- おもしろクイズBOX - 流行事情 - THE ビッグ! お笑い第三世代 - 吉本興業 - GOBU-GOBU - 地球戦士フリルマン - GEISHA GIRLS - エキセントリック少年ボウイオールスターズ - 日影の忍者勝彦オールスターズ - Re:Japan - エイベックス・グループ. - 笑っていいとも!増刊号 - 全員出席!笑うんだってば - ダウンタウンの素 - ダウンタウン也 - 夕焼けの松ちゃん浜ちゃん - 世界の常識・非常識! MUSIC CHAMP - キングオブコント(お笑いの日) - ドリーム東西ネタ合戦, 4時ですよーだ - ダウンタウンのゆーたもん勝ち - 働けダウンタウン - ひょうきんミニ放送局 - 恋々! - アイドル共和国 - 桜っ子クラブ - 森脇・山田の抱腹Z - 森脇・山田の送りオオカミしちゃうぞ! - ニュース・サブ・チャンネル - ものまね王座決定戦 - ライオンのいただきますII - 平成教育委員会 - 痛快!エブリデイ - いのち草 - ぶったま! おー!』や大阪万博(千里丘放送センターの近隣で開催)の人気に押されるかのように、当番組への参加者が激減。『ヤングおー! !ゴルフ女子部 - IPPONグランプリ - クルマッチョ! MBSヤングタウン』のタイトルで、1967年10月1日(日曜日)、0:10からの110分番組として本放送を開始した。, 開始当初は斎藤が全曜日の公開収録で、パーソナリティを務めた。高橋キヨシ(ギタリスト)と十川尚子(ピアノ・エレクトーン奏者)をレギュラーに起用した。また、関西地方で活動するアマチュアのフォークグループ(アマチュアバンド)2組を日替わりで出演させるとともに、プロのバンドやフォーク歌手を随時ゲストに迎えていた[3]。第1回のゲストは、当時アマチュアで活動していたザ・フォーク・クルセダーズであった[注 1]。, 本放送に際しては、MBSラジオ編成部の計らいで、自社制作番組では最も多額の予算を付けられていた。開始当初は公開収録への人出や局内の評価は芳しくなかったが、回を重ねるたびに収録への参加者が増加。ヴィレッジ・シンガーズをゲストに迎えた公開収録(1968年1月)に観覧希望者が殺到したことから、以降の放送では、往復ハガキでの応募を条件に観覧希望者へ参加整理券を配布するようになった[2]。, 1968年からはMBSテレビで、毎週日曜日に放送していた『スミ子と歌おう』をヒントに、オリジナルソングを毎月1曲ずつ放送する「ヤンタン今月の歌」(後述)を始めた[注 2]。, しかし、斎藤は同年4月からプロ野球中継の実況・リポーターも兼務。当番組への出演日が週の前半(月 - 水曜日)に限られるため、それまで月曜日の1コーナーにレギュラーで出演していた桂三枝(現・六代桂文枝)を、週の後半(木 - 土曜日)のパーソナリティに抜擢した。, 同時に、収録での演奏に対するアマチュアバンドの応募件数が増加の一途をたどっていたことから、千里丘放送センター第一スタジオなどで、定期的にオーディションを実施するようになった[注 3]。, これを機に番組の聴取率は、当時の深夜番組の平均の20倍に相当する4%にまで上昇[2]。当時駆け出しの落語家だった三枝を一躍スターダムに押し上げた。MBSテレビでも、1969年7月から、斎藤・三枝の出演で『ヤングおー!おー!』(SABホールでの公開収録番組)を放送。同年10月からはTBSラジオで、公開生放送形式で『ヤングタウンTOKYO』を開始した。, 三枝は当番組と並行しながら『ヤングタウンTOKYO』に放送開始から1975年9月まで、パーソナリティとして出演。毎週土曜日、当番組の収録を終えた後、飛行機による移動を経て、『ヤングタウンTOKYO』の生放送に臨んでいた。, 1970年には、『ヤングおー! - 嘉門達夫の生ネタ道場 - 関西魂 - ピラメキーノ/ピラメキーノ640 - ピカルの定理 - 朝生ワイド す・またん! - よしもと黄金列伝! 〜みんなの社会CAR見学〜 - プリプリ - パテナの神様!(ナレーター) - 坂上忍の勝たせてあげたいTV - 金曜オモロしが, 二丁目ワチャチャTV - 笑いの剣 - Mars TV - ぴたっTV - すんげー!Best10 - エンタメゆうえんち 東京移住計画 - 千原・ジャリのバカTV - 千原・ジャリのバカビデオ - 千千原原 - PUSH! - 幸せさがしバラエティ 花モ、嵐モ!! - ランキンの楽園 - 勉強してきましたクイズ ガリベン! - おっ三ラジオ - 北野誠のFXやったるで! - プレバト!! - らくらぶR - 森脇健児の値切って住まいル - 趣味悠々「中高年のための楽しい卓球レッスン」 - 走る男 - 走る男II - かんさい情報ネットten! - お前はまちがっとる!2000年代: かもたつ - 図星でしょ☆ - 劇的な日常 - 絶対キレイになってやる! - すじがねファンです! - クイズ漫才グランプリ - オレたちひょうきん族 - 三枝の愛ラブ!