‚év‚̏ꍇA‚»‚Ì“¯sŽÒ‚Í‚»‚ÌŽå’£‚ÉŒ‡‚©‚¹‚È‚¢d—v‚È–ðŠ„‚ð’S‚¤—§ê‚Å‚ ‚邱‚Æ‚ª‘z‘œ‚Å‚«‚éB. 運転代行業(うんてんだいこうぎょう)または運転代行とは、飲酒などの理由で自動車の運転ができなくなった者の代わりに運転して、自動車を目的地(主に依頼者の自宅)に送るサービス。「代行運転」とも呼ばれている。, 1963年に富山県にある『株式会社日星』(かぶしきがいしゃにっせい)が日本で初めてこのサービスを行った。1980年頃に道路交通法の改正で飲酒運転の取り締まりと罰則が厳しくなったことで注目された。特に、公共交通機関が発達していないため自家用車で移動することが多い郊外や地方で普及している[1]。, 従来は法規制が全くなく、参入障壁が少ないことでこのサービスを行なっている業者が多かったが、2002年6月、飲酒運転の厳罰化が盛り込まれた道路交通法改正と併せ「自動車運転代行業の業務の適正化に関する法律」が施行され、都道府県公安委員会の認可がなければ営業することができなくなった。暴力団関係者やいわゆる白タク行為で摘発された者は認可されない。また法律施行から2年(猶予期間)が経過した2004年6月1日からは、顧客車を運転するためには、タクシーと同じ第二種運転免許の取得が義務付けられた。2000年代に入ると危険運転致死傷罪と自動車運転過失致死傷罪の新設により飲酒運転に対する罰則がより厳しくなったことから、都市部においては新規開業や業務拡大などの動きが近年目立っている。, 業務は2人1組で車(随伴車)1台を用いて行なわれる。まず、飲酒などの理由で自動車が運転できなくなった者(顧客)から依頼を受け、待ち合わせ場所(居酒屋・飲食店など)に2人で随伴車で向かう。そこで、顧客車のキーを預かる(ただし、繁華街等では店の傍に駐車場が無いことも少なくないため、もし顧客車が遠くに駐車している場合には、さらに随伴車でそこへ向かう)。2人のうちの1人は顧客車を運転し、顧客も、顧客車に乗せて、目的地まで移動する(なお、同乗者が一緒の場合も然り、顧客車に乗ってもらう)。もう1人は、随伴車で目的地まで随行する。目的地に着いたら、顧客に車を返し料金を受け取る。そして、2人で随伴車で営業所に戻る。, タクシー会社が行う代行サービスの場合は、随伴車の代わりにタクシーに2人乗車で向い、目的地までは顧客はタクシーに乗せ、顧客車に運転者が1人で乗車して向かう。料金は通常のタクシー料金に代行サービス分の料金が加算される。代行サービス料自体は代行専門業者よりも割安だが、基本がタクシー料金であるために総額では割高となる傾向が強い。, 代行業者の随伴車には、「(都道府県名)公安委員会認定第○号(業者名)代行随伴用自動車」の文字を入れる事が法律で義務付けられている。また代行運転中は、客の車に所定の標識を掲示することも義務付けられている。, 自動車保険が個々の車ごとの契約となっている保険制度上、随行車が万が一運転代行中に事故を起こした場合は顧客車に掛けられている保険は使えない。各社の約款の対応による。事業用登録を受けている車両を除き、代行業者の随伴車に顧客を乗せる行為は、白タク行為になり法律で禁止されている。, この記事は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。また最新の法令改正を反映していない場合があります。, https://web.archive.org/web/20070509143100/http://chubu.yomiuri.co.jp/tokushu/dounaru/dounaru061129_3.htm, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=運転代行&oldid=77187287. 同行(随行)が決まったとき、すぐ訪問の準備をしたか。 随行・同行が決まったとき、自社内の連絡は確実に出来たか。 複数でタクシーなどに乗るとき、乗る順と席はよかったか。 訪問先の受付、応接室での行動に誤りはなかったか。 応接室では、上司が上座になるように座る。上司が紹介したら、名刺を出して、「◯◯でございます。よろしくお願い致します」と挨拶をする。, 飲み物は先方にすすめられたあと、上司が手を出してから飲む。同行者は、上司が先方と交わす話のポイントをメモしておくこと。, 訪問先でもらった資料は、同行者が預かって帰り、帰社後に上司に渡すか、支持によってファイルする。勝手に処理すると紛失のもと。, 訪問先で約束したことについて、随行・同行者が担当する仕事を確認する。仕事ができても勝手に先方に送ったりしないで、上司に報告すること。, お客さまと討論をしないこと。理屈で勝っても、相手の好意を失えば、ビジネスにはプラスにならない。, 卑屈にならないこと。低調さは応対者の基本心得だが、ペコペコした態度、お世辞笑いは、かえって相手に不快感や警戒感を与える。, 顔見知りになったあと、受付を素通りして勝手に事務所に入り込んだりしないこと。他社の人に見られたくない状態になっているときもある。. 運転代行業(うんてんだいこうぎょう)または運転代行とは、飲酒などの理由で自動車の運転ができなくなった者の代わりに運転して、自動車を目的地(主に依頼者の自宅)に送るサービス。 「代行運転」とも呼ばれている。 随行とは、目上のものに付随するお供として一緒に行くことを意味する。例えば、「社長に随行して出張する」という場合は、社長が主役であり、随行者は脇役である。 同行とは、同じような立場、同じような格のもの同士で行くことである。 たとえば、「◯◯君、これからA商事さんに行くけれども、一緒に行かないか」と、上司から声が掛かることがある。営業マンにかぎらず、同席して上司の仕事ぶりを見る絶好の機会といえる。急ぎの仕事中であれば、「仕上げるまで10分程度待っていただけませんか」と都合を聞いてみるとよいだろう。. 日本語を勉強中の中国人です。「同行」という言葉についてお伺いします。自分は偉い立場に聞こえますか。上司に対して使ってはいけない失礼な言葉になるでしょうか。 たとえば、上司と一緒にb社を訪問することを希望する場合、上司に 会社の中で随行と同行の使い方を知りたいと思います。通常の出張は社長に同行でいいと思うのですが、随行を使いたい人もいます。 目上の人のお供としての出張や訪問ならば「随行」とか「随伴」とかが適切でしょう。同じく社長でも、下請会社の社長ならば同行でもいいかも知れませんが。 ホーム | サイトマップ | リンクポリシー Copyright © 社会人のビジネスマナー All rights reserved. 随行・同行時のポイント.