、天皇を飾り物のトップとして、引き続き自分は実質的政治を行おうとしていたようです。, ところが、それより前の、幕府との対話で話が通じないことを実感していた薩摩はこれに反発。, 他の藩とも結束して外国に対抗していくためには、260年の太平の世で胡坐をかいていた旧幕府勢力ら古い体制を一掃する必要があると考えていたためでした。, 後で詳しく話す王政復古の大号令によって旧幕府勢力を名実ともに排除するデモンストレーションを行い、不満が爆発した旧幕府軍は、ついに薩摩藩らと武力衝突せざるを得ないと判断。, 当時は太陽の動きではなく、月の満ち欠けで暦を図る『太陰暦(たいいんれき)』を使っていたのですが、太陰暦では慶応3年10月14日。, 元々701年に天皇をトップとして世の中を治めていく『律令制』は平安時代には事実上なくなっていたのですが、名目上はまだ残っているとされたまま鎌倉幕府、室町幕府、江戸幕府とできていました。, しかし天皇と周りの公家だけでは政権担当能力がないので、天皇名義で『征夷大将軍』という位を幕府のトップに渡すことで、幕府を中心に世の中を治めていくことが認められたと同時に、朝廷も生活を保障できるようになっていました。, ところが幕末、財政難から幕府の力が弱まってきたことや、ペリー来航以来異人嫌いの天皇と、外国の武力からなし崩し的に開国せざるを得なくなった幕府との意見がどんどん離れていったこともあって、朝廷と幕府の力関係が逆転していきます。, さらには、水戸学を学んだ諸藩の尊王攘夷志士たちが、幕府ではなく天皇に仕えるのが大事だということから次々と天皇名義で戦を起こしていきます。, 特に長州が尊王攘夷の急先鋒でしたが、いったん幕府は薩摩と協力してその勢力をそぎ、さらに孝明天皇に朝敵(ちょうてき。朝廷に歯向かう悪者)の汚名を着せて長州を征伐します。, しかし、かねてから徳川家の立場しか考えていなかった幕府に愛想をつかしていた薩摩が、坂本龍馬の仲介で秘かに長州と同盟を結びます。, その上、家康の子孫である会津藩の松平容保(まつだいらかたもり)と親しかった孝明天皇(こうめいてんのう)も亡くなっており、将軍と親幕府派の天皇を相次いで失った幕府はさらに侮られていきました。, その一方、尊王討幕派の岩倉具視、三条実美といった面々は老獪な政治的駆け引きの名手で、なんとか彼らの力をそぐ必要がありました。, そこで徳川慶喜は、尊王攘夷の下、自分たち幕府を滅ぼそうとする人間の不満をそらすために、大政奉還を行います。, ここに260年続いた江戸幕府は滅亡するのですが、天皇や公家に政権担当能力がないということを見抜き、また、1867年5月に行った四侯会議(しこうかいぎ)で、薩摩、土佐等の雄藩をねじ伏せることに成功している慶喜は、名目上は幕府を閉じて天皇を政治のトップに据えながら、引き続き自身の政治力で日本を動かそうと考えていたのです。, 『シャッポと担ぐ神輿は軽くてパーがいい』とは90年代の政治家の言葉ですが、慶喜もそれと同じで、鎌倉時代に天皇の一族をお飾りの将軍にし、自分は執権として下にいながら実権を握った北条氏のように、天皇を飾り物にして自分が実権を持とうとしたわけです。, しかし、四侯会議以降、薩摩が慶喜率いる幕府に対して強い不満を持っていたこと、薩摩が討幕派の岩倉具視を使って、討幕の密勅(みっちょく)、および武力を使った王政復古(おうせいふっこ)の大号令を出すことまでは計算に入れてませんでした。, 討幕と旧体制一掃の大義名分を失った薩摩藩と長州藩ですが、大政奉還と同じ日にここに助けが入ります。, 岩倉具視が極秘で『討幕の密勅(とうばくのみっちょく)』というのを出してきたのです。, 密勅(みっちょく)とは、『天皇政権ナンバー2の関白の署名がないまま、天皇名義で出される命令』のこと。, これには天皇の許可や日付の署名がないという異例のもので、じつは討幕派の岩倉が作ったとされる偽物という見方が強いものでした。