ベースは「15Sプロアクティブ」の6AT仕様。価格はFF車が179万8000円で、4WD車が200万7000円。, 【CX-5 20S/25S/XDスマートエディション】 Copyright webCG Inc. All rights reserved. マツダ2, CX-8, 私は2018年春の改良モデルのCX5を購入しました。その際、グレード選びに迷ったのですが、20sプロアクティブを購入することに決めました。今回、私が20sプロアクティブの購入に至った考え方を紹介した … マツダ CX-5 XD プロアクティブ(走行距離1.2万Km 現行型 マツダコネクトナビ フルセグTV 衝突軽減装置 360℃モニター LEDヘッド レーダークルーズ 前席シートヒーター クリアランスソナー パワーバックドア ドライブレコーダー ETC)[991:3126325]の中古車詳細情報。 マツダ, 自動車ニュース, ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。, マツダの「マツダ2」「CX-5」「CX-8」に安全・快適装備が充実の特別仕様車「スマートエディション」登場, この記事を読んだ人が他に読んだ記事試乗記ニュース画像・写真モーターショー自動車ヒストリー特集エッセイクルマ生活Q&AFrom Our StaffデイリーコラムCarScope谷口信輝の新車試乗水野和敏的視点池沢早人師の恋するニューモデル思考するドライバー山野哲也の“目”webCGプレミアム記事一覧日刊!名車列伝動画ギャラリープレゼント, トヨタレクサススバルマツダスズキダイハツホンダ日産三菱ポルシェメルセデス・ベンツアウディBMWMINIフォルクスワーゲンボルボルノープジョージャガーアルファ・ロメオフェラーリ, 「ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの長所を併せ持つ」というマツダの新世代エンジン「スカイアクティブX」がバージョンアップ。それで走りはどう変わったのか? 「eスカイアクティブX」と名づけられた新ユニットを搭載する「マツダ3」で確かめた。, 世代交代で見た目もメカニズムも大きく変わる、トヨタの燃料電池車「MIRAI(ミライ)」。同社が“クルマ本来の魅力”にこだわり、従来の環境車のイメージを変えると意気込む、新型の仕上がりは……?, 「アバルト595」の特別仕様車「esseesse(エッセエッセ)」は、往年の同名モデルをオマージュしたホットハッチ。アクラポヴィッチのマフラーやコニのダンパー、サベルトシートなどでチューンされた刺激的な走りを堪能した。, 新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」を搭載した「マツダ3ファストバック」に試乗。他に例を見ない挑戦的なスタイリングと、独自の内燃機関技術によって高い評価を得ている今日のマツダに“欠けているもの”とは?, 「マツダ3」に、世界で初めて圧縮着火を実現したガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」搭載モデルが登場。マツダ自慢の新エンジンは、どのような走りを見せるのか? デビューから半年を経たシャシーの進化とともに報告する。, 俳優・高橋克典もその仕上がりに驚嘆! ソフト99最新カーコーティングの実力を体感した。, マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】. 【マツダ cx-8 新型試乗】300万円前半で買える「スマートエディション」の価値を考える…中村孝仁 2020年9月6日(日)12時00分. cx-5でベースグレードとプロアクティブの中間に位置する、スマートエディションというのが近々出ると聞いたのですが、装備内容や、装着できるメーカーオプションの情報はもうでているのでしょうか? ベースは「20S」「25S」「XD」の3モデル。価格は20Sスマートエディション(FF/6AT)が265万1000円、25Sスマートエディション(4WD/6AT)が288万2000円、XDスマートエディション(FF/6AT)が297万円、同(FF/6MT)が297万円、同(4WD/6AT)が320万1000円、同(4WD/6MT)が320万1000円。, 【CX-8 25S/XDスマートエディション】 雪国でなくとも要注意! 冬に装着するタイヤをどう選ぶべきか、藤島知子がリポートする。, スーパーUVカットガラス(フロントドア)&IRカットガラス(フロントガラス/フロントドア), スマートブレーキサポート(SBS)&マツダレーダークルーズコントロール(MRCC). 一つ上のグレードにプロアクティブというグレードがあるのですが、最低限のグレードから20万もプラスになってしまいますが、スマートエディションは4万円ほどのプラスですむんです。2020年6月からの新しいグレードですが、人気がでると思います。 マツダは2020年5月28日に、cx-5、cx-8、mazda 2の3車種に追加設定されたsmart edition(スマート エディション)」は、マツダの安全思想であるマツダ プロアクティブ セーフティにもとづいた安心安全技術や、日常で便利な快適装備を充実させた特別仕様車です。 メーカーが用意する特別仕様車は、その商品の販売を強化する目的で投入されるものがほとんどで、多くはお買い得なパッケージになっています。マツダの人気ミドルクラスSUV CX-5も多分に漏れず、エントリーグレード・中間グレード・上級グレードそれぞれに特別仕様車があります。新たに加わった「スマート エディション」を含め、CX-5の特別仕様車の装備内容と特色を解説します。, マツダは2020年5月28日に、CX-5、CX-8、MAZDA 2の3車種に追加設定されたSMART EDITION(スマート エディション)」は、マツダの安全思想であるマツダ プロアクティブ セーフティにもとづいた安心安全技術や、日常で便利な快適装備を充実させた特別仕様車です。, CX-5は、ベーシックグレードである20Sおよび25S、XDをベースにしており、フロントガラスに速度や走行状況の情報を投影するアクティブ・ドライビング・ディスプレイ、交通標識認識システム、対向車を幻惑することなく、夜間に最大限見やすい状況をつくり出すアダプティブ・LED・ヘッドライト、レーン・キープ・アシスト、360°ビュー・モニターといった先進の安全技術が追加されています。