インナーバレル何センチにすれば良いんだよと。若しくはノズルに詰め物するか? 基本的に初速の調整が行えない仕様にしておき、初速チェックが通ればOKといった感じでした。, とは言え、あくまで2017年1月30日辺りの情報なので、レギュレーションが変わったら使用禁止になる可能性もあるので、定例会等へ参加する前に念のため問い合わせておいた方が良いかもしれません。, しかし、電磁弁導入に当って法律絡みに詳しい人にお話を伺ったり、自分でも調べたり、お店の人に相談したりと色々しましたが、本当に頭が痛くなる…。 当方のはセミオート専用ユニットですので2.5気圧で使用してます。, こちらのユニットを組み込んでいる方の話を聞く限り、最初の数発は高初速を出してしまう事があるようなので、気化室なり減圧させる為の場所なりが必要だと私も思っています。 チェック時にスタッフに一言「電子弁銃」とご説明をお願いいたします。 また、マルシンのCDXシリーズは、初速に影響を及ぼす放出バルブやブローバックユニット周りは簡単には分解出来ないような構造になっています。, とは言え、本当にこれだけで完全に合法になるとは言い切れません。 エア 電磁弁の販売特集 エア 電磁弁の販売特集 「エア 電磁弁」の販売特集です。MonotaROの取扱商品の中からエア 電磁弁に関連するおすすめ商品をピックアップしています。 ... (13種類の商品があります) 申し訳ございません。, 今度ショップに伺った際に確認してみて大丈夫との事でしたらまたこちらの記事のコメント欄に追記させて頂きます。, 了解です。ご親切にありがとうございます。 法律って面倒くさいですね。 一応、苺屋さんからは『日本の法に沿う仕様で特別にお願いしている』と言われております。, 岩本町の飲食店の方は存じ上げませんが、苺屋さんに関しては割と長い事やっている方だったりします。 私はそんな真面目な人間じゃないので、この手の専門家にはなれそうにありません…。, おっ!電磁弁ですか? 実質バルブが開閉する音と放出されたガスの破裂音しか無いので、サプレッサーを付ければほぼ無音になります。, そんな電磁弁ユニットを扱う上で注意しないといけない点が幾つか存在します。 特に気にする必要があるのが銃刀法上の注意です。 初速設定を5ぐらい低く設定お願いします!, Co2埋め込み式の件ですが、初速を簡単に変化させる事が不可能な構造の銃であれば、規制値以下であれば使用は問題御座いません。, という訳で、明確に使用禁止と言われたのは東京サバゲパークのみでした。 MTWは電磁弁ですが、WolverineではV7(Redline N7という別メーカーの製品と勘違いしておりました)というアサヒファイアアームズのセミオートユニットのような発射機構の製品も出しているので、本当に何十年も前に戻っている感じがします。, おそらく箱を渡されなかったのだと思います。箱があれば気づく話なのですが Wolverine Airsoft製の電磁弁ユニットを注文してみました | エボログ, Wolverine Airsoft(ウルヴァリンエアソフト)製の、通常電動ガンのVer2メカボックスを電磁弁化するユニット、HPA SYSTEM INFERNO Ver2と、12gのCO2カートリッジをバッファーチューブに入れる事を可能にするCO2ストックパイプを注文しました。, ちなみに、INFERNOはこんな奴。 RedWolf Airsoftの通販ページから拝借, 電磁弁というのを簡単に説明をすると、フィクスドガスガンのバルブ開放を電子制御で行うタイプの物になります。, 電磁弁のメリットとして挙げられるのは、やはり発射音の小ささですね。 発射音がどんなものなのか、すごく楽しみです。, すみませんがどちらに注文されたか教えて頂けませんでしょうか? そもそも実銃の場合はアッパーレシーバー単体でのガタさえ無ければ精度には影響を及ぼさないので、ガタがあっても問題無いという判断なのだと思います。 