以上、脳神経外科専門医より, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 今回は解剖第三弾です!今回もできるだけ整形外科を意識しました。 2分でできる獣医ミニテスト:解剖 後肢 クイズをスタート 膝蓋靭帯で終わる筋肉は? 半腱様筋 前脛骨筋 半膜様筋 大腿四頭筋 膝蓋靭帯の ... 今回は循環器!国試的にも臨床的にもかなり大事なところです!重要なところを出題しました。 2分でできる獣医ミニテスト:内科 循環器 クイズをスタート 犬の平熱(直腸)はどれ? 37.5℃ 38.5℃ 3 ... 上級生向けミニテストを作りました。 本格的に 国試勉強を始めるのはもっと先だと思いますが、空いた時間に覚えているか確認する程度のノリで使ってください!これから高頻度で更新していきたいと思います!薬理定 ... 今日のミニテストは解剖です!圧倒的暗記量でとっつきにくいと思うのでこのミニテストが覚えるきっかけになってくれたらうれしいです! 解剖学問題 頭部 クイズをスタート 脳と脊髄の連絡口をつくる骨は? 蝶形 ... 病理学第二弾!とっつきにくいが少しずつ撃破していこう! 2分でできる獣医ミニテスト:病理学 総論2 クイズをスタート 永久細胞はどれ? 末梢神経 骨髄 心筋細胞 平滑筋 創傷治癒過程において血管新生は ... 獣医師一年目。どうぶつ業界の人たちは学生時代、決して暇じゃない。勉強・研究・実習・就活・勉強忙しい日々だ。その中でも獣医学以外にもやるべきことがあるはず。獣医学以外のことをなるべく多くするためにできるだけラクして国試や定期試験をパスするする方法を考えていきたい。おなしゃす。instaでは主に例題出題、twitterではいろいろつぶやいています。どうぞ↓↓. これらのニューロンからの信号の総和が閾値を超えるとαモーターニューロンが発火し特定の数の筋線維が収縮し、全体で見ると筋肉がぴくっとするわけです。 また、性染色体のX染色体にこのような弱い疾患の遺伝子が存在したとします。もしこの疾患遺伝子を持つ父親と正常な母親の間に子供が生まれた場合、女の子であれば100%の確率で発病することはなく、この女の子はこの疾患遺伝子の保因者となります。そして男の子が生まれた場合は、これも父親からは疾患に関係のないY染色体が受け継がれますので、これもまた100%発病しません。 だと,本には書いてあるのですが, 遺伝子のこのような発現形式はそのほとんどが遺伝子の間の優劣関係で決まります。しかし、同じ疾患でも多種多様な遺伝形式を持つ場合があり、どの疾患も一概に同じ型にはまるものではありません。, kouraさんがある程度知識を持たれていると失礼に当たるかも知れませんが、もう少し簡単に説明してみます。 では、どの様に発火させるのかと言うところがこの質問に答える近道だと思います。 では、本題の説明に入ります。 「常染色体性優勢遺伝」「常染色体劣勢遺伝」とはどのようなものなのでしょうか。 たしか、細菌を2分する視標だとおもったんですけど。 参考URL:http://members.optushome.com.au/karens/t5.htm, グルコースとグリコーゲンの違いはあるのでしょうか?私は糖が血液にいる間はグルコースで、糖が筋に入るとグリコーゲンに変わるという解釈をしています。具体的な違いを教えて頂ければ幸いです。, 植物は光合成などによりグルコースを合成しますが、人間や動物はグルコースの形のままで体内に貯蓄される事はほとんどありません。グルコースのままではかさばるからだと思います。たいていは脂肪や、筋肉や肝臓に貯えられるグリコーゲンの形で存在します。グルコースは糖を構成する基本的な単位であり、グルコースが何個もつながったものがグリコーゲンです。グリコーゲンはグルコースが何個も連なり、更に枝分かれして、大変貯蓄に適した形となっています。 仮性球麻痺とは、症状的には延髄機能障害を示唆するけれども、皮質球路(corticobulbar tract)とくに両側内包部の障害により下位脳神経麻痺(嚥下障害や構音障害、顔面筋麻痺など)を来した状態を言います。(すなわち、延髄がやられていないのに延髄がやられたのと同様の症状を呈するため、「仮性」球麻痺と言う) 1.腕を曲げる時は伸ばす筋肉は弛緩するでしょ??