お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解の程何卒よろしくお願い申し上げます。, ご記入いただいた内容に基づきFAQを改善した場合、Twitterにてご案内することがあります。なお、内容に関しましてこちらからの返信はいたしかねますので予めご了承ください。(個人情報の書き込みはご遠慮ください。), Wi-Fiルーターのルーター機能を使用しないでブリッジ(APモード)として使用する方法, WHR-1166DHP、WHR-1166DHP2、WHR-1166DHP3、WHR-1166DHP4, WXR-1750DHP、WXR-1750DHP2、WXR-1751DHP2、WXR-1900DHP2、WXR-1900DHP3、WXR-1901DHP3, WHR-300HP、WHR-HP-G300N、WHR-HP-G300NA、WHR-HP-GN, WZR-300HP、WZR-450HP、WZR-450HP-C、WZR-600DHP、WZR-HP-AG300H、WZR-HP-AG300HA、WZR-HP-G300NH、WZR-HP-G301NH、WZR-HP-G302H、WZR-HP-G302HA、WZR-HP-G450H、WZR-HP-G450HA, WZR-600DHP3、WZR-900DHP2、WZR-S600DHP、WZR-S900DHP, WHR-G54S、WHR-HP-G54、WHR-AMPG、WHR-HP-AMPG、WHR-AMG54、WHR-AM54G54、WZR-G144N、WZR-G144NH, WZR-1166DHP、WZR-1166DHP2、WZR-1750DHP、WZR-1750DHP2、WZR-S1750DHP, INTERNET端子に接続された機器の情報を元に、 ルーター機能のON/OFFを自動で切り替えます。. apモードでパソコンとlanケーブルで直結し、192.168.2.1にアクセスし、設定画面を出し、lanの設定で、dhcpから固定ipに変更し、ipアドレスを「192.168.x.xxx(3番目のxはデフォルトゲートウェイと同じ数字で、4番目のxxxは他の機器と重複しない0~255の任意の数字)」に設定します。 バッファローの無線LANルーターをアクセスポイントモードで使うための具体的な手順を知りたい。, 今日の記事は、WSR-1166DHP3とWSR-300HPの組み合わせを例に、バッファローの無線LAN(Wi-Fi)ルーターをアクセスポイントモードで使用するための設定手順を解説します。, そして、光回線にはバッファローの無線LANルーターWSR-1166DHP3をつないで、家中にWi-Fiを飛ばす予定でした。, もっと電波が遠くまで飛ぶ、高価な無線LANルーターへの買い替えも検討しましたが、コストはあまりかけたくありません。, そこで、安価なワンルーム向けの無線LANルーターWSR-300HPを「アクセスポイントモード」で1台追加し、家のすべての部屋で快適に無線LANが使用できる環境を整えることにしました。, 今日の記事は、バッファローの無線LANルーターをアクセスポイントモードで使用するための手順をご紹介します。, 我が家のようにWi-Fiの電波が弱い部屋ができてしまった場合に、比較的お金をかけずに改善できる方法を知りたいかたは必見です。, 我が家は土間収納にマルチメディアボックスがあり、その中にバッファローの無線LANルーター「WSR-1166DHP3」を設置しています。, 左側にあるのがフレッツひかりの回線終端装置で、右側にあるのがバッファローの無線LANルーター「WSR-1166DHP3」になります。, 無線LANルーターにささっている青いLANケーブルは、子供部屋や寝室とつながっています。 (各部屋への有線LANは竣工時に敷設済み), メインの無線LANルーター「WSR-1166DHP3」の電波が届かない箇所を、「WSR-300HP」でカバーするということです。, ちなみに今日の記事は「WSR-1166DHP3」が以下の状態であることを前提に、解説していきます。, 追加購入したバッファローの無線LANルーター「WSR-300HP」を、アクセスポイントモードで使用する具体的な手順をご紹介します。, 「WSR-300HP」をアクセスポイントモードで使用するには、本体のスイッチを写真のとおり「AP」に合わせてください。, これでアクセスポイントモードに切り替わり、インターネットへ接続するためのルーター機能はオフになります。, 次に有線LANケーブルを用いて、メインルーターの「WSR-1166DHP3」に、先ほどアクセスポイントモードに設定した「WSR-300HP」をつなぎます。 有線LANケーブルを挿すのは、LAN1、LAN2、LAN3のどこでもOKです。, 我が家の場合、土間収納の「WSR-1166DHP3」に接続されたLANケーブルは、子供部屋のLANコンセントにつながっています。