言ってしまえばASGKとかJASG、STGA等の協会の認可がおりてないエアーソフトガンは全て違法になる可能性を含んでいる訳ですし…。(そんな事気にしてたらカスタム銃はもとより、海外製品が一切使えなくなる。), まあ、「銃が出せる最大出力で初速が規定値を超えないこと」さえクリアしていれば大丈夫じゃないでしょうか。(拳銃の場合は材質とかにも制限がありますが), 銃刀法周りの制限はまあ何とかしたとして、では実際に電磁弁の銃がサバイバルゲームで使えるのか?という疑問が出てきました。 国内のレギュ合わせだと気化室を大きくして低圧で使用されるのごオススメです。 色々調べてみたのですが、国内の取扱店は動いていないようで・・・, 私が注文をお願いしたショップ名をウェブ上に公開しても良いかの確認が出来ていないので、今現在ではお答えする事が出来ません。 簡単です、分解して撃てなくすれば良いのです。(念のため私は調整途中の銃は全て発射不可能な状態に分解して保管しています), 尚、分解というのはテイクダウンだけでは足りないようで、エアーコッキングや電動ガンであればピストンが動かない状態にする(ピストンやピストンスプリングを外す)、ガスガンであればガスが放出されないようにしたり、ガスがバレル側に流れないような状態にする必要があるようです。, と、少し話が脱線しましたが、電磁弁ユニットを組み込むに当って絶対行わないといけないのは「いかなり状態であっても初速が超えないチューンにする」という事が必須だと私は考えています。, そして、警察等が外部ソースの銃の初速を計測する場合はレギュレーターが出せる最大の出力で計測するのが一般的のようです。 ※メールで問い合わせて返信が来た順番で掲載。 「研究する人」「作る人」「輸出する人」は所持出来ますが全て法令に基づいていたり、国・地方公共団体の職務上所持が必要な場合だけなので「勝手に研究する人」とか「勝手に作る人」とか「勝手に輸出する人」は持てない事になっています。, 「そんな事言ったら、個人やショップのチューナーとかどうなんだよ?調整中の銃で準空気銃あるだろ?」とも思えてくるのですが、多分黙認されてるだけで実質、黒じゃないですかね…。 DASも駆動音への影響は少しあるかもしれませんが、ガタがあっても射撃精度には影響を及ぼさないかと思われます。, ※コメントは管理者の承認を受けてから公開されますので、コメントを投稿頂いても直ぐには表示されません。管理者がコメントを確認するまでには数時間〜1日程度時間を要しますので、コメントの反映まで暫くお待ち下さい。尚、不適切と思われるコメント(スパム、悪意のある内容など)は公開されません。, Wolverine Airsoft製の電磁弁ガスライフル『MTW(Modular Training Weapon) 型番 MTW-NS』. 極端な話ですが、エアーソフトガン弄ってる最中にガサ入れ食らって、調整中の銃が初速超えてたら銃刀法違反で現行犯逮捕も有り得る話だと私は思っています。, ちなみに、調整中の銃の保管はどうするか? この商品は箱の表記は、各国に輸出できるようになっており複数言語で説明が書かれています。当然微妙な日本語も記載されていますのでUSA限定製品ではありません(WolverineのオンラインショップがUSA発送のみなだけです)。, evolutorさん 尚、実銃を持つ事が出来る人でも準空気銃を持つ事は原則出来ません。, 一応、特殊な例として、下記4種類の条件のどれかを満たしていれば所持が認められているようです。(銃砲刀剣類所持等取締法の一部を改正する法律 法律第四十一号 第二十一条の三), まあ、どう見ても一般人は所持する事は出来ませんね。 例えば、10気圧出せるレギュレーターがあったとして、「5気圧なら大丈夫」は通用しません。, 最大放出量にしても初速が規定値を超えないように調整するのは現実的ではないと私は思っています。 また、ジュール数は銃口から1m先で計測されるそうです。, この「ノブによる調整が出来ないようにする」方法ですが、「こうすれば大丈夫」というルールがある訳では無さそうです。 