, もともと明治天皇の関白は慶喜のいとこであった二条斉敬(にじょうなりゆき)が、摂政(せっしょう。天皇が幼い時や病気の時に天皇に代わって政治をする役職。)もかねてついており、関白も幕府派でした。, 薩摩藩などの討幕派は、旧幕府勢力が温存されたまま新政権ができることを恐れ、大政奉還直後からひそかに、土佐藩等5藩を集めて兵を率いて上京しておりました。, そのようなさなか、12月10日は大政奉還の発案者とされる坂本龍馬が、京都の宿屋である近江屋にて、中岡慎太郎とともに暗殺されます。, そして龍馬ら公武合体派の実力者がいなくなった状態で年が明け、翌年1868年1月3日、朝廷での会議が終わったところで薩摩・土佐・長州ら5藩が御所を封鎖。, 二条ら幕府派の人間が入れなくなった中、岩倉が朝廷に入り、『王政復古の大号令』を出します。, 1.大政奉還における慶喜の将軍職返還を認める。 2.幕府配下の京都守護職・京都所司代の廃止。 身に覚えが無いのでその時は詐欺メールという考えがなく、そのURLを開いてしまいました。 開いた後は発送状況を確認できるサイトに移動することは無く、ポップアッ... https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1072619010. 【C】朝鮮人参 卑弥呼とはどんな人?生涯・年表まとめ【邪馬台国の場所や功績、まつわる謎や死因も紹介】. 十兵衛さん、どんなに頑張っても損な役回りですよね。, 『麒麟がくる』で幕府は織田VS朝倉の戦には関与しないのに、 坂本 龍馬(さかもと りょうま、天保6年11月15日〈新暦・1836年 1月3日〉 - 慶応3年11月15日〈新暦・1867年 12月10日〉)は、江戸時代 末期の志士、土佐藩 郷士。. 『西郷どん』 2018.07.17 大政奉還とは?坂本龍馬との関係や年号などわかりやすく解説! 大政奉還(たいせいほうかん)とは慶応3年10月14日(1867年11月9日)に徳川幕府第15代将軍・徳川慶喜が担っていた日本の統治権の返上を明治天皇に届け出て、翌15日に天皇がそれを許可したことを言います。 いただきました情報・ご意見をもとに、当サイトの文章も改めさせていただきたいと思います。 バカ殿に見えてしまいました・・・。 早速訂正させていただきます。 本当にありがとうございます!!. されているようです。 以上です。 何かご意見があればメール下さい。, はじめまして! そんなに早く終了すると悲しいです( ; ; ), ママ友との会話で旦那が工場勤務とか土方は嫌だよね〜って話題になりました。そのママ友には言っていないのですが旦那が土方仕事をしています。 世間のイメージとはそういうものなのでしょうか?. 【A】甘藷 本当にありがとうございます!!, 記述事項で、赤松小三郎は松代藩となっていますが、上田藩の間違いです。 また、どんな時に使い、言葉の由来も、教えて下さい。, ゴートゥーイートキャンペーンがいきなり終了しても、無限クラの予約分(11月26日)のポイントはつきますか?. JavaScriptが無効です。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。JavaScriptを有効にするには, もし、坂本龍馬が大政奉還が出来ずに死んでいたら江戸時代はいつまで続いていましたか 1867年6月9日、坂本龍馬と後藤象二郎は長崎から兵庫へと向かう船に乗っていました。 © 2020 レキシル(Rekisiru) All rights reserved. 江戸幕府が終わりを告げ、新しい「明治」の世が始まった大政奉還から15日後の1867年12月10日(慶応3年11月15日)、幕末を駆け抜けた大政奉還の立役者・坂本龍馬が暗殺されました。 この坂本龍馬が暗殺された事件を「近江屋(おうみや)事件」といいます。 