誰がしてるの?頭(大脳皮質)では考えていません。 しかし、後者は何か??簡単に理解できる例として、、 個人的には、錐体路と錐体外路で単純に機能分けをするのはどうかと思いますし、この考え自体少々古い考え方になっていると思います。元々corticospinal tract(皮質脊髄路)が錐体(延髄にある膨らみ)を通るので錐体路と呼び、それ以外にも運動に関わる神経路があるから錐体外路と呼んだだけですので、敢えて機能云々言わないほうがいいと思います。 ご教授いただけると嬉しいです。 硝子滴変性. これはリンパ球などで作られます。 肝硬変というのは、元は肝臓の炎症(=ウイルスや菌に侵されている)です。 フィブリノイド変性は、フィブリン様変性とも呼ばれ、病変の主体は膠原線維であり、線維は膨化し、線維構造を失い均等な硝子様となる。血漿内の線維素が膠原線維を侵淫し、線維間に沈着凝固した状態と考えられています。(膠原線維自体も構造変化を示す) フィブリノイド変性. 教えて下さい。, 短腕の p は petite (プチ) からきてます。フランス語の「小さい」です。 なかなか明確に定義してある本が見つからなくて困っています。 次に、アルブミンの方についてですが。 「常染色体劣勢または優勢の遺伝です。」とよくいわれます。 参考URL:http://www11.ocn.ne.jp/~nutrbio/kanri-biochem.html, 植物は光合成などによりグルコースを合成しますが、人間や動物はグルコースの形のままで体内に貯蓄される事はほとんどありません。グルコースのままではかさばるからだと思います。たいていは脂肪や、筋肉や肝臓に貯えられるグリコーゲンの形で存在します。グルコースは糖を構成する基本的な単位であり、グルコースが何個もつながったものがグリコーゲンです。グリコーゲンはグルコースが何個も連なり、更に枝分かれして、大変貯蓄に適した形となっています。 宜しくお願いします。, 専門的な質問です。 遺伝子は父母からそれぞれ22本の常染色体と1本の性染色体を受け継ぐのですが、この際に例えば父方の遺伝子に強力な発現力を持つ疾患遺伝子が存在すると、母方のペアとなる遺伝子の発現は正常に働かず、父方の疾患遺伝子が優位に発現し、発病します。これが常染色体性優性遺伝です。 前の方で錐体路の働きは少ないといいましたが、それでも多くのかたは、錐体路は随意運動には欠かせない!!とおもうでしょ? まず、人間には22対(44本)の常染色体と2本の性染色体(男:XY、女:XX)があります。 ・歩き方がぎこちなくなる Scientists have labelled each of the arms of a chromosome. まず、 要領の悪いご質問ですみません。, kouraさんがある程度知識を持たれていると失礼に当たるかも知れませんが、もう少し簡単に説明してみます。 医学的にはどのような病気がありますでしょうか。 さて、錐体外路と錐体路の件ですが、 The short arm is called "p" for petite or small. まず、人間には22対(44本)の常染色体と2本の性染色体(男:XY、女:XX)があります。 腎不全により酸の排泄が障害され、更にHCO3-の再吸収障害によるアニオンギャップが増加する代謝性のアシドーシスです。, 脳及び脊髄を中枢神経と言い、これらの障害により起こる運動麻痺を中枢性麻痺と言います。脊髄前角細胞から末梢神経の障害で起こるものが末梢性麻痺です。 遺伝子は父母からそれぞれ22本の常染色体と1本の性染色体を受け継ぐのですが、この際に例えば父方の遺伝子に強力な...続きを読む, pHの維持機構には、(1)肺による調節(2)体液緩衝系による調節(3)腎による調節がありますが、腎不全になると重炭酸イオン(HCO3-)がなぜ減少し、水素イオン(H+)が増えて酸性に傾くのか分かりません。また、腎臓では『りん酸塩・塩化アンモニウムにより酸を緩衝して排泄している』と説明がありました。(2)の体液緩衝系も腎不全に関係しているように思うのですが、混乱して分かりません。どなたか分かる方、教えてください。, この代謝性アシドーシスの要因としては、以下の3つが考えられています。 最終的に昏睡し、1歳から1歳半ほどで死に至ります。