そんな銃が不安定になりそうな事はしたくないので、実質「ノブによる調整が出来ないようにする」が妥当な選択かと。, ちなみに、初速時の環境は、20度~35度の気温で6mmBB弾であれば0.2gを基準としているそうです。 メーカーの方ではありませんが…。, おっしゃる通り、安全弁を付けていたとしても悪意のあるユーザーであれば簡単にオミットする事が出来てしまうのかもしれませんね。, レシーバーのガタツキ、DAS M4でも見られます。作動性の向上の為で、実物でも見られる、とこのことなのですが、どうなのでしょう?, 実銃での話ですが、意図的にガタや隙間を設けているとの話は聞いたことがあります。 うちも持ってますよ。 写真上側の赤色のパーツ(電磁弁)に、トリガーボードやコントロールボードを取り付けて使います。 ノブの仕様について把握いたしました。 当然ですが、ガスを長い時間放出し続ければ初速は上がります。, 私が注文した電磁弁ユニットであるINFERNOのFCUにもこの機能が付いています。, この放出時間の調整方法は単に基盤に付いているノブを締めたり緩めたりするだけなので、そのまま組み立てただけだと簡単に初速を変更出来てしまうのです。 なお、抜き打ち時にオーバーしてしまった場合はその場にて退場、今後の入店お断りなどの処置にもなりえますので重ね重ねご注意ください。, 当フィールドでは、弾速チェックを受けていただく事が前提となりますが、電磁弁銃の使用は可能となっております。, フィールドの弾速チェックをお受けいただき、レギュレーション内であることが確認できれば、電動式CO2エアソフトガンをご使用いただくことは可能です。, お問い合わせいただいたCO2カートリッジの銃ですが、使用していただいて問題ございませんのでご安心ください。, ご質問の電磁弁の銃ですが、当日弾速チェックをして判断をしたいと思います。 あと、音も意外と下げられないです。 お約束は出来ませんが、使用可能だと思います。, こちらで用事したBB弾(0.2g)を使用して、ポップのかけ方等を見て判断したいと思います。, 初速管理を厳しくして頂ければ仕様可能ですm(__)m サイレンサー付けると本当に静かですよ。 自分もようやく電磁弁の世界に足を踏み入れる事にしました。 Wolverine Airsofの日本正規代理店でもある、シューティング苺屋さんからご依頼を頂き、Wolverine Airsoft製の電磁弁ガスライフル『MTW(Modular Training Weapon) 型番 MTW-NS』をレビューしていきます。 ※改行等は調整していますが、原文ママで掲載。, ソースco2ご利用される場合、マルシン製ファイブセブン以外の銃に関しましてはレギュレーターの調整可否等、スタッフと対面形式でチェックさせていただきます。クリア出来ればOKとさせていただきます。, Co2カートリッジガスの使用は可能となります。 ガチガチにしすぎると水が浸入した時に抜けなくなったり、汚れが溜まった時に動作不良を起こしやすくなるのである程度はガタつくようにしているようです。 電磁弁ガスライフル Wolverine Airsoft MTWのレビュー | エボログ, Wolverine Airsofの日本正規代理店でもある、シューティング苺屋さんからご依頼を頂き、Wolverine Airsoft製の電磁弁ガスライフル『MTW(Modular Training Weapon) 型番 MTW-NS』をレビューしていきます。, こちらは苺屋さんからお借りした製品で、国内向けに安全弁が追加されている製品になります。(詳しくは後述)本来MTWはアメリカ限定で販売されている製品なのですが、日本の法律に沿う仕様で特別にお願いして輸入している物だそうです。ちなみに、苺屋さん所有の通称「158(いちごや)シリアルモデル」をお借りしている為、新品ではありません。(この銃、シリアルNOが”158″なんですよ), レビューする前に電磁弁ガスガンについてちょっと説明。簡単に言うと「電子制御のフィクスドガスガン」です。