今後ともぜひぜひ、貴重な助言を賜りたいとおもいます。 【D】菜種, 豊臣秀吉の子孫はいないですか?秀吉の親戚まで拡大した場合、秀吉の子孫と称しても問題ない人は今の時代にいますか?. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ・「人斬り半次郎」と呼ばれた「桐野利秋」に殺害された「赤松小三郎」の「建白七策」が基礎、という説もある, 「船中八策」・・・・それは幕末の英雄「坂本龍馬」が、明治維新の前年である1867年に、前土佐藩主「山内容堂」に「大政奉還」を進言するために乗っていた船の中で、「後藤象二郎」に語る形で、作り上げた新国家への基本方針のことです。, その「船中八策」を簡略化して書いた物が、以下に画像を用意いたしました「新政府綱領八策」であると言われています。, この龍馬直筆の「新政府綱領八策」は2つ現存しており、現在「国会図書館」と「長府博物館」に保管されています, 龍馬は「近江屋事件」で亡くなる間際まで、「新政府」の人事構想などを練り続けていたわけですが、この「船中八策」は、明治新政府の基本方針に影響を与えた・・・と言われています。, ちなみに、「船中八策」を基礎としてつくられたと考えられる「新政府綱領八策」も、似たような内容になっています。, この「盟主」と定められた「○○○」とは、徳川慶喜または松平春嶽ではないか?と言われています。, ○○○に入る文字は「慶喜公」または「春嶽公」・・・どちらなのかは定かではないですが・・・龍馬が「挙国一致体制」を構想していたことだけは確かです。, 「横井小楠」・・・・・勝海舟が、西郷隆盛と並んで「恐るべき逸材」と呼んだ熊本藩士・・・・幕末の日本において、「四賢侯」と呼ばれた名君の一人、福井藩主「松平春嶽」のブレーンでもあったお方です。, その横井小楠が、「国是七条」という政府の基本方針を作成しているのです。その内容は以下の通り, 2、参勤交代を中止し、各藩各大名が、将軍にそれぞれの藩の状況を報告する制度へと改革せよ, 5、少人数によってすべてを決める政治体制を改め、広く賢人の意見を求める政治に改革せよ, 上に記しました坂本龍馬の「船中八策」と比べてみると「大政奉還」「海軍増強」「優秀な人材の積極登用」「貿易・金銀レート」など、重なる部分が多いことがわかります。, 坂本龍馬は、1864年2月、勝海舟の使者として熊本の横井小楠を訪ねているのですがその時、横井小楠本人から直接この「国是七条」を説明してもらっているのです。, 「船中八策」・・・1868年に明治天皇が出した明治政府の基本方針「五箇条の御誓文」にも、大きな影響を与えたとも言われています。, 3、公家も武家も、官も民も一体となって志を遂げて、人々の心が、行き詰ることのないようにすべし, 「広く人材・意見を求める」「公明正大に政治を行う」「朝廷・天皇を基礎として政治を行う」など、船中八策・国是七条を基礎としていることがよくわかります。, 船中八策や国是七条は、龍馬や横井小楠が願っていた通り、明治新政府の基本方針となったということですね, 「坂本龍馬の新政府綱領八策は、上田藩士・赤松小三郎の『建白七策』こそが基礎である」, 英国式兵学を京都の私塾で教え、東郷平八郎や桐野利秋(中村半次郎)などの薩摩藩士にもイギリス式兵学を教えたお方。, 赤松小三郎さんは、勝海舟の門下生となり、長崎海軍伝習所でオランダ人から学んでいました。, 慶応三年(1867年)5月に、松平春嶽や島津久光、そして幕府に対して「国政改革の建白(建白七策・御改正之一二端奉申上候口上書)」を提出。, この「建白七策」は、「二院制議会」や「普通選挙」・・「国権の最高機関としての議会」「内閣総理大臣」などの「議院内閣制」まで発案されています。