, ・プリン体代謝異常がおこり尿酸が血中に蓄積(高尿酸血症)し、尿酸塩の結晶が内臓や関節に蓄積する, ≪病理学 退行性変化≫ 専門学校の授業ようですが。。。 | 日本一わかりやすい動物看護の勉強. Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. でもね、進化の上で錐体路はごく最近出来たんですよ。 違い: 腎尿細管上皮…糸球体から漏出したタンパク質の再吸収 肝細胞…急性低酸素血症、毒物中毒。血清タンパク質の細胞内吸収。 ④フィブリノイド変性. お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。. しかし、前の説明を見ていただくとおり、どちらも、数万のうちの一つにすぎません。特に錐体路は、全体に占める役割は本当はとても少ないのです。これは、高校などで習う事実とかなり相反するかと思います。 (3)NH4+の排泄障害 また、両者は常に一緒に働きますから、それぞれが運動制御の一部分を構成して居るんだと思えばいいのです。 (1)滴定酸(リン酸塩、硫酸塩など)の排泄障害 錐体路=随意運動 人体組織学の用語の問題なのですが, セロイド. ・歩き方が大げさになる(測定過大) すごい! {{maxScore}} 問のうち {{userScore}}問正解です!, 働いてみて感じたこと、なぜ獣医は医師より給料が安いのか?(動物病院の給料について考えてみた). さて、錐体外路...続きを読む, 細菌の同定に用いるオキシダーゼ反応ってどんな反応ですか? などの症状が現れるようになります。, 筋緊張やけいれんが現れ、音などの刺激に過敏になりますが、その後反応が鈍くなっていきます。 と言うのは、強いて言えばアメリカ人と日本人の気質を一言で断言するのに近いかもしれません。 これらのニューロンからの信号の総和が閾値を超えるとαモーターニューロンが発火し特定の数の筋線維が収縮し、全体で見ると筋肉がぴくっとするわけです。 このαモーターニューロンへは、実は、平均しても一個のαモーターニューロンあたり数万個のニューロンからの入力つまり調節を受けています。 この際もし父方の疾患遺伝子が単独で優位に発現することができない場合は、正常の母方の遺伝子が優位に立ち、正常な発現をするために発病には至りません。しかしこの疾患遺伝子が父母双方から受け継がれた場合、優劣の競合は存在しませんので、発病することができます。このようなパターンが常染色体劣性遺伝です。 糖をエネルギーに変える反応には、無酸素時に糖を分...続きを読む, 肝硬変では、アルブミンというたんぱく質は低下しますが、グロブリンというたんぱく質は増えると聞きました。 見当違いならすみません。, このカテゴリーでよろしいんでしょうか。 グロブリンは「免疫」ですから、肝臓内のウイルスを破壊しようとしてどんどん生産され、つまり増加するわけです。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); このブログやTwitter:@petit_vetでは、獣医学を通して獣医師や獣医学生、動物業界に関わる人たちを幸せにしたいという思いで活動しています。, とっつきにくくないですか...?苦手な人は感染症などの後に病理をすると覚えやすいかも!僕は病理各論は主に感染症と一緒に覚えました! 病理は総論が特にきついイメージでした。。。国試過去問に出たところから地道にがんばりました。。。。今回もミニテストをやっていただきありがとうございます!皆さんの勉強に生きたならとてもうれしいです!, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 2.コップに水をくみます。だんだん重くなりますが、腕は下がりません。誰がしてるの?頭(大脳皮質)では考えていません。 このαモーターニューロンへは、実は、平均しても一個のαモーターニューロンあたり数万個のニューロンからの入力つまり調節を受けています。 アミロイド変性とは,異常な線維性蛋白が沈着することで, 常染色体優性遺伝および劣性遺伝の場合はこの常染色体のどこかに起因となる遺伝子が存在することになりますが、この二つの違いはその遺伝子の発現する「力」によると単純に考えて良いでしょう。 