爆笑クリニック - YOUごはんまだ? - オールナイトフジ - うるとら7:00 - お天気チャンネル - オレたちひょうきん族 - ものまね王座決定戦 - ものまね珍坊 - ビートたけしのお笑いウルトラクイズ - スターどっきり(秘)報告 - ドリフ大爆笑 - まけたらアカン! - スーパークイズスペシャル - スーパー電波バザール 年越しジャンボ同窓会 - 24時間テレビ 「愛は地球を救う」 - オールナイトフジ - TVジェネレーション - テレビの王様 - 超人!コロシアム - 世界とんでも! お笑いワイドショー マルコポロリ! Oh! - ラジオDEごめん - 正解るんです - 今田・東野の血が騒ぐ - 名古屋が最高! - お笑いワイドショー マルコポロリ! !」), 1994/04 - 1995/03 よゐこ、松本麻希(「ヤンタン あそびのWA! - 超地球ミステリー特別企画「1秒の世界」 - クイズ!イチガン - お笑いエピソードGP THE芸人大図鑑 - KOZY'S NIGHT 負け犬勝ち犬 - 日10☆演芸パレード - ビートたけしの今まで見たことないテレビ - 芸能人こだわり王講座 イケタク - 今田耕司プレゼンツ 鶴瓶vs未知数芸人 俺の相方誰やねん! - 生生生生ダウンタウン - ダウンタウン汁 - 発明将軍ダウンタウン - かざあなダウンタウン - ダウンタウン・セブン - WORLD DOWNTOWN - 考えるヒト - 爆笑 大日本アカン警察 - リンカーン - 100秒博士アカデミー - してみるテレビ!教訓のススメ. - ゴールデンタイム - 志村けんのオレがナニしたのヨ? セイ!ヤング - 青春大通り - 青春キャンパス - セイ!ヤング21 - MBSヤングタウン - 日立ハローサタデー - MBSチャチャヤング - 純喫茶・谷村新司 - ラジオ深夜便 - MBS千里丘フェスティバル・ファイナル - 谷村新司 まぁるい日曜日 - セイ!ヤング・オールナイトニッポン Are you ready? - っちゅ〜ねん! - 芸人記者 体当たりスクープSP - 地球侵略!ダバダバ大戦 - やりすぎコージー - 芸能人私生活のセンス完全抜き打ち一斉調査! - 今田ハウジング - 東京マスメディア会議 - 3人協力クイズ!シャムロック - たけしの誰でもピカソ - 産直限定!通販バトル - あいのり - うたゲーTOWN - クイズなんでもNo.1決定戦 - 抱きしめたいっ! - ごごイチ - 森脇健児《村》〜モリワキケンジビレッジ〜 - だしツッコミ! レツゴー三匹 - 横山やすし・西川きよし - オール阪神・巨人 - 明石家さんま - 島田紳助 - やしきたかじん - 上沼恵美子 - ダウンタウン(浜田雅功・松本人志), ながばなし - 明日になれば - Walking on - 砂の十字架 - かりそめのパートナー - 横顔 - 愛の時代に, ラヴ・イズ・オーヴァー - あんた - やっぱ好きやねん - ICHIZU - 未練〜STILL〜 - 愛することを学ぶのに - 大阪恋物語 - なめとんか, 泣いてもいいか - 東京 - さよならが言えるまで - 優しい女には毒がある - 泣いたら負け - もしも夢が叶うならば - ICHIZU new version '96 - 惚れた弱み - 想い出にて - My memory, TAKAJIN - 愛しのガール - 明日になれば - プロフィール - CATCH ME - For You〜やっぱ好きやねん〜 - ICHIZU -The Vocal -泣いてもいいか - Mood-夢見る男のために- -egoism-天国はまだ待ってくれる- - JINX - PROCESS, Till Now - WEST WIND たかじんスペシャル - 長い物語-たかじん's HISTORY - TAKAJIN DO MY BEST - 決定版 やしきたかじん - TAKAJIN SINGLE COLLECTION - YASHIKI TAKAJIN ANTHOLOGY - TAKAJIN THE BEST〜My memory〜 - Ballad for Woman〜女性のためのバラード集〜 - GOLDEN☆BEST やしきたかじん - たかじん やっぱ好きやねん -シングル・コレクション- - ETERNAL 〜やしきたかじん全曲集〜, わが輩は歌手である〜たかじんソング&トークライブ〜 - YASHIKI TAKAJIN 50 YEARS OLD ANNIVERSARY SPECIAL CONCERT, たかじん胸いっぱい → 胸いっぱいサミット!