, 横井小楠が「国是七条」を起草したのは「文久2年(1862年)」ではあるものの、その「横井小楠」もまた「赤松小三郎」から影響を受けていた可能性があるのだとか・・・。, この赤松小三郎さん、最後の最後まで「幕府」と「薩長」の武力衝突を回避しようと奔走していたのだとか。, そんな中で、慶応三年(1867年)9月3日、赤松小三郎は上田藩への帰国途中に暗殺される事となります。, 赤松小三郎が、自らの「京都の私塾」で教えていた生徒「中村半次郎」に暗殺されてしまったのです。, 誰が「人斬り半次郎」に暗殺を指示したのか?未だに謎となっているようですが・・・・。, 武力衝突を避けようとしていた「赤松小三郎」・・・赤松と意見が異なる人物といえば、武力倒幕を主張していた薩摩の「西郷隆盛」か「大久保利通」・・・。, もしかすると「西郷」「大久保」が暗殺の裏にいるとか???確証はありませんし、ただの想像ですがね・・・・・・・・。, 最期に、当サイトを御覧いただきましたお方より、非常に素晴らしい情報とご指摘をいただきましたこと、心より感謝申し上げます。自らの不明と無知を恥じておりますが、どうか今後とも当サイトをよろしくお願いいたします。ありがとうございました。, ・赤松小三郎の「建白七策」こそが、「国是七条」「新政府綱領八策」の基礎であるという説もあり, これらの記事でも「坂本龍馬」の「逸話」や「功績」を簡単に理解できるように、極めてわかりやすく解説させていただいております。, 新政府綱領八策についての記述、楽しく読みました。 基になるのは、横井小楠が記述したと、述べられていますが、違うと思います。 私の調査結果では、その基になったのは赤松小三郎が福井藩主松平春嶽と薩摩藩主島津久光に同時に提出した、「建白七策」と思います。 坂本龍馬は、松平春嶽と暗殺されるまで数回会っています。一方、横井小楠も春嶽に近い存在で有り、両者は、小三郞の建白書を春嶽から見せられ、意見を求められていたと思います。 現在、東京の憲政記念館で開催の特別企画展示で小三郞の「建白七策」が展示されています。 最近の作家や大学の先生の間では坂本龍馬の新政府綱領八策が小三郞の「建白七策」を基にしたものである事を検証すべきと論議 早速私も調べさせていただきます!!, 当サイトをご利用いただけたのみならず、これほど価値あるお言葉をいただけるとは、感謝に耐えません。 1867年11月9日、江戸幕府15代将軍徳川慶喜が大政(たいせい)、つまり政権を朝廷に返すと宣言した出来事であります。 折の長州征伐の失敗で幕府の力のなさを痛感した慶喜は、いったん正式に天皇に政権を返上するということで、尊王攘夷志士の不満を鎮めようとしました。 名目上は徳川家の独裁ではなく、天皇をトップとする形で幕府と諸藩が対等な関係で話し合いをしながら国内政治と外交を治めようとするものでした。 しかし『沈毅(ちんき。落ち着いていて中身がしっかりしている)』あるいは … 今の日本の文化は遅れていましたか, 日本史・858閲覧・xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25, 皆さんの意見も納得しましたが、この方が1番納得したのでBAに選ばさせていただきました, 8世紀頃、ある薬用植物が日本に伝えられた。以来輸入に頼っていたが、江戸時代半ばに国産化に成功すると、江戸幕府は座を設け、専売権を握った。この植物は何か。次のうちから一つ選べ。 265年間という長い間続いた江戸幕府の15代将軍・徳川慶喜が天皇へと政権を返上し、後に天皇から任ぜら… 船中八策と坂本龍馬. 大政奉還と坂本龍馬. 武力衝突を避けようとしていた「赤松小三郎」・・・赤松と意見が異なる人物といえば、武力倒幕を主張していた薩摩の「西郷隆盛」か「. 4.幕府と親しい人間が多かった摂政・関白の廃止。 変な質問でごめんなさい。2年前に結婚した夫婦です。