, そのため、写真のとおり子供部屋のLANコンセントに「WSR-300HP」を接続すればOKでした。, 次に、PCのブラウザで「WSR-300HP」の設定を行っていきます。 (PCは、土間のメインルーター「WSR-1166DHP3」にWi-Fi接続済みであることが前提です), 倍速モード:300Mbps(20/40MHz自動選択) SSID:ご自分で好きな文字列を入れてください。ここでは仮にWSR-300HPとします。 無線の暗号化:AES WPA-PSK:Wi-Fiのパスワードになる文字列です。お好きな文字列を入力してください。ここでは仮にwsr300hpとします。, 実際にiPhoneやPCなどをアクセスポイントモードにした「WSR-300HP」にWi-Fi接続してみましょう。 ここではiPhoneでの接続手順を例にご説明します。, ところが、無線LANルーターWSR-1166DHP3の設置場所から遠い子ども部屋などは、Wi-Fiの電波が届かなかったのです!, 【バッファローWi-Fiルーター】アクセスポイントモード設定手順を4ステップで解説!, バッファロー無線LANルーターWSR-300HPをAP(アクセスポイント)モードに設定する手順, ②有線LANケーブルで、メインルーターの「WSR-1166DHP3」へ「WSR-300HP」を接続する, BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WSR-1166DHP3/MBK 11ac ac1200 866+300Mbps デュアルバンド 3LDK 2階建向け 【iPhone8/iPhoneX/iPhoneXS/Amazon Echo メーカー動作確認済み】, BUFFALO 11n/g/b 無線LAN親機(Wi-Fiルーター) エアステーション Qrsetup ハイパワー Giga Dr.Wi-Fi 300Mbps WSR-300HP (利用推奨環境1人・ワンルーム), 土間にあるメインの無線LANルーター「WSR-1166DHP3」に、もう一台の無線LANルーター「WSR-300HP」を有線LANで接続, 「WSR-300HP」はインターネットへ接続するルーター機能はオフにして、Wi-Fi電波をだすだけの「アクセスポイントモード」で使用する。, 「WSR-1166DHP3」と「WSR-300HP」の2台を使って、平屋全体のWi-Fi環境を確保。, メインの「WSR-1166DHP3」のルーター機能などは設定済みで、インターネットに接続した状態である。, 有線LANケーブルで、メインルーターの「WSR-1166DHP3」へ「WSR-300HP」を接続する, パスワード欄に、「WSR-300HP」の「WPA-PSK」欄に設定した文字列を入力(この記事の例では wsr300hp)してから、接続を押します。, 無線LANルーターの設置場所によっては、Wi-Fiが届かない部屋がでてくる可能性があります。, 無線が届かない場合も考えると、各部屋への有線LAN敷設は、必ず建築プランに盛り込んでおきたいところです。, 有線LANが各部屋に敷設してあるのであれば、わざわざ電波が強いWi-Fiルーターに買い替えなくても、安価なWi-Fiルーターをアクセスポイントモードで設置するのがおすすめです。. ルーターの動作モードをapモード(アクセスポイントモード)やブリッジモードに切り替えるとインターネットに繋がらないと言うご質問を多数頂戴します。まず、インターネットに繋がらなくなったら次の事を確認して下さい。ipアドレス自動取得多くの方がポ パスワードを入力する必要があります。, コントローラで設定したグローバル資格情報はコントローラやアクセス ポイントをリブートした後も保持されます。この情報が上書きされるのは、アクセス ポイントを、グローバル ユーザ名およびパスワードが設定された新しいコントローラに join した場合のみです。グローバル資格情報を使って新しいコントローラを設定しなかった場合、このアクセス AP に設定された固定 IP は、AP に設定された優先モードよりも優先されます。例:AP が固定 IPv6 アドレスを持ち、優先モードが IPv4 に設定されている場合、AP は IPv6 に join されます。 ポイントはコントローラへの発信エコー要求およびコントローラから受信するエコー応答をタイムスタンプ記録します。アクセス ポイントはこのデルタ時間をシステムのラウンドトリップ時間としてコントローラに送信します。アクセス ポイントは、30 秒のデフォルト間隔でコントローラにハートビート 製品の基本操作、設定についてサンプル構成を用いた設定例を紹介していま す。 1.2 注意事項 本資料は弊社内において基本動作等を確認したものであり、お客様の環境における動作の保証をしているも 2 台接続されている場合は、このテキスト ボックスにアクセス ポイントの IP アドレスが表示されます。