甲子園のヒーロー、レジェンドは数多くいますが、野球ファンに愛され続けた松井選手という人選に、異を唱える人はほとんどいなかったのではないかと思います。, さて、松井秀樹、甲子園とくると、連想ゲームのように出てくるのが五打席連続敬遠です。, 久しぶりに松井さんを見て、いろいろと思うことがあったため、ブログに書いてみることにしました。, 松井秀樹選手の五打席連続敬遠があったのは、1992年の夏の甲子園2回戦、星稜ー明徳義塾の試合です。, テレビで見ていてもわかる、球場を包む怒号、自然発生的な「勝負!」コール、星稜応援団席から投げ込まれたメガホン、勝利後の明徳の校歌斉唱をかき消す「帰れ!」コール…。, 大半のテレビ視聴者は、甲子園のお客さんと同様に、明徳の作戦に憤っていたのではないかと思います。, それにもかかわらず、なぜ批判を浴びたかというと、「勝利至上主義は高校野球という教育の場にそぐわない」という理由からでした。, ABCの実況の「何のために甲子園に」という発言も、「甲子園には勝つためでなく全力プレーで正々堂々勝負するために行くのだ」という考えが背後にあるでしょう。, 記憶がちょっとあいまいではありますが、ほとんどの甲子園雑誌が、5敬遠を批判する記事を書いていました。, 週刊ベースボール増刊号だけが、「観客とちがって明徳は松井のホームランを見たいわけではない」という主旨の記事だった記憶があります。, さて、当時は猛バッシングされ、その後は甲子園に出場すると「ヒール校(悪役)」として扱われた明徳義塾。, しかし、時が経つにつれて、敬遠作戦の担い手である明徳の馬淵監督は甲子園の名物監督となり、明徳ファンもかなり増えました。, 高校野球の季節になると、よく五打席連続敬遠のエピソードが取り上げられ、人々の賛否が問われることもあります。, 時が経つにつれて「ルール違反じゃないんだから問題なし」という肯定派が増え、現在では5敬遠への賛否が半々くらいになっている感じがします。, 現場の高校野球の監督たちへの2017年のアンケートでは、過半数が連続敬遠という作戦に賛成だったという事例もあります。, 1992年当時は、敬遠への批判として「勝利至上主義反対」を掲げた人が多かったですが、本音としては「松井のホームランが見たかったのに邪魔された」が大きな理由だったのではないでしょうか。, 「松井のホームランが見たかった」では、敬遠を批判する理由にはなりません。アマチュアの高校球児が観客の期待にこたえる必要は、まったくないからです。, そこで、「勝利至上主義は高校野球にふさわしくない」という、大義名分に乗っかった人が多かったのではないか…と今となっては思います。, そのため、時間が経って感情が冷めてくると、中立の立場から5敬遠について考える人が増え、結果として賛成意見が増えたんじゃないのかな…, さて、5敬遠を受け入れられるか受け入れられないかは、価値観の違いの問題で、どちらが正しいとは言えません。, 高校野球では現在でも、自分の希望通りにならなかった試合があると、ファンが大義名分のもとに、チーム・監督・選手をバッシングすることがあるなあ…, もちろん人間ですから、好きなチームが不満な負け方をしたときに、まわりの知人に軽口を叩いて、うっぷんを晴らすことくらいはあるでしょう。, ですが、誰でも目にするインターネット環境で、アマチュアのチーム・監督・選手を、徒党を組んで過度に批判するのは、ちょっと違うのではないかと思います。, 中には正当な批判もあり得るのでしょうが、「実は自分の感情から出た批判なんじゃないかな?」と、一度冷静に立ち止まってから考えたいところです。, 高校野球に実際に取り組んでくれる人たちがいてこそ、高校野球ファンは試合や大会を楽しむことができます。, アマチュアスポーツを楽しませてもらっているのですから、現場の人たちへの感謝と敬意を忘れずに、高校野球観戦したいですね。, 私もつい熱くなりすぎるところがあるファンなので、自分への戒めとして書いた記事になりました。, 2020年のセンバツ高校野球大会の展望と優勝予想をしてみました!出場校の半分も試合を見ていない低スペックで気楽な予想ですので、気楽に読んでくださいね!, 自由に生きる道をさがしています。 このブログも自由に書き散らしています! よしんば、敬遠が「卑怯な戦法」だったとしても、松井選手ほどの強打者であれば、敬遠されることを前提に作戦を立てなければならない----。それが野村さんの主張でした。 「戦いの本質は騙しあい、弱点の探りあいです。 趣味はスポーツ観戦と旅と妄想。 星稜obの松井秀樹さんの始球式を見ると、つい思いをはせてしまったのが1992年の連続敬遠。あれから20年以上が流れ、世論もずいぶん変わりましたが、当時を教訓として、高校野球ファンである自分を戒めたいことがあるなあと感じ、書いた記事です。 マイブームは健康生活!, 2回戦とは言っても、明徳は49代表校最後の登場で事実上の初戦、星稜は初戦を突破した後の2回戦。明徳のように、49番目登場のクジを引いたチームの勝率は当時かなり低く、それも連続敬遠の遠因だったように思います。, 2020年の神宮大会が中止になりました。高校の部も中止となったことで、秋季地区大会の戦い方に影響が出そうだなと感じて記事を書いてみました。, 低調なパフォーマンスに終わった2018年の野球U18代表。このチームが弱かったというのではなく、U18では毎年同じ問題があり、それが色濃く出ただけという感じがありました。U18の大会について、根本的なところからしっかり見直す必要があるのではないでしょうか。, 100回大会を迎えて活発になった高校野球論の中で出てきた「リーグ戦導入案」。いろいろな高校野球改革案の中で、この「リーグ戦」だけには、賛成できる要素が感じられません。てなわけで、当ブログの考えを書いてみます。, ダイワハウススタジアム八王子で秋季高校野球東京大会を観戦してきました。感染症対策で例年とは異なる入場ルールがあったのでレポしてみます!, 「センバツ甲子園をかけた秋季大会、東京は関東大会に出場するべき!」という意見があります。私もたった昨日まではそう思っていたのですが、東京大会が関東と別開催されることには、それなりにメリットがある、と思い当たりました。.