それまで旦那は「専門学校卒だよー」って言ってました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 今回は、織田信長と浅井長政が激突!姉川の戦い(あねがわのたたかい)について、わかりやすく解説していきたいと思います! そもそも、姉川の戦い... 今回解説していくのは室町時代の初期に起きた兄弟喧嘩である観応の擾乱! この内紛は南北朝の動乱も相まって日本中を巻き込む大騒動となりましたが... 今回は、江戸時代におきた最大の弾圧事件『安政の大獄』について解説していきます! 安政の大獄とは? 主な死者は? 井伊直弼が弾圧を行った理由... 今回ご紹介するのは、井上馨です。 幕末期から大正期まで、長らく政界・財界に影響を及ぼし続けた男は、いったいどのような人物であったのでしょう... 今回解説していくのは平将門! 平将門といえば平将門の乱を起こし、そして死後には怨霊となったイメージが強いのですが、今回はそんな平将門につい... 今回ご紹介するのは、南北朝時代です。 ただ単に2つの勢力が対立していただけでなく、朝廷が2つ存在するという史上唯一とも言えるこの時代は特殊で... 今回は、1873年に明治政府が行なった改革『地租改正』について解説していきたいと思います! ・地租改正とは? ・地租改正の目的や条例について... 今回ご紹介するのは、大化の改新です。 豪族蘇我氏が天皇の廃位・擁立をするほど権力を誇っていた時代に、その専横を快く思わなかったとある人物が... かねてから徳川家の立場しか考えていなかった幕府に愛想をつかしていた薩摩が、坂本龍馬の仲介で秘かに長州と同盟を結びます。, 名目上は幕府を閉じて天皇を政治のトップに据えながら、引き続き自身の政治力で日本を動かそうと考えていた, 12月10日は大政奉還の発案者とされる坂本龍馬が、京都の宿屋である近江屋にて、中岡慎太郎とともに暗殺されます。, 一橋慶喜をはじめ、幕府勢力を排除しつつ、天皇自らをトップに据えて一部の公家と雄藩による新たなる政治体制を確立させるというもの, そもそも『船中八策』という言葉が大正時代から使われたことからも、龍馬の創作だったという向きが多くなっています。, 大政奉還後に龍馬は『新政府綱領八策(しんせいふこうりょうはっさく)』という、船中八策を簡単にしたような案を直筆で書いており、これが今日の国立国会図書館に保存されています。, 自身が尊皇派でもあった慶喜は、尊王攘夷の気が高まるにつれて天皇の意向を無視できなくなり、自身の政務拠点を江戸から京都に移したとみていいでしょう。, 間接的ではありますが、江戸を戦場にせず、江戸城無血開城の下地を作ることになりました。. ご贔屓くださり、心より感謝申し上げます! 旦那は私の顔を上の中と言います。だったら上の上がいたら私は捨て... 「おひかえなすって」とは何ですか? 5.新たに総裁・議定・参与の三職を置く。, これは一橋慶喜をはじめ、幕府勢力を排除しつつ、天皇自らをトップに据えて一部の公家と雄藩による新たなる政治体制を確立させるというものでした。, 新しい政権の中枢から遠ざけられた幕府勢力はついに不満が爆発、この挑発に乗る形で鳥羽・伏見の戦いが始まり、戊辰戦争の引き金となります。, ですが、ここでは割愛し、次に大政奉還が本当に龍馬によって考えられたのかを見ていきます。, 通説上、大政奉還は坂本龍馬が土佐藩主・山内容堂(やまうちようどう)の側近であった後藤象二郎(ごとうしょうじろう)にアドバイスした案『船中八策(せんちゅうはっさく)』が元となったというのが通説。, これが後藤によって容堂に渡され、意見書である『建白書(けんぱくしょ)』として慶喜に提出され、大政奉還の案となっていきます。