, Spectrum Expert アプリケーションを使用して、アクセス ポイントからのスペクトラム データを表示および分析します。, Cisco Universal Small Cell 8x18 デュアルモード モジュール, 2.4 GHz Wi-Fi と 3G/4G モジュールを有効にしたときの共存検出と警告, モジュールのインベントリ詳細は、Cisco WLC GUI から、[Wireless] > [Access Points] > Access Point name > [Inventory] で入手できます。, Cisco Universal Small Cell 8x18 デュアルモード モジュールは、以下のシスコ アクセスポイント モデルではサポートしていません。, Cisco Universal Small Cell 8x18 デュアルモード モジュールの詳細については、http://www.cisco.com/c/en/us/support/wireless/universal-small-cell-8000-series/tsd-products-support-series-home.html を参照してください。, [Advanced] タブで、[External Module Status] チェックボックスをオフにします。, 2.4 GHz の Wi-Fi と 3G/4G モジュールを有効にすると、共存の警告が表示される場合があります。, 次のコマンドを入力して、Cisco USC 8x18 デュアルモード モジュールを有効または無効にします。, [FlexConnect] タブで [VLAN Support] チェックボックスをオンにし、[Native VLAN ID] ボックスにリモート ネットワーク上のネイティブ VLAN の番号(100 など)を入力します。, 0 以外の VLAN ID を使用して FlexConnect ローカル スイッチングを有効にするには、以下の手順を実行します。, [External Module] の下の [FlexConnect Local Switching] を有効にします。, 0 に等しい VLAN ID を使用して FlexConnect ローカル スイッチングを有効にするには、以下の手順を実行します。, AP 設定ごとに FlexConnect ローカル スイッチングを削除するには、[Remove AP Specific Config] をクリックします。, config ap flexconnect module-vlan enable ap-name :外部モジュールに対し、ネイティブ VLAN を使用して FlexConnect ローカル スイッチングを有効にします。, config ap flexconnect module-vlan remove ap-name :AP 固有の外部モジュール VLAN 設定を削除します。, config ap flexconnect module-vlan enable ap-name vlan vlan-id :外部モジュールに対し非ネイティブ VLAN を使用して FlexConnect ローカル スイッチングを有効にします。, show ap module summary {ap-name | all } :外部モジュールに関する詳細情報を表示します。, show ap inventory {ap-name | all } :AP のインベントリと外部モジュールに関する情報を表示します(モジュールが存在する場合)。, show ap flexconnect module-vlan ap-name :FlexConnect ローカル スイッチングのステータスと VLAN ID 値を表示します。, show ap config general ap-name :外部モジュールに関する情報を表示します(モジュールが存在する場合)。, [Wireless] > [FlexConnect Groups] を選択します。, [New] をクリックし、FlexConnect グループ名を入力して [Apply] をクリックします。, [FlexConnect Groups] > [Edit] ページの [FlexConnect APs] 領域で、[Add AP] をクリックします。, Cisco WLC に関連付けられた AP のリストから AP を選択することも、Cisco WLC に関連付けられた AP のイーサネット MAC アドレスを直接指定することもできます。, VLAN ID を使用して FlexConnect ローカル スイッチングを有効にするには、以下の手順を実行します。, [External Module Configuration] の下の [FlexConnect Local Switching] を有効にします。