}=.�?d�����e;��������/��v�����q��5F��s��r�s~��. xڴV[Pg����Iv���&*.+B D@"A����Z5V�(�/�z[�mU���֊�b[KնVZ/M��S;}�S��t��C��Cg:���n.l�>����������� P�: ��-1=Рo��*Ϥ�n���}8"�$�} �,�pcf�MD~yT��� 0000010398 00000 n F�P 反応後ドライアイス・メタノールで冷却 xref 0 0000008351 00000 n 0000001760 00000 n h�d�Io�F��}�1� ���. @&�.��/a�z�m� Ä�a�\�@�P��K�� �� 0000191791 00000 n 15 4-ビニル-1-シクロへキセン 2 オゾンとの反応性 (大気中) 反応速度定数: 21×10-17 cm3/(分子・sec)(AOPWIN 8)により計算) 半減期: 0.31~1.8 時間(オゾン濃度を3×1012~5×1011 分子/cm3 7)と仮定し計算) 加水分解性 加水分解性の基を持たない9) 3-メチルペンタン 44. 0000016547 00000 n endstream endobj 547 0 obj <> endobj 548 0 obj <> endobj 549 0 obj <>/Font<>/ProcSet[/PDF/Text]/ExtGState<>>> endobj 550 0 obj <> endobj 551 0 obj <> endobj 552 0 obj [/ICCBased 564 0 R] endobj 553 0 obj <> endobj 554 0 obj <>stream 71 0 obj <>stream 0000196652 00000 n 文献「1,3-および1,4-シクロヘキサジエンのオゾン分解のマトリックス分離研究: 新規な反応経路の同定」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。 ��R($Ǯ��P(�F�(G�q� 0000191493 00000 n 0000003564 00000 n 0000007289 00000 n 0000009216 00000 n 0000006873 00000 n 0000002443 00000 n Y�9&W���R�JI=��L��V�ѯ��+��>�>�-w���Y˔��߱�=�wN}b9�K뮻���7�����Z�����׌�^8���{GN��oZ12�r���Y��d�� �M��B�]}48�hc%ǔ���ؒj�O�HגS3��e�#s�3rU��(��l��]�P1���y�"�E���r&^A� 6ɝQ�����#4CEh6�3��X6�dV�T2��us=U�mV���7. オゾン分解はアルケンを切断する酸化反応であり、カルボニル化合物へと変換する。 ジクロロメタンやメタノールなどを溶媒とし、-78℃で行う。 オゾン分解では最初の安定化合物としてオゾニドを生成する。 0000001451 00000 n 0000002583 00000 n 概要アルケンをオゾンによって開裂させ、カルボニル化合物へと変換する方法。ジクロロメタン、メタノールなどに溶解した基質に、酸素ガスの無声放電によって発生させたオゾンガスを吹き込むことによって反応を行う。 43. 0000002358 00000 n �����8��3V�ȋ�g�s�K9�7/���К���?���y��>�f4�7�g�.�._�v�3�����e�#S=��� ~?x��n����P/�-3T�EfG�/ startxref 40 0 obj <> endobj %%EOF %PDF-1.4 %���� 0000004294 00000 n 0000010793 00000 n %PDF-1.4 %���� ]��a^�����Tk���ט�R�BӲ�%�|M����y_�j�R�E�\H�f��zޢ���j�V.����D�dW�'�XCO,���m��b�I�Q n���uTۦ�F�Kxz[E�u�7�nٶc]��§��g�l��7��ڌ�l5����Y�M�d��m;���m\��o�I1�o�}s ��� -;��Jh��H�,u�����ӑN��I��m��sj|����=�4�I��C!N�F���x���������ǂ�������P��΃}��������{{Pj��i[�q�-9����|��Q���AΔ_��>P�+�g�0��vL�����1lTH�֠�b�Sf�!����仝�t��J)�۩%�.���*��Ng��8gRBT6�'^;u2Ey�,87��Z�Cě�r���ň���)���˞1� 0000197166 00000 n :x&r5�?j�dng��X����Y�����{Ѝ��S`3���]��h8X��W��~/�(�C:@ ���@b@1J���0��20 endstream endobj 41 0 obj <> endobj 42 0 obj <>/Font<>/ProcSet[/PDF/Text]/ExtGState<>>>/Type/Page>> endobj 43 0 obj <> endobj 44 0 obj <> endobj 45 0 obj <> endobj 46 0 obj <> endobj 47 0 obj [/ICCBased 61 0 R] endobj 48 0 obj <> endobj 49 0 obj <>stream 0000013854 00000 n 0000006428 00000 n 0000001370 00000 n 0000076097 00000 n 0000007533 00000 n <]>> "���h� 2p �00�~�e�X,�� ��ɰՁG�M�Y h� ���XH~��a]��ʸ�aC��2�k,"L�K�341��\~ P����� �]�����Vf`a|� �F[ Vg`�y�? -[ta��lY�&�{]��@c����W���i�">q�$g���O����q=O���,��|����T���O��f>N�;�wz.