, (開国当時、欧米人が金の多い日本の小判を自身の銀貨と安く交換し、現地に帰って小判を高く売ってぼろもうけするケースが多く、それを防ぐために幕府が大判小判の金の量を下げた結果、ものすごい物価高で人々が苦しむことになったので、それを防ぐためのものでした。), しかしながら、そもそも『船中八策』という言葉が大正時代から使われたことからも、龍馬の創作だったという向きが多くなっています。, 龍馬は筆においては教養がなかったことから、船中八策も龍馬が口で指示したものを海援隊士に書かせたといわれています。, 元々議会制からして龍馬自身の持論ではなく、龍馬の師匠であった勝海舟や、幕臣の大久保一翁(おおくぼいちおう)の持論であったという説が強く、しかも一翁にいたっては『幕府勢力を維持するために、議会制を取り入れるべきだ』という持論の持ち主だったようです。, 家柄ではなく実力で、というのも、勝が幕府高官の多くを占めていた由緒正しい家柄ではなく、祖父の代に幕臣の身分を金で買った『金上げ侍(かねあげざむらい)』であることから影響されています。, 少なくとも船中八策の多くは、龍馬自身の意見ではなく、彼の師匠からの受け売りというところが真実のようです。, しかし大政奉還後に龍馬は『新政府綱領八策(しんせいふこうりょうはっさく)』という、船中八策を簡単にしたような案を直筆で書いており、これが今日の国立国会図書館に保存されています。, この中に、『〇〇〇自ら盟主(めいしゅ。トップ)となり、天皇名義で公表するように』というくだりが出ています。, 『〇〇〇』が誰かはいまだに分かっておらず、慶喜とも容堂ともいわれていますが、この表記のあいまいさが「龍馬は慶喜を引き続きトップに据えて、新政府軍を作る気だ」という考えを討幕派に与え、龍馬は幕府派のみならず討幕派まで敵に回し、龍馬暗殺につながったという説もあります。, 元々京都の二条城は、徳川家康が豊臣及び朝廷を監視するために1603年に建てたものであり、のちの豊臣秀頼と家康の会談や、大坂の陣における家康の本拠点として重要な役割を果たしていました。, それ以降は主に天皇を招き入れる施設としていましたが、京都で朝廷と交渉する京都所司代は二条城の北に拠点を構えていたため、政務拠点としては機能していませんでした。, しかし、やがて幕末になって朝廷の影響力が大きくなると、慶喜は朝廷の影響力を無視できなくなり、1866年の将軍就任もこの城で行い、二条城の北で政務を行っていた京都所司代の監視をしやすくしました。, つまり、自身が尊皇派でもあった慶喜は、尊王攘夷の気が高まるにつれて天皇の意向を無視できなくなり、自身の政務拠点を江戸から京都に移したとみていいでしょう。, 慶喜の予想通り、長らく政治の中枢から外されていた朝廷は、突然の大政奉還に困惑しますが、とりあえず後藤象二郎の説得もあって了承します。, しかし、長い間朝廷は異人嫌いでありながら、特に外国との交渉に携わったことはなく、定期的に雄藩と幕府の話し合いを設けるとしつつ、当分の政務と外交は慶喜に引き継がせます。, 実際にこの後、諸外国に対し新潟の開港の延期、ロシアとの条約改定は幕府名義で行われております。, ちなみに慶喜自身は、大政奉還後の政権ビジョンもできていたらしく、実質的トップとなる『大君(たいくん)』を慶喜自身を含む徳川家将軍が行って、行政と司法のトップを務め、立法権を持つ議会は諸藩大名や藩士にならせるものの、大君が上院議長と下院の解散権を持つというものでした。, 天皇は今と同じ『日本国民がまとまっていることの象徴』とされ、幕府がなくなっても慶喜自身が大君として政治を動かそうと考えていたのです。, しかし、これでは形だけ幕府がなくなり、その後も慶喜が引き続きトップとして多くの権限を持つということであり、討幕派は大きく反発。, 摂政・関白をはじめとする朝廷上層部が幕府派の人間であることもいけないと考えるようになり、これ以降、兵を率いて京に上京。, 朝廷における岩倉の赦しと京都から追放されていた三条実美らの朝廷復帰が許された後、朝廷の門を全て占め『王政復古の大号令』という形でクーデターを行います。