, config flexconnect group group-name module-vlan enable vlan vlan-id :FlexConnect グループに対して FlexConnect ローカル スイッチングを有効にします。, config flexconnect group group-name module-vlan disable :FlexConnect グループに対して FlexConnect ローカル スイッチングを無効にします。, show flexconnect group detail group-name module-vlan :グループ内の FlexConnect ローカル スイッチングのステータスと VLAN ID を表示します。, リモート LAN を作成するための手順については、「WLAN」の「リモート LAN の設定」を参照してください。, [WLANs > Edit] ページで [Security] タブをクリックします。, [Layer 2] サブタブで、[MAC Filtering] チェックボックスをオフにします。, 3G/4G クライアントの現在の状態を表示するには、[Monitor] > [Clients] を選択して [Clients] ページを開きます。, config interface 3g-vlan interface-name {enable | disable } :3G/4G-VLAN インターフェイスを有効または無効にします。, show interface detailed interface-name :3G/4G-VLAN フラグのステータスを表示します。, show client summary ip :3G/4G クライアントのステータスを表示します。, 多数のアクセス ポイントの無線 LAN ネットワークでは、コントローラに関連付けられた特定のアクセス ポイントを検出することは困難です。アクセス ポイントの LED が点灯し、アクセス ポイントを見つけられるように、コントローラでアクセス ポイントの バックホール パフォーマンスはダウングレードしません。, メッシュ リーフ ノード機能は、IR829 AP803 および IW3700 シリーズ アクセス ポイントでのみサポートされています。. ‚é, http://qa.elecom.co.jp/faq_detail.html?id=7578, http://www.elecom.co.jp/support/manual/network/wireless-lan/router/wrc-1167ghbk2-s/WRC-1167GHBK2-S_UM_v01.pdf?_ga=2.261168458.655228829.1523957942-861914407.1523583198, ‰Æ’ë“à‚Å•¡”‚̃lƒbƒgƒ[ƒNƒAƒhƒŒƒX‚ðŽg‚¢‚½‚¢, 11‚Ž‚ł̒ʐM‚ɕύX‚µ‚½‚¢/‚TGHz‚Å11ac‚Æ11‚Ž‚𕹗p‚µ‚½‚¢, ƒTƒ‰ƒ_‚ª‚²‚¿‚»‚¤‚ɁI uŒƒƒEƒ}v‚Ƙb‘è‚̃hƒŒƒbƒVƒ“ƒO‚ðH‚̃vƒ‚ª”äŠr, PS5‚Ì”š‘¬ƒ[ƒh•”ü—íƒOƒ‰ƒtƒBƒbƒN‚ðŒ©‚æI PS4 Pro‚Æ”äŠrƒeƒXƒg, y“®‰æz‚ǂꂾ‚¯¬‚³‚¢H‚ǂꂾ‚¯‘å‚«‚¢H uiPhone 12 minivuiPhone 12 Pro Maxv, “d”gŠ±Â‚É‹­‚¢5GHz‘сi11ac/n/aj‚Í867MbpsAˆê”Ê“I‚È2.4GHz‘сi11n/g/bj‚Í300Mbps‚̍‚‘¬’ʐM‚ª‰Â”\i”’l‚Í‹KŠi’ljB, ‘Ήž’[––‚ɏW’†“I‚É“d”g‚ð‘—‚éuƒr[ƒ€ƒtƒH[ƒ~ƒ“ƒOZv‹Zp‚ɑΉžB, ƒAƒvƒŠ‚âCD-ROM‚ðŽg‚킸AƒXƒ}ƒz‚âƒpƒ\ƒRƒ“’P‘Ì‚ÅWEBƒuƒ‰ƒEƒU[ã‚©‚çŠÈ’P‚ɐݒ肪‚Å‚«‚éu‚©‚ñ‚½‚ñƒZƒbƒgƒAƒbƒv2v‚ɑΉžB. Request で応答します。この要求には 16 バイトのランダム NSI キーが含まれます。このキーは NSI 認証で使用するために Cisco WLC で作成されたものです。