�fU~�|�շ��rn6����g��ˋ�b~n6�_�z=�^�/�~�k���q��S���֘f�m�. 0000012350 00000 n 0000003304 00000 n 546 27 0000000016 00000 n 0000006871 00000 n 0000196949 00000 n @/�d�k� �H�E���>iƃ9H�W�Ē�|?L���.���l������ߏ�/���qY��O��.���������^��߿�_>���?=n_���ڗ��^_=��osy|�����a�������qy`��? h�T��n�6��y �U�ИI�.D 546 0 obj <> endobj 0000002520 00000 n 0000010038 00000 n x�b```b``��������A���bl,7X��5�0ت�px��9�ٓq���Jϋ�80��w��S*.WBSo�.��V^qSe�:xME#�$Eb+ 2 シクロヘキセン 2 硝酸ラジカルとの反応性(大気中) 反応速度定数:5.26×10-13 cm3/(分子・sec)(測定値)11) 半減期:1.5 時間(硝酸ラジカル濃度を2.4×108 分子/cm3 12)仮定して計算) 加水分解性 安定(pH=4,7,9、50℃、5 日間) 5) 生物濃縮性 0000000836 00000 n 0000011473 00000 n <<22FF99659DFD8149BEB17B0E8BB90A00>]>> 572 0 obj <>stream シクロヘキセンは、分子式がc 6 h 10であるアルケンまたは環状オレフィンである。それは無色の液体から成り、水に不溶でありそして多くの有機溶媒と混和性である。それは可燃性であることを特徴とし、そして本質的にそれは通常コールタール中に見出される。 0000006144 00000 n 0000000936 00000 n 0000002952 00000 n 0000013113 00000 n 0000002652 00000 n 和名:1-メチルシクロプロペン 英名:1-methylcyclopropene CAS(No.3100-04-7) 和名:1-メチルシクロプロペン 英名:1-methylcyclopropene 4.分子式 C4H6 5.分子量 54 6.構造式 7.開発の経緯 1-メチルシクロプロペン(以下「1-MCP」という)は、フローラライフ社に 0000056842 00000 n 9-メチルアントラセン 50. trailer 0000007518 00000 n 0000003169 00000 n 0000164548 00000 n 0000006657 00000 n startxref 0000007441 00000 n 4-メチルスチレン 48. 4-エチル-o-キシレン 45. 0000003195 00000 n 0000165187 00000 n 0000000016 00000 n 0000007668 00000 n trailer 0000003341 00000 n xref 0000075799 00000 n 0000013092 00000 n 40 32 4-エチルトルエン 46. 0000056507 00000 n i�q�$�`�FYTI�3�Y����⚂��砄�����4�e�U�l|���^뫭K �MW2��*;r�#F0�@�5N����3;a%�q����.GS׸mF���_߰x�{��U��"���m��.��f$1��"$;�Rs�ۤ>��K����#N�'Z�'h���n !�h� !�&�H `� �Cڡ��y($=�n���RXr K2� ��$#�e��N'�L��$���_I4ɻ=��{@�g�D?�t�7a�0C3��lK�٘i� .��P~%))����V6KIƒ̡�u@�b�%��AxH�E�� ������"m �U(���"�A��|��U� ��� 5-イソプロピル-m-キシレン 49. 0000164843 00000 n 4-ビニル-1-シクロヘキセン 47. 0000005379 00000 n 0000005457 00000 n 3.3 1-メチルシクロヘキセンと硫黄の反応 2.3.1 反応操作 1-メチルシクロヘキセンと硫黄を 100/1.4お よび100/12.5の モル比でガラス封管中に入 れ, 窒素気流中で脱ガスを行ない減圧封管後暗所で24時 間反応させた. �f�NYl0 0000056211 00000 n 0000002917 00000 n 0 �Z�. 0000002784 00000 n 0000002759 00000 n