それがどうしてなのか、知りたいのですが、どなたかご存知の方教えてくださいませんか。, まず、グロブリンについてですが。 現には虫類にはありません、ほ乳類でも錐体路の構成は極めて不安定です。 褐色萎縮で蓄積するものは? リポフスチン. 肝硬変で肝臓の機能がガタ落ちしているのですから、そもそもそんなに作られないわけです。, 球(bulb)とは延髄のことで、これは昔の解剖学者が延髄を脊髄の球状延長とみていたために残っている呼び方です。 4種あるグロブリンのうち、肝硬変で増加するのはγグロブリンといい、免疫グロブリンともいいます。 ビリルビン. 従って、球麻痺とは延髄の障害により起こる麻痺で、主に下位脳神経麻痺(嚥下障害や構音障害など)を指すことが多いようです。 ・ときどき足をかばうように歩く 常染色体優性遺伝および劣性遺伝の場合はこの常染色体のどこかに起因となる遺伝子が存在することになりますが、この二つの違いはその遺伝子の発現する「力」によると単純に考えて良いでしょう。 アルブミンは、肝臓で作られます。 硝子様変性. 以下のURLはとてもわかりやすく生化学が説明されています。どうぞ勉強してみてください。 Copyright© ちょっとベットーーク! , 2020 All Rights Reserved. 線維素性炎(急性線維素性炎症)は、滲出物に多量の線維素を含む急性炎症のことです。, 錐体外路は錐体路の運動刺激を微調整する?というようなことは少し理解できましたが、今ひとつはっきり分かりません。役割や違いについて簡単に教えて下さい。位置する場所などは分かります。よろしくお願いします。, 筋肉の運動を起こすには最終的には脊髄などに存在しているαモーターニューロンを発火させることで可能です。 PS錐体外路の全体像が(解剖学的にでも)解っているならたいした物ですよ!!, 筋肉の運動を起こすには最終的には脊髄などに存在しているαモーターニューロンを発火させることで可能です。 3.空気椅子で一分間我慢、、、。でも、人間の筋線維は連続して収縮できないのです。じゃあどうするの?それは、沢山ある筋線維を、入れ替わり立ち替わり収縮させて、見かけ上連続して収縮しているように見せかけるだけ、現に、疲れてくるとぷるぷるするでしょ? じゃぁ、誰が入れ替わり立ち替わりを制御してるの?頭(大脳皮質)では考えていません。 フィブリン沈着とは、血液凝固の際にトロビンの作用により、血漿中の線維素原が、線維素となって網状に析出してくる。特に線維素性炎症の際には滲出液中に多量の線維素原血液から移行するために炎症巣内に網状の繊維素が析出し沈着すること フィブリノイド変性は,フィブリンに免疫複合体や補体が結合した類線維素物質が沈着すること 『フィブリン沈着』 と 『フィブリノイド変性』 と 『線維素性炎』の違いはなんでしょうか? 動物看護専門学校で授業している獣医師です。日本一わかりやすい動物看護の授業を目指しています。, ヘマトキシリンで細胞核を青紫色に、エオジンでその他構造物を種々の濃さの紅色に染める。, 過程: 変性した膠原繊維に血漿タンパク質が浸み込んで形成される。フィブリノイド壊死ともいう。, ・アミロイドは細胞外に沈着するため、肉眼的にアミロイドが沈着した臓器は腫大し、硬い, ・アミロイドが細胞外に沈着するため、細胞が圧迫を受け萎縮し、臓器の機能障害がおこる, ・インスリン依存型糖尿病(Ⅰ型糖尿病)…膵臓β細胞破壊による。インスリンが欠乏している, ・インスリン非依存性糖尿病(Ⅱ型糖尿病)…インスリンに対する感受性の低下、インスリンの相対的不足, ・脂質は生体の組織、細胞、体液内に広く存在し、その代謝異常はさまざまな疾患に伴って起こる, 通常、GM1ガングリオシドという物質(糖脂質)は細胞内にあるリソソーム(ライソゾーム)という小器官で、酵素により分解されます。GM1ガングリオシドーシスでは、遺伝子変異により、GM1ガングリオシドを分解する酵素が欠損し、リソソーム内に蓄積します。, このような病気をリソソーム(ライソゾーム)蓄積病といい、他にも、日本ではボーダーコリーで知られるセロイドリポフスチン症などがあります。, (※セロイドリポフスチン症は遺伝性疾患で、ボーダーコリーを始め、その他数種の犬種で確認されている遺伝性疾患です。