Cisco WLC はアクセス ポイントごとにキーを 1 つ作成し、アクセス config ap static-ip delete nameserver, config ap static-ip delete domain, config ap flexconnect module-vlan enable, config ap flexconnect module-vlan remove, Cisco Universal Small Cell 8x18 デュアルモード モジュールについて, Cisco Universal Small Cell 8x18 デュアルモード モジュールの設定, Cisco Universal Small Cell 8x18 デュアルモード モジュールの設定(GUI), Cisco Universal Small Cell 8x18 デュアルモード モジュールの設定(CLI), FlexConnect ローカル スイッチングにおける USC8x18 デュアルモード モジュール用の VLAN タギングの設定(GUI), FlexConnect ローカル スイッチングにおける USC8x18 デュアルモード モジュール用の VLAN タギングの設定(CLI), FlexConnect グループ ローカル スイッチングにおける USC8x18 デュアルモード モジュール用の VLAN タギングの設定(GUI), FlexConnect グループ ローカル スイッチングにおける USC8x18 デュアルモード モジュール用の VLAN タギングの設定(CLI), ローカル モード中央スイッチングでの USC8x18 デュアルモード モジュールの設定(GUI), ローカル モード中央スイッチングでの USC8x18 デュアルモード モジュールの設定(CLI), http://www.cisco.com/c/en/us/support/wireless/universal-small-cell-8000-series/tsd-products-support-series-home.html, [LED flash duration for the AP] オプションをクリックし、1 ~ 3600 秒の範囲で期間を入力します。. 1 つ以上あることが必要です。, 次のコマンドを入力して、アクセス ポイントに SE-Connect モードを設定します。, 次のコマンドを入力して、アクセス ポイントの SE-Connect の設定状況を確認します。, show ap config {802.11a | 802.11b} Cisco_AP, Windows PC で、次の URL から Cisco Software Center にアクセスします。, http://www.cisco.com/cisco/software/navigator.html, [Product] > [Wireless] > [Cisco Spectrum Intelligence] > [Cisco Spectrum Expert] > [Cisco Spectrum Expert Wi-Fi] の順にクリックし、Spectrum Expert 4.0 の実行可能ファイル(*.exe)をダウンロードします。, [Connect to Sensor] ダイアログボックスが表示されたら、アクセス ポイントの IP アドレスを入力し、アクセス ポイントの無線を選択し、認証のために 16 バイトのネットワーク スペクトラム インターフェイス(NSI)キーを入力します。Spectrum 数の限られた導入でのみ使用されます。, 静的 IP アドレスがアクセス ポイントに設定されている場合は、DNS サーバとアクセス ポイントが属するドメインを指定しない限り、アクセス ポイントはドメイン ネーム システム(DNS)解決を使用してコントローラを検出できません。, アクセス ポイントを設定して、アクセス ポイントの以前の DHCP アドレスが存在したサブネット上にない固定 IP アドレスを使用すると、そのアクセス ポイントはリブート後に DHCP アドレスにフォール バックします。アクセス ポイントが DHCP 4.ipアドレス欄で、ipアドレスを変更します。 5. Wi-FiルーターをAPモード・ブリッジモードにする方法, ご利用の環境に、ルーター機能が搭載されたモデム・CTU(加入者終端装置)など、ルーター機器がある場合(ルーター機能については下記の参考FAQをご確認ください), パソコンのIPアドレスがルーターより取得できている状態で、インター ネットに接続できない場合、モデムの取扱説明書を参照しモデム側の設定が完了しているか確認ください。, Wi-Fiルーターの機種によって手順が異なります。 4)本製品(apモード)とパソコンを1対1にします。 5)本製品(apモード)を再起動します。 6)パソコンから、192.168.2.1で管理画面にアクセスします。 7)本製品(apモード)のlan ipアドレスを環境に合わせて固定します。 ポイントはこのキーをリブートするまで保存します。, Spectrum Expert アプリケーションの右下隅にある [Slave Remote Sensor] テキスト ボックスを選択して、Spectrum Expert コンソールがアクセス ポイントに接続されていることを確認します。デバイスが © 2020 Cisco and/or its affiliates. パケットを送信します。