, この後の会議で、慶喜の朝廷での地位『内大臣(ないだいじん。左大臣・右大臣に次ぐ官)』の辞任と幕府が支配していた土地をすべて返還するという『辞官納地(じかんのうち)』がまとまり、慶喜が中枢から正式に遠ざけられることになりました。, 大政奉還で実質上トップに立つはずだった慶喜が、王政復古の大号令で政権の中枢から遠ざけられ、薩摩の挑発も相まって戊辰戦争を引き起こすのですが、こののちの慶喜について次に見ていきます。, 討幕の密勅と王政復古の大号令に激怒した慶喜は、薩摩の挑発に反応し、京都の鳥羽・伏見の戦いで激突。, しかもこの時に薩長率いる新政府軍が、天皇の軍であることを証明する『錦の御旗(にしきのみはた)』を掲げたため、慶喜率いる旧幕府軍は、自分達が天皇に歯向かう悪者『賊軍(ぞくぐん)』扱いされることになり、大きく動揺します。, 慶喜もまた、尊王の考えのおひざ元である水戸藩の生まれであるため、人一倍動揺が大きかったものと思われます。, 旧暦では1月6日、現代の暦時法では1月30日に大阪城の兵を置いて江戸に逃げ帰った慶喜は、朝廷で慶喜追討の命令が出された中、上野の嘉永寺(かえいじ)で必死に謹慎を行い、勝海舟や大久保一翁といった面々を使って新政府軍に抵抗する意思がないことを表明し、間接的ではありますが、江戸を戦場にせず、江戸城無血開城の下地を作ることになりました。, 旧幕臣であり、明治維新で立憲帝政党(りっけんていせいとう。政府の御用政党と呼ばれた)や東京日日新聞(とうきょうにちにちしんぶん。後の毎日新聞)を作った福地源一郎(ふくちげんいちろう)は、「江戸開城で江戸幕府は滅亡した」と回想しております。, 無血開城に不満を持った幕臣も少なくありませんでしたが、彼らに担ぎ出される前に脱走して、生まれ故郷の水戸でひたすら謹慎。, 1869年の戊辰戦争終結後に謹慎を解かれると、家康が隠居後に住んだ駿府改め静岡に移住し、政治的野心を持たないまま趣味に没頭し、地元の人から『ケイキ様』と呼ばれて親しまれました。, しかし、旧幕府で高官を務めた家を含む多くの旧幕臣たちが、維新後ほとんど没落しても無関心で、『貴人、情を知らず(きじん、じょうをしらず。生まれついてのお殿様は、人情というものを知らないという意味)』と陰口をたたかれるようになっております。, 1901年から1910年まで政府の貴族院議員(選挙ではなく天皇名義で任命されます)を務めた後、隠居。, 77歳という、歴代江戸幕府将軍の中では最年長で、かつ当時の平均寿命約48歳を大きく超えた歳で寿命を全うしました。, しかし薩摩藩をはじめとする、幕府ら旧体制の勢力を一掃しようと考える討幕派によって王政復古の大号令がなされ、慶喜は中枢から遠ざけられた挙句に朝敵にされ、これ以降旧幕府派の神輿になることなく、明治政府の中枢からも外れていきます。, かたや龍馬の意向を受けて大政奉還を進言したとされる土佐藩主・山内容堂は、鳥羽伏見の戦いにおいて、「これは薩長が起こした不当な戦である!」と反発しつつも、岩倉に「ならば土佐は慶喜側につきなさい!」と一括されて反論できず、後に薩長と足並みをそろえたといわれています。, 元々薩長同盟は土佐の龍馬が世話したうえで出来たものであり、今更幕府につくのは筋が通らないと見たのでしょう。, しかもこの時には龍馬も暗殺され、海援隊も消滅したため、歯向かう自信がなかったと思われます。, 結果的には、大政奉還は慶喜の目論見からも龍馬の目論見からも外れ、名実ともに幕府消滅と、朝廷を神輿にした薩長の政権奪取という結果に終わります。, しかし、かつて徳川の領地であった東国では旧幕府の力が比較的強く、戊辰戦争を通して、薩長は彼らの力の一掃を行います。, 歴史にもしもはありませんが、大政奉還という妥協案が成功し、以降も徳川が大君として政治の実質的なトップにたったら、のちの歴史はどう変わったでしょうか。.