主に運動障害、知的障害、視力障害などの症状が発現し、症状が進行すると死に至る。), 生後5カ月から6カ月で、 中枢性麻痺では通常、痙性麻痺のタイプとなり、腱反射は亢進し、病的反射(バビンスキー反射など)の出現を見ることもあります。筋萎縮はないか、あっても廃用性の萎縮が中心です。大脳レベルの障害では障害側と反対の半身の麻痺となり、脳幹のレベルでは交代性片麻痺となることがあり、脊髄以下では同側の麻痺が起こります。 まとめました。よかったら使ってください。病理学2年生11月後期中間テスト範囲p39~58「退行性変性と進行性変性」退行性病変についてp39★退行性病変には3つある。なにか?1萎縮2変性3壊死★萎縮とは何か。「一度完成した組織や臓器が、何らかの原因で小さくなること。 コロニーに過酸化水素水をかけて酸素の発生の有無を調べるやつです。 長腕の q は、p の次の意味です。 これが陽性の菌と陰性の菌で何か違いがあるのでしょうか?, 細菌の同定に用いるのに「カタラーゼ反応」があります。 錐体外路=不随意運動 一般的には錐体路が随意運動錐体外路が不随意運動と言います。 The long arm is called "q" simply because it's the next letter in the alphabet! 病気: アレルギー性血管炎、多発性動脈炎、水銀 … 専門的な質問です。 以下、参考URLからの抜粋。 具体的にアミロイド変性とフィブリノイド変性と,あと線維化の違いが分かりません。 ヒトでも完全に純粋に錐体路のみを障害しても、時期随意運動は出来るようになると聞いています。 混濁変性. (2)HCO3-の再吸収障害 もっと厳密に言うといくらでも書くべきことはあるのですが、どの程度の回答を希望されているのかわかりませんし、目的もわかりませんので、この程度にしておきます。, 染色体の短腕をp 長腕をqで表します。この語源は何でしょうか。もとは何語でしょうか。 ・何かしようとすると頭が震える(企図振戦) ぜひご教授よろしくお願いします。, こんにちは、定義を知りたければ、まずは、辞典ではないでしょうか?以下に簡略的に述べます。 フィブリノイド変性は、フィブリン様変性とも呼ばれ、病変の主体は膠原線維であり、線維は膨化し、線維構造を失い均等な硝子様となる。 血漿内の線維素が膠原線維を侵淫し、線維間に沈着凝固した状態と考えられています。 錐体路は、大脳皮質から始まるニューロンが直接αモーターニューロンを支配している物です。一方、錐体外路は、大脳皮質からの直接投射はなく、脳幹の網様体などから投射される物です。前者は意識運動というイメージと繋がりやすいですね。 ・体のバランスがとりづらい ただ、多くの教科書や、先生方はそのように断言するかもしれません。完全に正しくはありませんが、大きく間違っても居ませんから、素直にそう思いつつ、世の中は、(特に生物は)そんなに簡単には割り切れないんだけどね、、。とニヒルに笑っておけばいいと思いますよ(^^; 手持ちの本に載っていなかったので教えてください。 糖をエネルギーに変える反応には、無酸素時に糖を分解する解糖系と、有酸素時に糖からできたピルビン酸を分解するTCA回路というものが存在します。人間でマラソンなどをするときは、はじめの7分くらい(はっきり覚えていないのでこの7分という時間には誤りがあるかもしれません)は、無機状態で糖を分解しますが、有酸素時にはTCA回路が主に働きます。 この有酸素時に筋肉にどれだけグリコーゲンが蓄えられているかで、運動の持久力も変わったりします。 つまり、この辺のことをうまくやってくれているのが錐体外路系なのです。現にこの制御が壊れると、じっとしているのが出来なくなるんですよ。マイケルJフォックスさんのパーキンソン病もその一つです。 では、どの様に発火させるのかと言うところがこの質問に答える近道だと思います。 ところが、この保因者となった娘が正常の男子と子供をなした場合、生まれてくる男の子の50%は疾患遺伝子がある方のX染色体を母親から受け継ぎ、さらにそのペアとなる性染色体がY染色体であるため、このX染色体の疾患遺伝子より優位に立つ正常遺伝子が存在しないため、疾患発現を抑制する因子がないことにより発病します。これはいわゆる「伴性劣性遺伝」です。この形式で有名なものには色盲がありますね。