, リンク遅延はアクセス ポイントとコントローラ間の CAPWAP 応答時間を計算します。ネットワーク遅延や ping 応答は計測しません。, コントローラにより、現在のラウンドトリップ時間および継続的な最短および最長ラウンドトリップ時間が表示されます。最短および最長時間はコントローラが動作している限り維持され、クリアして再開することもできます。, コントローラ GUI または CLI を使用して特定のアクセス ポイントのリンク遅延を設定することも、CLI を使用してコントローラに接続されたすべてのアクセス ポイントのリンク遅延を設定することもできます。, リンク遅延は、接続モードの FlexConnect アクセス ポイントでのみサポートされます。スタンドアロン モードの FlexConnect アクセス ポイントはサポートされません。, [Enable Link Latency] チェックボックスを選択して、このアクセス ポイントのリンク遅延を有効にするか、または選択解除して、エコー応答受信ごとにアクセス ポイントがコントローラにラウンドトリップ時間を送信しないようにします。デフォルト値はオフです。, [All APs] が再表示されたら、アクセス ポイントの名前をもう一度クリックします。, [All APs > Details for] ページが再表示されたら、もう一度 [Advanced] タブを選択します。リンク遅延およびデータ遅延の結果は、[Enable Link Latency] の下に表示されます。, [Current]:アクセス ポイントからコントローラ、およびコントローラからアクセス ポイントの間の CAPWAP ハートビート パケットまたはデータ パケットの現在のラウンドトリップ時間(ミリ秒), [Minimum]:リンク遅延が有効になってから、またはリセットされてからの、アクセス ポイントからコントローラ、およびコントローラからアクセス ポイントの間の CAPWAP ハートビート パケットまたはデータ パケットの最短ラウンドトリップ時間(ミリ秒), [Maximum]:リンク遅延が有効になってから、またはリセットされてからの、アクセス ポイントからコントローラ、およびコントローラからアクセス ポイントの間の CAPWAP ハートビート パケットまたはデータ パケットの最長ラウンドトリップ時間(ミリ秒), このアクセス ポイントのコントローラ上の現在、最短、および最長リンク遅延およびデータ遅延統計情報をクリアするには、[Reset Link Latency] をクリックします。, ページが更新されて [All APs > Details for] ページが再表示されたら、[Advanced] タブを選択します。[Minimum] テキスト ボックスおよび [Maximum] テキスト ボックスに更新された統計情報が表示されます。, 次のコマンドを入力して、現在コントローラにアソシエートされている特定のアクセス ポイントまたはすべてのアクセス ポイントに対してリンク遅延を有効または無効にします。, config ap link-latency {enable | disable } {Cisco_AP | all }, config ap link-latency {enable | disable } all コマンドは、現在コントローラに join されているアクセス ポイントに対してのみリンク遅延を有効または無効にします。将来 join されるアクセス ポイントには適用されません。, [Current Delay]:アクセス ポイントからコントローラ、およびコントローラからアクセス ポイントの間の CAPWAP ハートビート パケットの現在のラウンドトリップ時間(ミリ秒)。, [Maximum Delay]:リンク遅延が有効になってから、またはリセットされてからの、アクセス ポイントからコントローラ、およびコントローラからアクセス ポイントの間の CAPWAP ハートビート パケットの最長ラウンドトリップ時間(ミリ秒)。, [Minimum Delay]:リンク遅延が有効になってから、またはリセットされてからの、アクセス ポイントからコントローラ、およびコントローラからアクセス ポイントの間の CAPWAP ハートビート パケットの最短ラウンドトリップ時間(ミリ秒), 次のコマンドを入力して、特定のアクセス ポイントのコントローラ上の現在、最短、および最長リンク遅延統計情報をクリアします。, メッシュ ネットワーク内のアクセス ポイントは、次の 2 つの方法のいずれかで動作します。, RAP はコントローラ(WLC)に有線接続しますが、MAP はコントローラにワイヤレス接続します。MAP は MAP 間および RAP への通信に 802.11a/n/g 無線バックホールを使用して無線接続を行います。MAP では Cisco