通常のフィクスドガスガンでは、放出バルブを開放するのにハンマーやノッカーを用いますが、電磁弁ガスガンでは電磁弁(電気の力で開閉するバルブ)を用いるのが特徴になります。その仕様故にハンマーを起こしたりする必要が無く、駆動音が抑えられるというのが最大の特徴になります。, 尚、MTWは通常外部ソース仕様ですが、タンクをストックチューブ側に配置したモデルも苺屋さんのほうで作っているようです。ご購入並びに製品のお問い合わせはシューティング苺屋さんのTwitterアカウントの方でお願いします。, という訳で、まずはMTWのマガジンから見ていきます。マガジンはM4/M16系の通常電動ガン互換ですが、デザインはオリジナル。多弾数マガジンではなく、ノーマルマガジンで、装弾数は138発(実測)でした。, 通常電動ガン用マガジンなのに、最終弾検知のレバーが付いているのが特徴です。(赤矢印部分), 尚、最終弾検知機能が付いていないマガジンや多弾数マガジンを使った場合、最終弾検知が出来ないだけで普通に使えます。, そういえばKSC ERG M4用マガジンはどうなんだろう…と思ってERG M4のPマグを使って試してみたのですが、ほんの数ミリマガジンの長さが長くて挿さるもののマガジンキャッチが掛かりませんでした。マガジンを5mmほど削ればもしかしたら使えるかもしれません…。, という訳で、そんなユニークな機能も備わっているMTWを見ていきます。今回レビューするMTWは14.5インチモデルになります。オフィシャルサイトを見ると7インチ、10.3インチ、14.5インチ、18インチの4種類のラインナップがあるようです。, この銃、手に取った時に驚いたのがめっちゃ軽いんですよ…。14.5インチという長さなのに、2キロ切ってるんです。, 続いて、細部を見ていきます。フラッシュハイダーは樹脂製でオレンジ色になっています。アメリカの銃らしい仕様ですね。尚、ハイダーは14mm逆ネジで付いているだけなので、交換は容易に行えます。, アウターバレルにガスブロックやガスチューブなどは付いていないようです。ハンドガードは13インチ位のM-LOKハンドガードが付いています。, ハンドガードはWolverineAirsoftオリジナルで、上部に付いているネジで固定されています。, ハンドガードを外すには、2本の皿ネジの前後に付いているイモネジのみで大丈夫です。イモネジを緩めるとハンドガードが外れます。, バレルナットまで外したいな…と思ってたんですが、鬼のように硬かったのでやめときました…。ちなみに、オフィシャルにはAEG/実物両対応みたいな事が書かれていました。, レシーバー周りはこんな感じ。ざっとアッパーとロアーで色が違うのが特徴ですね。ちなみに、アッパーは6000番台のアルミ、ロアーは7000番台のアルミで出来ているそうです。, 少し気になったのはアッパーレシーバーとロアレシーバーに少しガタツキがあるという点。SYSTEMA PTWのようなガチガチの剛性という訳では無さそうですが、発射に影響を及ぼす部分はアッパーレシーバー側に全て詰め込まれているので、このガタツキは気になるだけで精度への影響は無さそうです。気になる場合はピポッドピンをマジックピンのようなガタツキを抑えるピンに替えると良いでしょう。, エジェクションポートはこんな感じで、エジェクションポートカバーは付いていません。HOPダイヤルはドラム式の無段階調整です。, マガジンキャッチボタンはリアル仕様。尚、ハンマーピンやトリガーピンがリアル仕様なのかは不明ですが、ダミーではなく本物のピンになっています。, ボルトリリースボタンは可動します。最終弾を検知して動作を停止した後、このボタンを押す事で再度射撃可能になります。(詳しくは後述)尚、常にボルトストップが掛かっているかのように飛び出た状態になっています。押した時の感触はバネを潰しているような感じで、クリック感はありません。, セレクターレバーは反対側も連動して動きます。