第一類医薬品って原則は薬剤師の対面販売なんだけど、普通にネット通販で買えるよね。 あのカテゴリー意味なくない? 第一類医薬品で腹立つのが買いに行っても薬剤師がいないことだよね。別に、相談したいわけじゃ ... 先日、大規模な薬歴の未記入が話題になって調剤薬局業界を震撼させましたね。 ひとまず、 診療報酬を約1億7000万円を患者らに返還することになったそうですが、これで決着はついたのでしょうか? この1億7 ... 調剤済みの処方箋てやたらとスタンプ押しますよね。もちろん全部必要なんです。 薬剤師の名前に関してはおそらくフルネームスタンプ(横板)と印鑑(丸印)を2つ押すと思うんだけど、なんで2種類も必要なのでしょ ... FAXで処方箋応需ってもう普通にやってますよね。大手薬局チェーンでは大々的に取り入れて宣伝してます。 これは患者を囲い込むためなんだけど、法律的にはFAX調剤ってどうなのかなって調べてみた。 で、そん ... 注意!! すみません。結論がわからなくなって途中で匙を投げました。 考察内容だけでよければ続きを読んで下さいませ。結論は有耶無耶です。 PL顆粒やシナール錠とかは普通に買えるからいいとして、今回注目し ... 医者からもらった風邪薬がすごく良くて、またもらいたいって思ったときに、薬局にもらいに行ってもたぶん薬は売ってもらえないと思います。 なんだかんだ理由をつけられて「また病院を受診して処方箋をもらってから ... 先日、薬局長が在宅からなにやら落ち込んだ様子で帰ってきたと思ったら、どうやら駐車禁止の罰則をもらってしまったようです。 これで2回目ということですごく落ち込んでいました。 業務中の駐車禁止の罰金ってだ ... ジム子(プロフィール) ョンを飛ばして本文に進みます, 研修医・若手医師のための入会案内冊子, 競争的資金等の適正管理に向けた取り組みについて, 10年以下の懲役 1千万円以下の罰金(またはその両方), NHK・民放・ラジオをリアルタイムで流す, 業務用契約によるDVD・ビデオを流す, ケーブルテレビ等と業務契約をして放æ˜, 地元のケーブルテレビ局が業務契約を設定していなかったので、一般家庭用の契約で放映するのは. ・最大手ならではの転職のノウハウ, なんといっても「スカウト機能」がすごい。プロフィールを公開しておくだけで企業の方からオファーがきます。自分からアピールするのが苦手という人にはいいですよね。, 医師のリアルな処方理由を知りたければ「医師・薬剤師」だけの医薬品の評価サイトがおすすめ. ・圧倒的な求人の「量」と「質」 / Designed by. 一口に著作権と言ってもいろいろあって「上演権、演奏権、上映権、口述権、公衆送信権、譲渡権、複製権、頒布権」などまだまだたくさんあります。 この中でも店内で音楽を流すという行為は楽曲を使用することになるので演奏権の使用に該当します。 演奏というと楽器で奏でるイメージですが、CDプレイヤーで音楽を流すことも演奏に該当します。 購入したCDを個人で音楽を楽しむことは著作権の使用には該当しないのいうまでもありません。個人で楽しめなければ買う意味がないですからね。 また特定 … そこで安易に、市販のDVDを買ってきたり、自宅で院長先生が録画した映像を待合室で流す医院や病院があるのですが、それはやはり著作権上では問題となるのです。いきなり損害賠償を請求されることはないと思いますが、患者の中には権利にうるさい人もいて指摘された医院や病院も知っています。結果、販売元と交渉をして、待合室での上映を許可してもらったものだけを流すという対応になってしまいます。あなたは、「えっ、許可なんて、取れるのか?」と疑問に思うでしょう。ハッキリ言えば、市販のDVDの許可なんて取れるはずはありません。そこで、思い切ってDVDを流すのは止めて、もっと集患や増患につながる映像を流すのはどうでしょうか? 著作権法上問題なし。 NHK・民放番組を自宅で録画し、待合室で流す × 著作権法上問題あり。放送局の許可が必要。 業務用契約によるDVD・ビデオを流す: : DVD、ビデオの販売元と業務用契約を行うが、これは映像に対してのみの契約。 1.憲法その他の法令 2.国若しくは地方公共団体の機関又は独立行政法人が一般に周知させることを目的として作成し、その著作の名義の下に公表する広報資料、調査統計資料、報告書その他これらに類する著作物は、説明の材料として新聞紙、雑誌その他の刊行物に転載することができる。ただし、これを禁止する旨の表示がある場合は、この限りでない。, ただ、法令・条文などの13条に該当するものはそもそも著作権がないので引用規定も適用することなく使用できる。, 一般人が作成した文章は、作成と同時に著作権が発生して保護されるが、その文章の一部を拝借するのが引用です。, 適正な引用は、著作権の持ち主から許可をとらなくてもすることができます。その代わり、必要以上に広い範囲を引用したらダメで、最低限にとどめる。, 雑誌でいくつかの記事があったら記事ごとに著作権が発生しているで、その記事の一文を引用する事は構わないが短い記事であっても全文を引用することはできない。, あとは、自分の文章よりも、引用文の方がボリュームがあるとどっちがメインなのかわからないから、引用するときは自分の文章が「主」になるようなボリュームにする必要があります。, でも、まとまった勉強時間ってなかなか確保できないから知識のアップデートって大変ですよね。忙しい店舗で働いると帰りが遅いから勉強なんてできないですよね。。, 医療保険も、介護保険も、すでに財源はパンク寸前で、このままでは破綻してしまうのはあきらかです。制度を維持していくために、限られた財源をどう使っていくか過激な議論がとびかっています。, これから薬局業界で生きていくならしっかり情報収集して、今やるべきことを見極めていく必要があります。, たとえば、いま注目されているのは「リフィル処方箋」です。このリフィルを実行するための要件を「かかりつけ薬剤師」にしたいという話がでているのはご存知でしょうか?, つまり、いま薬局がやっておくべきことは「かかりつけ」を増やしてフォローしていくことです。, そこで効率よく情報を収集する手段が必要なんです。もし効率よく薬局情報を収集したいなら「m3.com」を利用するのが1番。, 「m3.com」では薬局に関連するニュースをまとめて配信してくれています。たとえば「新薬情報」「業界の動向」「行政のニュース」「医療従事者がおこした凶悪事件」など。, 登録すると私の業務改善コラム「薬局業務の効率化テクニック -今日から活かせる!業務ノウハウ-」も読めるからよかったら探してみてください(これが宣伝したかったw).