, 20S スマート エディションの価格は、20Sの261万8,000円に対し、265万1,000円と、その差はわずか3万3,000円。これまで安全装備を充実させるためには、上位グレードのプロアクティブグレード(285万4,500円)を選ぶことを余儀なくされてきたことを考えると、この設定は安全性にこだわるユーザーにとって嬉しいものと言えるでしょう。, その他の価格は、25S スマート エディション288万2000円(4WD)、XD スマート エディション(AT/MT)297万円(2WD)/320万1000円(4WD), シルク ベージュ セレクションは、プロアクティブをベースに、上品なシルクベージュカラーのハーフレザレットシートをはじめ、LED室内照明、LEDフロントフォグランプ、IRカットガラスなど、室内の居心地を高めた特別仕様車です。, しっとりとしたグランリュクスの肌触りと高級感のある色合いのシートは、この特別仕様車だけの装備ですので、インテリアにこだわりのある方にオススメです。レザーシートが装備されない、2.0Lガソリンモデルに設定されているのもポイントです。, 価格は、20S シルクベーシュセレクション296万4500円(2WD)、25S シルクベーシュセレクション319万5500円(4WD)、XD シルクベーシュセレクション328万3500円(2WD)/351万4500円(4WD)となっています。, エクスクルーシブ・モードは、25TとXDの上級グレード、L パッケージをベースに、こだわりのマテリアルを採用して、より上質な室内空間を演出した特別仕様車です。, インテリアは上部に黒、下部にディープレッドという専用のカラーコーディネーションを設定。シート素材に滑らかな感触のナッパレザーを採用するとともに、ダッシュボードまわりの加飾パネルには本物の木を素材とする本杢を使用し、温かみのある洗練された世界観を表現しています。, また、19インチのアルミホイールには専用の高輝度ダーク塗装が採用され、エクステリアに精悍さを加えています。Lパッケージで飽き足らない、よくばりなオーナーにオススメのモデルです。, 価格は、25T エクスクルーシブ モード374万円、XD エクスクルーシブモード(AT/MT)374万5500円(2WD)/397万6500円(4WD)となっています。, 100周年特別記念車は、マツダが創立100周年を記念して各モデルに設定した、期間限定の特別仕様車です。, CX-は、25T、XDそれぞれのエクスクルーシブ モードがベース。エクステリアカラーは専用のスノーフレイクホワイトパールマイカで、それに合わせるインテリアは、マツダ初の4輪自動車であるR360クーペをオマージュした赤を貴重としたものになっています。, またホイールキャップやオーナメント、フロントヘッドレスト、アドバンストキーには創立100周年記念スペシャルロゴをあしらい、特別感を演出しています。, 大きな節目を迎えた偉大な自動車メーカー、マツダのファンにとっては、ぜひ手に入れたい一台となるでしょう。価格は、25T 100周年特別記念車が385万円(2WD)/408万1000円(4WD)、XD 100周年特別記念車(AT/MT)は385万5500円(2WD)/408万6500円(4WD)です。, 【SUVだからこその絶景】400kmも疲れ知らず、楽しさ満点 初代CX-5 釣行記, 初期モデルに設定された特別仕様車は、CX-5が国内SUV販売台数で1位に輝いたことを記念して発売された2013アニバーサリーです。, 25S LパッケージとディーゼルモデルのXD Lパッケージをベースとし、オフホワイトレザーのシートとドアトリムや、レッドカラーの専用手塗りデコレーションパネル、シリアルナンバープレート、高輝度塗装の19インチアルミホイールなど、限定生産だからこそ実現できたこだわりによって、CX-5の魅力をさらに高めていました。, 価格は、25S 2013アニバーサリー283万5,000円(2WD)/304万5000円(4WD)、XD 2013アニバーサリー321万3000円/342万3000円でした。, 導入部分でも書いたように、メーカーの用意する特別仕様車は、通常のベースモデルよりもお買い得感を高めていることがポイントです。ボディカラーやインテリアの色や質感など、好みにマッチするのであれば、絶対に買いのモデルなのです。. マツダ)は「mazda2」「mazda cx-5」「mazda cx-8」に、特別仕様車「smart edition」を追加し2020年5月28日に販売を開始した。今回追加した「cx-5 smart edition」は、マツダ車共通の提 … マツダは2020年5月28日、5ドアハッチバック「マツダ2」とクロスオーバーSUV「CX-5」、3列シートクロスオーバーSUV「CX-8」に快適装備や安全装備を充実させた特別仕様車「スマートエディション」を設定し、発売すると発表した。CX-8については同日に予約受け付けを開始し、夏以降の発売となる。, 今回のスマートエディションでは、駐車時や狭い場所での運転を支援する「360°ビューモニター」、夜道の視認性向上を図る「アダプティブLEDヘッドライト」(「マツダ2 15Sスマートエディション」はLEDヘッドランプ+ハイビームコントロールシステム)に加え、安全装備や快適装備をそれぞれ充実させている。, 【マツダ2 15Sスマートエディション】 ベースは「25S」「XDプロアクティブ」の2モデル。価格は25Sスマートエディション(FF/6AT)が309万8700円、同(4WD/6AT)が333万5200円、XDスマートエディション(FF/6AT)が352万円、同(4WD/6AT)が375万6500円。, 関連キーワード: CX-5, ベースは「15S」の6AT仕様。価格はFF車が159万8000円で、4WD車が180万7000円。, 【マツダ2 15Sプロアクティブ スマートエディション】 【マツダ2 15sプロアクティブ スマートエディション】 ベースは「15Sプロアクティブ」の6AT仕様。 価格はFF車が179万8000円で、4WD車が200万7000円。