構造的には実物によく似ていますが専用品らしく、実物を加工してポン付けが行けるかは不明です。, 尚、動かすと「カチン」としっかりとしたクリック感があり、とても重いです。マルイやWA、VFCなどのガスブロのセレクターレバーよりも重いですね。, トリガー、トリガーガードはこんな感じ。後述しますが、トリガーは実物やGBBとよく似た構造になっていますが、オリジナル設計で、加工してポン付け出来るかは不明。純正はこの通り、ストレートトリガーなので、ストレートトリガーが嫌いな場合は少し悩まされるかもしれません。トリガーガードもオリジナルデザインの物が付いていますが、こちらは実物と互換があります。, 色々とカスタムされたような仕様なのにも関わらず、何故かグリップは一般的なA2グリップ。グリップは実物互換なのですが、外部ソースとして使うためのチューブを通す穴を開ける必要があります。, チャージングハンドルはこんな感じで、引くことは出来ますが戻りません。オリジナルにする理由も無い気がするので、実物と互換がありそうな気がしますが、不明。, ストックはブッシュマスタータイプのストックが付いています。ちなみにスリングスイベルも樹脂で出来てました。グリップもそうですが、この辺りは「好きなのに変えろ」って事なんでしょうかね。, ストックは6ポジションで、ストックチューブはミルスペック。ストックチューブは実物と互換があります。, と言うわけで、外装も一通り紹介し終わったので実際に撃っていきます。今回、苺屋さんからMTWをお借りするにあたって、このようなソケットを付属して頂きました。これが無いと私が持っている外部ソースユニットが付かないので…。, 尚、今回レビューで使用するパワーソースは、サン・プロジェクト製のグリーンガスレギュレーターです。JASGの認可を通った改正銃刀法適合製品で、最大で0.5MPa(約5気圧)までしか圧力を上げる事が出来ないモデルになります。, まずは空打ちでの動作から。セミフルの様子はこんな感じで、放出されるガスの音しかしません。, ちなみに、ガスを入れていない状態ではこんな動作音になります。実質これがMTWの駆動音という訳ですね。, 尚、MTWには面白い機能も備わっており、1つがEmpty Magazine Detection(EMD)と呼ばれる機能で、最終弾を検知した後にどうやったら再度射撃可能になるかを設定する事が出来ます。, この2つモードがあるようです。モードの切り替えにはセレクターレバーをセミオートにした状態でボルトリリースボタンとトリガーを同時に5秒長押しします。, ボルトリリースボタンを押すのが煩わしいと感じる場合は2のモードにすれば良いと思います。当然ながら、最終弾検知機能が備わったマガジンでのみ使える機能になります。, の5種類のモードがあります。こちらはセレクターレバーをセミオートに入れた状態でトリガーを5秒長押しする事で切り替える事が出来ます。, また、発射サイクルの調整を行う事も可能になっています。調整を行うにはトリガーを引いた状態でバッテリーを繋いで「プログラミングモード」と呼ばれるモードに入る必要があるので、EMDやセレクターの調整に比べると気軽な変更は出来無さそうです。とは言え、電子制御なだけあってこういう事も出来るんですよねぇ…。, 初速はこんな感じでした。HOP量を調整して最低初速と最大初速を調べました。ガス圧は0.5MPa(レギュレーターの上限値)、使用弾は東京マルイ製 0.20g樹脂弾になります。, HOPを最低にした時が一番初速が低く、HOPを強くしていくと初速が上がっていく感じです。HOPを限界まで上げると初速が下がっていきます。なんだか東京マルイ製電動ガンを撃っているような感覚になる初速の変化具合ですね。, 発射サイクルは秒間19発程度でした。尚、サイクルは先述の通り、秒間15発〜35発の間で調整する事が可能です。, 初速のバラツキは上下1m/s程度に収まっているようなので安定している方だと思います。十分実用的な初速に仕上がっている感じですね。, また、できれば長距離での命中精度を計測したかったのですが、タイミング的に難しそうだったのでこれは苺屋さんにお願いしました。距離は30m(苺屋さんのシューティングレンジ)で、使用弾は0.43g弾です。, だいたい150mm前後でまとまっているようです。(3枚目のキサマ案件…)全体的に左右よりも上下のブレが大きいので、チャンバー周りの調整で更に良くなる感じもしますね。というか、むしろチャンバー周りしか内部弄る箇所無いんですが…。, 尚、駆動音が少ない事を先程述べましたが、発射音が静かという訳ではなく、ガスガンらしい破裂音が鳴ります。しかし、サプレッサーを付ける事で驚くほど音が静かになります。東京マルイのSOCOM MK23でサプレッサー有り無しで音がぜんぜん違うというのを経験した人も多いと思いますが、そんな感じです。, どの程度音が違うのかと言うと、こんな差が出ました。写真左がサプレッサー無し、写真右がサプレッサーありの状態です。銃口から1mほど離れた距離で計測しています。, 100デシベル程度あった発射音が80デシベル位まで落ちてます。サプレッサーを付けた状態の発射音は、地面に落ちたBB弾が跳ねる音よりも静かでした。, こんなのアウトドアフィールドで使われたらどこから撃たれたかなんて分からないですよ…。恐ろしい…。, ちなみに、電動ガン方式の宿命ではあるのですが、最終弾検知がされて動作を停止してもチャンバーの給弾ルートに弾が残っているので、マガジンを抜くと数発こぼれます。また、フォロワートップの造りが微妙なのか、必ずマガジンに1発弾が残ります。なので、「あれ?最終弾検知してるのに弾残ってる…なんでだ」と最初戸惑いました。, 尚、苺屋さんのMTWをテイクダウンする際には注意が必要で、本来のMTWには無いはずのストックチューブ側に伸びるホースがあるので、普通にテイクダウンピンを抜いてテイクダウンする事が出来ません。というか、やりづらいです。なので、テイクダウンピンとピポッドピンの両方を抜いて、レシーバーを分離させるのが良いと思います。, このように普通にテイクダウンが出来なくなっている理由がこちら。本来こんな所にこんなパーツは付いていないのですが、安全弁がここに付いています。, こちらは苺屋さんの方で取り付けた安全弁で、5気圧ちょい程度の圧力で動作し、ガスを逃がす為の装置です。つまり、高い圧力を掛けようとした場合、ガスを逃して圧力を下げる仕様になっているのです。, アッパーレシーバー内部にはぎっしり電磁弁のユニットが詰め込まれています。バレル・チャンバーを外すにはこのユニットを外す必要がありそうですね。, 真上から見るとトリガー周りの構造が分かりやすいかもしれません。こんな感じの構造になっています。, 電子制御なのでバッテリーも必要なのですが、小さいバッテリーで問題ありません。今回お借りしたMTWには最初から7.4V 350mAhのLiPoバッテリーが入っていました。バッテリーコネクタは電動ハンドガン用として販売されているLiPoバッテリーでも採用されている薄型のコネクタでした。, 尚、「グリップは穴を開ける加工が必要なものの実互換」と紹介しましたが、その穴はこんな感じです。尚、グリップの固定ネジがインチサイズになっており、私はこのサイズの六角インチドライバーを持っていないので外すのは断念…。, という訳で、Wolverine Airsoft MTWのレビューは以上になります。既にMTWは苺屋さんの方に返却してしまっているので、「こういうのが知りたい!ああいうのが知りたい!」という事があれば苺屋さんまでお問い合わせ下さい。また、事前に確認の上、苺狩り農園に行くと試射をする事も可能ですので、ご購入を検討されているならこれが一番オススメです。もちろん、ご購入の相談に関しても苺屋さんの方にお願いします。, しかしどこにメリットを見出すのかなんとも微妙ですね。パラダイムシフトに向けた取り組みのような物は感じますが。, 2週目の先頭に立つために、電気で動く連射力と冬場にまさるブルバップライフルを研究しますw。, そうですね、一周回ってきた感じがします。